カテゴリ:つぶやき( 228 )

長女の考えと私の考え

d0296626_20521181.jpg

長女は今、高校3年生です。彼女は一生懸命勉強しているし、多分自分の考え方にも自信があるので、私と意見がぶつかる事があります。
どんな事で意見がぶつかるかと言うと、長女はお金持ちの人がお金持ちなのは当たり前だ(当然の権利を享受している。)貧乏な人が貧乏なのも、それなりの理由があるのだから当たり前だ(文句を言わずに努力すればいい)と、言い。私は、お金持ちの人が、享受している利益には、貧乏な人たちから社会的に合法的に搾取している利益が多過ぎる。だから、生きていくのにあり余り過ぎているものはもっと社会に還元すべきだし、貧乏な人は、理由は何でも、社会的に救済されるのは当然、と言います。

努力して金持ちになった人から取るのは酷い!と言う長女と、度が過ぎているのは間違っている、思う私。

長女は生まれてから、貧乏で辛いと感じたことは多分ないので、(もちろん、お金持ちで良かったとも、感じてないとは思いますが…)生まれながらにして、貧しさから人生の可能性を狭められていると感じるような気持ちにはなったことが無いのだと思います。

長女には努力は報われるはずと、言う自信があり、努力しても出来ない事のある人が信じられない所もあるので、他の兄弟は勉強ができないのは、自分より努力して無いからと感じているようです。

私には、長女は勉強が得意な人、二女は手芸が得意な人、と言うだけなのです。打ち込むことが勉強か手芸か?なだけで、それで人間の価値が変わるはず無いのに、長女には勉強が出来ない人イコール怠け者、価値のない人と言う図式が出来てきているような気がして心配でなりません。

大学に行き、勉強して、ますます自信を持つのは良いことなのですが、他者へのまなざしが厳しくなる事は困る事だな、と思ってしまう私なのです。

でも、私は長女が羨ましい。父も母もキチンと働いていて、家もあり、束縛もされず、自由に将来の夢を描ける長女。
私のように高校生でこれから退職まで働いて自分で食べていくにはどうすればいいのか?なんて、考えなくて済むのです。

時々出てくる、長女の冷たい言葉。(長女はそんなことないと否定すると思いますが・・・)
いつか考え方が変わるのかな?私の考え方と同じだね、って言える日が来るかな…。
いや、そんな日は来ないって思っていた方が良いよね。私と子どもたちは違う人間なんだから…










[PR]
by usakichi71 | 2017-06-21 20:22 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

憂鬱気分

仕事が楽しい人はそんなに居ないと思いますが。
私は最近、仕事が苦しい。昔は仕事はこなす物。与えられた役目をサッサと終わらせれば済むものでした。今は何だか違います。役職が変わったせいもあるけど、仕事は調整する事ばかりで、終わった感じが無く、どんなに嫌な思いをしても評価はされず、課題をこなしても、次々と要求が高くなり…。本当に向いていないな〜。と悲しくなります。

何だか憂鬱なのはまた、ホルモンのせいなのかな?残業続きで家も荒れ、手が付けられない気分で眺めていると、虚しくなってくるのです。
それでも、朝は起きたら、洗濯、お弁当、美鈴の散歩等など、やるべき事はなんとかこなし、いつものように仕事にでかけます。
今日は何時に帰れるだろう…と思いながら…。

家の入口あたりに植えたシャラ、ナツツバキとも言うそうです。植えたとき、造園会社の人が「椿に似た白い、どうってことの無い花が咲きますよ。」と、言った言葉が忘れられません。白い花は直ぐに落ちてしまうので、毎日お掃除しないといけません。憂鬱なので、自分もシャラみたい…と思ったり。どうってことの無い私。咲いたって直ぐに落ちちゃうんだ…。はぁ…。なんて…。

d0296626_07511180.jpg

d0296626_07520479.jpg
 
d0296626_07524401.jpg

馬鹿ですね…



[PR]
by usakichi71 | 2017-06-15 07:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

