清里ガーデン巡り 〜ポリアンナの庭〜

日曜日、お友達と山梨県の清里へガーデン巡りの日帰り旅行に行ってきました。
天気予報は曇時々雨。家を出るときにも普通に雨。これは、雨女パワーが蘇ってきてしまったようだわ…。と諦めて、長い傘を持って出掛けました。
まず、八王子からスーパーあずさ1号に乗り、一人目のお友達と合流。朝ごはんのサンドウィッチを食べながらおしゃべりしているうちに、小淵沢に到着。駅で、前日から小淵沢に来ていた二人目のお友達と合流。

d0296626_21051431.jpg

そして、ほんの少し待つ間に三人目のお友達が東京から車でやって来て合流。みんなバラバラにやって来てもちょうどいい感じで合流出来てとてもいい感じです。雨も止んでいて、涼しいし、庭巡りには最適な天気でした。
さて、今回の庭巡りでは、素敵な偶然が重なり、小淵沢にある、ペンション「ポリアンナ」のお庭を午前中に見せていただけることになりました。4人で車に乗ってポリアンナまで行くと、雨上がりの爽やかなお庭が待っていました!

d0296626_21083232.jpg
ポリアンナは創業30年を越す、老舗ペンションです。お友達がオーナーのご親戚にあたるので、特別に朝からお庭を見せていただけましたが、通常は宿泊者以外は11時から15時のレストラン営業時間に庭をみせていただけます。

d0296626_21085220.jpg

急なお願いにも関わらず、美味しいお茶と自家製ケーキまで!ありがとうございました!


d0296626_21091017.jpg
お庭は広い敷地の中、手作りでとても手間をかけて作られています。散歩をしながら、ここからはこんな花が見えたらイイね、とか、ここにはこれが育ちそうだな、とか、考えながら、苗を育て、株分けし、時をかけて育てて来たんだろう…と、思いました。たくさんの種類の植物が使われていて、植物好きじゃ無い人が見たら、ただ緑にしか見えないでしょうが、植物好きな人ならば、その風景はただ自然に出来たものでは無いことはすぐに分かると思います。

d0296626_21141391.jpg

森の中で庭を作ることは、大きくなる樹木と植物との戦いです。自然を壊さずに、その環境に合う植物を選び、植えても、ほんの少し、木漏れ日が減るだけで、元気な植物がAからBと変わってしまいます。多様な植物をいつ見ても美しいように組み合わせ、手入れするのは、とっても大変なんだと思います。でも、好きだから、ついつい庭も広げてしまうし、手入れはエンドレスになってしまうんですよね…。と、オーナーさんと話したわけではないので、これは私の想像です。
d0296626_21145124.jpg
d0296626_21153185.jpg

d0296626_21155968.jpg

また、ゆっくりと訪ねてみたい庭でした。
d0296626_21165258.jpg


d0296626_21175850.jpg
d0296626_21190070.jpg
ペンションの中も見せていただけました。
d0296626_21274324.jpg

d0296626_21310881.jpg
d0296626_21320809.jpg


d0296626_21282912.jpg

d0296626_21192928.jpg




ポリアンナさんのホームページ






[PR]
# by usakichi71 | 2017-06-26 21:37 | ガーデニングの勉強 | Trackback | Comments(0)

花壇の作り替え

家の入口階段横の花壇を作り替えました。
d0296626_06221360.jpg

大きなコニファーを抜いてもらい、その後を片さなければならなかったので、花屋で苗を幾つか仕入れ、とりあえず、植えてみました。

コノテガシワも自分で抜き、アイビーも抜きました。

d0296626_06261742.jpg

サッパリしました。でも、ちよっと寂しい。

d0296626_06274747.jpg

私が庭にいると、いつも寅吉も見てます。
何してるの?って思っているかな?



