タグ:歌舞伎 ( 2 ) タグの人気記事

シネマ歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」

もう、10日ほど前ですが、
d0296626_07483470.jpg
二週続けて東劇通い。二女に怒られながら行ってきました。朝、家で空席確認した時はまだたくさんの空席があったのに、東劇に着くまでの1時間余りで空席は前方の2、3列の10席ほどに!最後の1つの3列目の席を取り入館しました。
怪談牡丹燈籠は燈籠を持った幽霊が男の人を訪ねてくる怖い話、ぐらいの認識しか無かったのですが、実はその話にまつわる人々の人間模様が入り組んだもっと大きな物語でした。
一度会っただけなのに、恋焦がれて死んでしまうお嬢様。そのあとを追うように亡くなった婆や。その二人の霊が牡丹燈籠を持ちながら毎晩やって来て取り殺されそうになる優しい浪人。そして、その浪人の世話をして生活の糧を得ている貧乏人の夫婦。それから、隣の家の次男坊と浮気のあげく、二人で旦那を殺し、さらに、それを目撃した若い女中も殺してしまう、若い男女二人。計7人が、主な登場人物なのです。私が知っていたのは、牡丹燈籠を持ってやって来た幽霊に取り殺される所まで。御札をはがして幽霊を屋敷に入れてしまった貧乏人夫婦が、幽霊から貰ったお金で、大店の主人になった後の話があるなんて知りませんでした。色々な人間が入り組んだ悲しいドラマが続きます。そこが、歌舞伎らしさなのかな?

でも、この人気ぶりはやはり、キャストが良かったせいなのでしょうね。私は特に中村七之助さんの美しいお嬢様役が素晴らしく感じました。綺麗すぎる!!!!
玉三郎さんは今回は綺麗というより人間味に溢れた役柄。貧乏なおばさんらしさも存分に、可笑しさもたっぷりでした。
本当にこわいのは、お化けよりも、人間の方ですね。お嬢様のお供の婆や役の方も素晴らしくお婆さんでした。不思議ですね。本当のお嬢様より、お嬢様。本当のお婆さんより、お婆さん。演ずるという事はそういう事なのかな?なんて、感じたわたし。
d0296626_07501342.jpg

映画のあとは銀座にある「渋谷ロゴスキー」で、シンプルランチ。本当にお得だなー。
d0296626_07511977.jpg
前菜とボルシチとピロシキとロシアティーで税込価格1620円だもの。綺麗だし、落ち着くので、いつもここに来てしまう。
[PR]
by usakichi71 | 2016-08-30 08:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

「海神別荘」と銀座散歩

東銀座にある東劇に、今日は月一歌舞伎でシネマ歌舞伎を見に行きました。今日は私の最後の夏休み。家事だけで終わらないように、いつもどおり早起きして、お弁当作り、お洗濯等々終わらせて、警察署で用事をすませ、はるばる銀座へ出掛けました。
d0296626_14145838.jpg
今日の作品は泉鏡花の「海神別荘」と「高野聖」どちらも玉三郎さんが出るのですが、2本観るのはキツイので、「海神別荘」だけにしておきました。始まる前に玉三郎さんのインタビューや舞台裏の映像もあり、私には生の舞台を見るよりは気楽で面白かったです。玉三郎さんが美しいのは予想通りでしたが、相手役の海老蔵さんが美し過ぎる!本当に王子様!女の人役の皆さんも仕草や身のこなしが可愛い!キレイ!(映像的には元々オジサンだし、期待してなかった。)台詞は難しい言い回しが多いけど、日本人ならちゃんと分かるようになりたいな~。と、思いました。観客は圧倒的に60代以上の女性。平日なのに結構入ってました。「海神別荘」は昔からの歌舞伎の演目とは違うし、台詞も簡単な方なのかも?本格的歌舞伎なら字幕無しでは分からないかも。見に来ているオバサマたちは分かるんだろうか?だとしたら、偉いよね~!私ももう年齢的にはオバサマなのに、中身が足りない!頑張らないと!!
d0296626_14365956.jpg
お昼頃、見終わってからブラブラと、銀座駅の方へ歩いていくと、岩手県のアンテナショップと群馬県のアンテナショップがあったのですが、どちらも商品を3割引にしています。助成金の対象?とか書いてあり、南部せんべい等々買ってしまいました!それにしても、分からないのは助成金?旅行の助成金なんかも、いつの間にか決まってた?という感じで、何の恩恵にもあずかれず、プレミアム商品券も外れたし、(横浜市は抽選で当たった人しか商品券を買えないのです。)おせんべいで少しだけ得した?でも、元々税金だしね。良いんだろうか?
お昼は渋谷から銀座へ移転したロシア料理の店「ロゴスキー」へ。つぼ焼きランチ食べました。渋谷店と同じく落ち着く店内でした。
d0296626_14481861.jpg

[PR]
by usakichi71 | 2015-09-29 13:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)