ダッフィーの故郷へ

我が家のダッフィーとシェリーメイの故郷はもちろんながらディズニーシーなのですが、先日、里帰りしてきました。
d0296626_22002082.jpg

いつものように大混雑で、乗り物はほとんど乗れず、寂しいディズニー詣ででしたが、娘はダッフィーたちのお友達を連れて帰れただけでも満足なようで、早速、服を作ってあげていました。ジェラトーニと言う猫ちゃんです。

今回は初めて、泊りがけでのディズニー詣でで、初日はランド、翌日はシーと、行きました。これが最初で最後だろうな〜。
私は主に植栽見物。ランドもシーも本当に植栽は頑張ってると思います。美し過ぎる芝生。カラフルな花壇。完璧な畑。
花木も変わったものがありました。

d0296626_22125074.jpg
d0296626_22041602.jpg
そして、これは娘の14歳の誕生日祝いの旅行でした。
もう、14歳。私の歳を考えたら、まだ14歳!なのですが…。早いものです。
d0296626_22034556.jpg

4人も子どもを産むことになるなんて、全く考えて居なかった私。そそっかしいし、元々子どもが大好きなわけでも無く、一人産むたびに、あんな痛い苦しい思いはもう、ゴリゴリと思い。一人一人がオムツも取れて、少しは楽になったかな?って言うタイミングで次の子がやって来て、四年おきに四人を産みました。
d0296626_22120376.jpg

最後は38歳の直前。でも、元気だったな〜!と、思います。今は40歳で初産でも珍しくない世の中です。でも、もうすぐ52歳。もう、私が産むことはありません。それは寂しいけれど当たり前ですね。二女はまだ生まれて14年しか経っていないのに、子育てと仕事と家事に疲れた母に育てられて、可哀想になってしまいます。なので、ある意味、甘やかし気味かもしれません。

d0296626_22071539.jpg
久しぶりの夢の国、二女の笑顔が一番の夢の様に思えました。









[PR]
by usakichi71 | 2017-06-14 20:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

お年頃

d0296626_12255369.jpg
初めて肩が痛くなったのは46歳から47歳頃でした、肩が上がらず、上げようとすると激痛が走りました。それまでにも何度か腰や首が痛くて整形外科に行っていたのですぐに治ると思っていましたが、一向に良くならず、幾つかの病院にも行きましたが、いわゆる五十肩とわかっただけで、症状は悪化する一方でした。同時に首か痛い時期もあり、運転するのが辛くなりました。それまで、運転は私がメインで、夫はいつも助手席でしたが、ハンドルを回せない、後方確認も、横を向くのさえ苦しいので、夫も仕方なく運転するようになりました。その頃体調も悪く、頭痛が酷くて気分も沈み、いつ治るか分からない痛みに、これが更年期障害なのだわ…と認識するようになりました。その後、更年期外来にも通い、ホルモン補充療法も受け、太り過ぎてたのを人間ドックで指摘され、ダイエットにも取り組み、気持も前向きになった一時期があり、肩も一度治りました。これで終わりと思いましたが、そう甘い事はなく、一年ぐらいで再び同じ肩が痛くなってしまいました。体重ももちろん元通り。再びの痛みは、前回よりも酷く、眠ることもできない事もある程で、気持ちは落ち込み、鬱になるんじゃないかと思う程でした。そして、それも一年ぐらいで治り、ホッとするのもつかの間、その後、突然膝が痛くなりました。立つのに支えが無いと、全く立ち上がれないような激痛です。同時に股関節も痛くなり、まるで関節が外れてしまったような痛み方なのです。腰をかがめる度に痛みを堪えて立ち上がらないといけません。ジッとしていても、ズキズキと痛みます。
走ることも出来ないし、体操も痛くてダメ。身体全体がもう、70代のおばあさん位になってしまったの?と思うような苦しさでした。
また、指先がしびれたり、強張ったり、唇の端が震えたり、本当に様々な不定愁訴に悩まされるのです。ところが、それらの全てはある程度ときが経つと、嘘のように治ってしまいました。
今は肩も痛くなくて、ちょっと固くなってしまったけれど、上まで上げられます。膝も、全く大丈夫。股関節も首も痛くありません。指も痺れないし、頭痛もありません。

