もうすぐクリスマス☆

全国的にもうすぐクリスマスですね。
色んな場所で色々なクリスマスツリーを見ることが出来ます。昔のクリスマスはこんなに華やかだったかな??
私の記憶の中の一番古いクリスマスの記憶は教会のクリスマス。いつも行く場所と違う場所でミサがあり、とても怖かったと言う思い出です。

家庭ではクリスマスだからプレゼントを貰うとかあげるとか、そんなのも無かったような?気がします。

自分が親になった時には、毎年、せっせとプレゼントを用意してしまいましたが(^_^)、昔はせいぜいお菓子とケーキくらいでした。

d0296626_07482128.jpg


d0296626_07495567.jpg

今年のプレゼントをサンタクロースにリクエスト出来るなら、私は見つからない探し物をリクエストしたいです。人から貰ったマトリョーシカと、自分で買ったカシミアのマフラー。捨てたりしていないはずなのに見つかりません…。
新しいものは要らないから、見つからないかな~?


[PR]
# by usakichi71 | 2018-12-12 07:47 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

西部の娘 ~自分を知らないと言うことは…。~

昨日は本当はおじさんの特養にお見舞いに行く日だったのですが、母の老人会のカラオケの日と重なっていたので一昨日、兄が代わりに行ってくれました。お陰で昨日は暇になった私。久しぶりにMETライブビューイングでオペラを観に行ってきました。
昨日やっていたのは「西部の娘」。もちろん観たことありません。プッチーニの作品です。
プッチーニは蝶々夫人やラ・ボエーム等あまりにたくさんの名作を作ってしまったので、その中では「西部の娘」はあまり上演されていないようですね。


d0296626_17334082.jpg

アメリカの西部、鉱山の荒くれ者たちが集まる酒場が舞台です。主人公のミニーは独り身で、ニックと二人で酒場を経営する逞しい女性です。鉱山の労働者たちは仕事が終ると酒場に集まり酒を飲み賭け事をして、喧嘩を繰り返し、暴れまわります。そんな中ですが、みんなミニーが大好きで、ミニーと聖書の勉強会をやったり、ミニーにお金を預けたり…。みんなミニーには頭が上がらないのです。荒くれものたちも、鉱山の暮らしが耐えられなくなった仲間がいると、お金を集めて故郷へ送り出してあげる優しさがあります。酒場に集まるの鉱山の労働者だけでなく、ランス保安官もミニーに惚れている一人です。でも彼には別居している妻がいることをミニーは知っていて、相手にしません。
そんなある日、ディック・ジョンソンという男が店に立ち寄ります。ジョンソンはミニーが昔、会ったことのある男で、名前も知らなかったけど、もう一度会いたいと思っていた人だったのです。恋に落ちたミニーは自分は無知でジョンソンにふさわしくない女だと卑下します。この町の中では女神のように讃えられ、引く手あまたの自分でも、外の世界から見たらただの無知な独身女であると…。ミニーはそう思うのです。そんなミニーと優しくワルツを踊るジョンソン…。実はジョンソンは盗賊団首領でミニーの店のお金も盗もうと思っていたのに、盗めませんでした。

山奥の中にあるミニーの家にジョンソンが招かれます。二人で語らい、口づけを交わします。お互いに惹かれあう二人ですが、ランスやニックがやってきます。ジョンソンをとっさに隠したミニーですが、ジョンソンは本当は盗賊団の首領で愛人がいると聞き、ランス達が帰った後に、ジョンソンを追い出してしまいます。

しかし、外に出て森でランスに銃で撃たれて傷を負ったジョンソンをミニーはまた家にかくまってしまいます。ランスはミニーの家でジョンソンを見つけますが、ミニーとポーカーで勝負し、ミニーのいかさまに気が付かずに負けてしまいます。ミニーが負ければジョンソンもミニーもランスのもの、ミニーが勝てば、ジョンソンはミニーのもの。ランスは仕方なく帰っていきます。

でもジョンソンを追っていたのはランスだけではありません。何日か後、ついにジョンソンは捕らえられ縛り首の準備がされます…。
死ぬのは構わないでも、一つだけお願いがある。自分が死んだことは言わないでくれ、そうすればミニーはここで自分を待って暮らしていくだろう…。
そう皆に懇願するジョンソン。

早く縛り首にしろ!とランスが命じる中、ミニーが駆けつけます。そして、恥も外聞も何もかも投げ捨てて、この人を助けて!と集まっていた男たちに頼み回ります。愛する人のためならいかさまもする、どんな人にも頼み事をする、財産も何もかも捨てる!