[PR]
# by usakichi71 | 2017-06-25 06:20 | お庭のこと | Trackback | Comments(0)

夏の日陰には

夏の日陰には、インパチェンスとベゴニア・センパフローレンス。
日陰でもたくさん花を付け、明るく華やかな風情で、とても有り難い存在です。陽当りが良過ぎると、水が切れて直ぐにヨボヨボになってしまうので、日陰に植えたほうが長持ちします。
d0296626_07362091.jpg

長持ちし過ぎて、一昨年、知らぬ間に越冬していたベゴニアがあり、とっても大きくなって2回目の冬になってもまだ元気たったので、ポットに植え替えて、部屋で冬越しさせてみたのですが、カビのようなものが生える病気になってしまいました。
外の霜の当たらない場所で、ひっそり越冬させた方が良かったみたいです。でも、その子は今も実は生きているので、また復活しないかな?

100円位の一年草でも、何年も楽しめるなんて、お得です。

[PR]
# by usakichi71 | 2017-06-23 07:30 | お庭のこと | Trackback | Comments(0)

キンギョソウ

キンギョソウは春に咲いたあと、切り戻すとまた咲きます。このキンギョソウも冬にビオラと一緒に植えて、花が咲いたあと、5月にビオラは抜いてキンギョソウは残し、切り戻しをしたものです。ビオラをジニアに入れ替えて、1ヶ月くらいでしょうか?
また、とてもきれいです。
d0296626_08122336.jpg
一年草ですが切り戻して咲かせれば、半年以上持つのですね。夏は越せないでしょうが、頑張ってます。



[PR]
# by usakichi71 | 2017-06-22 07:54 | お庭のこと | Trackback | Comments(0)

長女の考えと私の考え

d0296626_20521181.jpg

長女は今、高校3年生です。彼女は一生懸命勉強しているし、多分自分の考え方にも自信があるので、私と意見がぶつかる事があります。
どんな事で意見がぶつかるかと言うと、長女はお金持ちの人がお金持ちなのは当たり前だ(当然の権利を享受している。)貧乏な人が貧乏なのも、それなりの理由があるのだから当たり前だ(文句を言わずに努力すればいい)と、言い。私は、お金持ちの人が、享受している利益には、貧乏な人たちから社会的に合法的に搾取している利益が多過ぎる。だから、生きていくのにあり余り過ぎているものはもっと社会に還元すべきだし、貧乏な人は、理由は何でも、社会的に救済されるのは当然、と言います。

努力して金持ちになった人から取るのは酷い!と言う長女と、度が過ぎているのは間違っている、思う私。

長女は生まれてから、貧乏で辛いと感じたことは多分ないので、(もちろん、お金持ちで良かったとも、感じてないとは思いますが…)生まれながらにして、貧しさから人生の可能性を狭められていると感じるような気持ちにはなったことが無いのだと思います。

長女には努力は報われるはずと、言う自信があり、努力しても出来ない事のある人が信じられない所もあるので、他の兄弟は勉強ができないのは、自分より努力して無いからと感じているようです。

私には、長女は勉強が得意な人、二女は手芸が得意な人、と言うだけなのです。打ち込むことが勉強か手芸か?なだけで、それで人間の価値が変わるはず無いのに、長女には勉強が出来ない人イコール怠け者、価値のない人と言う図式が出来てきているような気がして心配でなりません。

大学に行き、勉強して、ますます自信を持つのは良いことなのですが、他者へのまなざしが厳しくなる事は困る事だな、と思ってしまう私なのです。

でも、私は長女が羨ましい。父も母もキチンと働いていて、家もあり、束縛もされず、自由に将来の夢を描ける長女。
私のように高校生でこれから退職まで働いて自分で食べていくにはどうすればいいのか?なんて、考えなくて済むのです。

時々出てくる、長女の冷たい言葉。(長女はそんなことないと否定すると思いますが・・・)
いつか考え方が変わるのかな?私の考え方と同じだね、って言える日が来るかな…。
いや、そんな日は来ないって思っていた方が良いよね。私と子どもたちは違う人間なんだから…










[PR]
# by usakichi71 | 2017-06-21 20:22 | つぶやき | Trackback | Comments(0)