嬉しい〜!治ったのかな?と、思いたいのですが、まだまだ安心できません。今までだって、どの症状も突然、始まっているのです。思いもかけない症状が、またやって来るかもしれません。

それにしても、不思議なのはホルモンの働きです。ホルモンが減るだけで、なんで肩や膝が痛くならなきゃいけないのかな?多分他にも、皮膚がたるんだり、髪に艶が無くなったりもしているんだろうけど、痛くないから気が付きません。ホルモンが減る時のショックも、頭では何も感じないのに、身体は色々と反応してビックリしているのか…と思うと、不思議です。

[PR]
by usakichi71 | 2017-06-06 12:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

カタツムリパン

d0296626_18062483.jpg

いつも、私のブログなんて、見ていないくせに、夫がこのパンを買った時に、「可愛いから、ブログに載せれば?」なんて、言ってきました。

う〜ん、カタツムリ?6月だからかな?

梅雨はいつから始まるんだろう?雨も憂鬱だけど、暑いのも辛いし、庭の水やりも大変だから、早く梅雨にならないかな?



[PR]
by usakichi71 | 2017-06-03 18:05 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

松蔭神社前でランチ

今日は土曜日だけど、仕事だったので職場に行き、午後になってから職場を出ました。いつもはお昼休みも一時間しか無いので、同じ場所でばかり、食事をしてますが、今日はこの後は帰るだけなので、駅のそばでランチを食べました。お野菜だけのプレートランチ。パンと飲み物がついてます。
d0296626_14520333.jpg

たくさんのお野菜が、とても嬉しかったです。カブや大根は素揚げにし、人参やマッシュルームは生で、トマトはソテーして、あと、レンズ豆やイエローブロッコリー、それから、他にも!美味しくサラダや和え物にして出してくれました。パンは田舎風の少し酸味のあるようなパン。これも手作りです。
飲み物はアイスコーヒーをお願いしましたが、とても美味しいアイスコーヒーでした。「今日はグアテマラです。」と言ってたから、毎日違うのかな?

d0296626_15000288.jpg

d0296626_15003424.jpg

まごころのこもったご飯をありがとうございました。お店の名前は「ラ・ゴダーユ」です。

[PR]
by usakichi71 | 2017-05-27 14:36 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

法事と折り紙

d0296626_21500077.jpg

二女の折り紙作品。イルカ。私には折れないな〜。
こういうイルカやお花を折っては5年前に死んでしまった茶々丸と言う仔猫に供えています。

私も悲しかった気持ちも少しずつ癒えて、考えるだけで涙が出てしまう事は無くなりました。
でも、茶々丸の事は、まだ忘れることの出来ない悲しい出来事として、胸に残っているのです。


昨日は法事でお坊さんが来て、お経をあげてくださりましたが、その時にお話もしてくれました。
昨日は夫のおばあちゃんの13回忌とお義父さんの23回忌だったのですが、二女にいくつですか?と聞いてきて、もうすぐ14歳ですと娘が答えると、おばあちゃんを覚えていますか?と聞きました。勿論、娘には何の記憶も無いのです。そして、私も二人がいなくても悲しくて仕方無いなんて事はありません。

そんな事を考えていると、仔猫と人間とどっちが大事なんだ〜!と叱られそうですね…。
私は薄情な人間なのかもしれません。
二女にはおじいちゃん、おばあちゃん達がいて、今の自分が有ると言う事を思い出して、考えるいい機会になりました。