鉱山の男たちは皆、ミニーには恩義を感じているのです…。彼女に惚れていた鉱山の男たちは皆、ジョンソンを許してしまいます。この日のために今までの人生があったんじゃ無いか?と思ってしまうような展開です…。

そして、そんな風に大勢の人に影響を与え、絶大な力を持っていると、ミニー自身は気が付いていたのかな?

彼女は知らなかった、だから何よりも強い武器になったのでしょう。

去っていくミニーとジョンソンに向かって銃を構えるランス…。でも、撃つことは出来ません。

オペラにしては珍しいハッピーエンド!良かったです。音楽的にもとても素晴らしいとの解説がありましたが、その点は良くわからない私でした…。

プッチーニのオペラはこれで、ラ・ボエームトゥーランドット蝶々夫人トスカと5作を観たことになるのかな?
どれも素敵なお話と歌がありますね…。でも、必ず悲劇が含まれています。
西部の娘はとても珍しく誰も死にません!アメリカで初演だったからでしょうか?







[PR]
# by usakichi71 | 2018-12-10 22:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

やっと色づいた紅葉

庭のモミジがやっと色づきました。このまま枯れてしまって散るのかな?と心配でしたが、今年も赤くなりました。

d0296626_22004285.jpg
d0296626_22005463.jpg
マーガレットも咲いています。マーガレットって春に咲くと思ってたけど…。秋も咲くのかな?

d0296626_22004705.jpg

サザンカも咲き始めました。
d0296626_22010411.jpg

もらった赤いバラ。名前は分からないけど、良く咲いています。もう冬なのに。
d0296626_22023948.jpg

[PR]
# by usakichi71 | 2018-12-09 22:08 | お庭のこと | Trackback | Comments(0)

ももちゃんの成長 5

ももちゃんはすくすくと成長しています。二男の少ないお給料から餌とトイレ用品、その他、工面しているようです。送られてくるラインの写真では手足がしっかりとして来た様子が、はっきりと分かります。
d0296626_07304228.jpg

弱々しかったももちゃんもすっかり逞しくなり、今は息子の身体をよじ登ったり、噛み付いたり…。

d0296626_07323077.jpg

次男も躾に手を焼いているみたいです。
手も傷だらけになったと、言ってます。
私も寅吉が仔猫の時は傷だらけでした。昔、高校生の頃に仔猫を育てたときも…。今もどうすれば良いのか?よく分かりませんが、二男は何とか躾ようと考えているようです。何はともあれ、元気で良かった。

d0296626_07333592.jpg

今、ももちゃんは1.2キロ。うちの寅吉は7キロです。

[PR]
# by usakichi71 | 2018-12-07 07:23 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

美しさとは?

昨日、ふと見た木の葉っぱ。
緑と黄色と、何だかきれいだな!と思って写真を撮りました。
後で見たら、それほどでもない?写真もボケてる…。
d0296626_07212801.jpg

綺麗だな!美しいな!と思う基準って、人により違うと思うのですが、ホルモンや精神状態によっても変わるのかな?

なぜ、そんな風に考えたかと言うと、私が14歳か15歳の頃、世の中の全てがやけにハッキリとくっきりと鮮やかに見えて、世界には美しい物が沢山あるな~!となぜか感動しまくる時期があったのです。
それまでも毎日見ていた風景と何も変わらないのに、なぜ、こんなに違って見えるんだろう?と不思議でした。
住んでいたのは東京都の多摩の方(武蔵野と言うよりは多摩、多摩川のそばでした。)で、元々多摩川の自然は大好きだったけど、その頃の多摩川は水質汚染がまだひどくて、清流とは言えなかった。(今も清流ではないかもしれないけど、私にとっては大切な故郷を感じさせてくれる川です。)
なので、本当に美しい風景を見ていたわけではなくて、普通の町、普通の河原、普通の道路、普通の雑草…。そんなものを見ていたのに、なぜかキラキラ、なぜかハッキリ美しく見えた世界。

大人になってからもその頃を思い出して不思議になる私です。

でも、同じものを見ても、感動できるのと、できないのでは、できる方が楽しい気がする…。




[PR]
# by usakichi71 | 2018-12-05 07:18 | つぶやき | Trackback | Comments(0)