近くの和食の店で食事もしました。影膳も良いものを作っていただき、皆で分け合って食べました。

d0296626_12553532.jpg

和食はヘルシーで野菜がたくさんで良いですね。

d0296626_13110148.jpg

d0296626_13112935.jpg

日本に生まれて良かったな、と思うひと時でした。





[PR]
by usakichi71 | 2017-04-23 13:19 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

イギリス旅行の準備

d0296626_07441889.jpg
不思議な事に、忙しい時ほどブログの更新回数が増えてしまいます。仕事も家も、やたらと忙しい今日この頃。30年ぶりで、人生の中でもまだ二度目(夫に至っては初)の海外旅行まで、あと10日となりました。無事に行けるのか?まだドキドキしていますが、そろそろ準備をしないとね。
d0296626_07445672.jpg

スーツケースは大きいのが一つと小さいのが一つ。多分、これで足りるでしょう。でも、まだ何も入れていません。

d0296626_07460251.jpg

今週末は法事もあり、オペラのチケットもあり、本当に行けるのかな?

いつの間にかモッコウバラもアイリスもタイムも花を、つけました。



[PR]
by usakichi71 | 2017-04-19 07:49 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

上海のお土産

長女が買って来てくれた上海のお土産。
その一、お茶
d0296626_11183373.jpg

お花を乾燥させたお茶もあります。
d0296626_11192658.jpg

菊の仲間みたいです。

その二、櫛

d0296626_11214216.jpg

なんとなく、日本風…?いや、これは中国風なのか?

その三、絹の布で出来たポーチ。

d0296626_11232612.jpg

ポーチに入れるほど化粧品も持ってないので、何を入れようかな〜?

前回のニュージーランド土産は、「鍋つかみ」と「泥洗顔料」で、私に不評だったので、今回は良く考えたそうです。

他にもお菓子やドライフルーツも。
d0296626_11302480.jpg

ナツメとクルミとレーズンが一緒になったものです。ナツメは馴染みがなくて、娘は苦手と言っていました。ホストファミリーはナツメが大好きで、毎朝、ナツメの入った甘いスープが出たそうです。これも、ホストファミリーから頂きました。

他にもホストファミリーから頂いたお土産があります。
d0296626_11323377.jpg

これは絹で、出来たお守り。上海では各部屋の入り口に付けてあったそうです。さっそく、娘達の部屋の入口に飾りました。

色々お土産もあったけど、一番は頭の中の思い出なんでしょうね。

いつまでも、忘れずにとっておいてほしいものです。




[PR]
by usakichi71 | 2017-04-12 11:16 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

更年期のゆくえ…

d0296626_11432116.jpg


頭痛や五十肩、膝の痛みなど、様々な不定愁訴に苦しんで来た私ですが、最近1ヶ月くらいは、あんまり何処も痛くない状況になってきました。
まだ、背中を掻いたりするのは難しいし、足や腰も痛く無い訳ではないけれど、痺れたりはしていないし、頭痛もないし、気分もそれ程落ち込まず、なんとかやっています。

更年期も落ち着いて来たのかな〜?

お肌のシワが深くなったような気はするけど、痛いよりはマシなので、気にしない!

元気一杯になってきたら、また、車の運転も出来るようになりたいです。

でも、元気とは言っても、確実に中身は変ってきています。

この何日かで、駅前の街路樹にも新芽が伸びてきて、柔らかな葉っぱが、硬い枝先をおおいはじめています。木はどんなに年をとっても、春には柔かな若葉や花に覆われて、イイな〜。人間は年を取れば、髪も爪も年寄りのものに変わってしまいます。

人間も一生を通してみれば、若葉や花の部分はあるのですから、更年期はどのあたりなんだろう、紅葉した葉っぱが落ちるあたり?それとも、紅葉するあたり?

どちらにしても、静かに凛と立っている、そんな木のようになりたいものです。





[PR]
by usakichi71 | 2017-04-06 18:05 | つぶやき | Trackback | Comments(0)