人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スクスクと育って欲しい野菜たち

涼しくなりやっと実をつけ始めたシカクマメ。
今日はたくさん収穫出来ました。
スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_22152567.jpg

白菜も順調に大きくなってきました!
スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_22161465.jpg

大根の芽も伸びてきたし、ブロッコリーたちも順調です。

霜が降りるまでに、スクスクと育ってほしいものです。

ハーブはローゼルが花をつけ実も出来てきました。今年はなかなか発芽せず、なんだかとても不安でした。
スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_17175464.jpg

出来始めた実も少し収穫してみました。ローゼルは中に種があって食べられるのはそれを包む赤い苞の部分なのです。今日の収穫は70グラムぐらいしかありませんでした。種を取り冷凍しておきます。たくさん取れたらジャムにします。
スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_17181837.jpg

青紫蘇も花が咲きしその穂が出来てきました。もう2回ほどしその穂の佃煮を作り食べました!

スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_17192853.jpg

今日もたくさん取ったので何を作ろうかな?

スクスクと育って欲しい野菜たち_d0296626_17205686.jpg

バタフライピーも元気に咲いています。

畑はもう半分位が秋冬野菜に変わってきました。冬が来る前に収穫出来るものと、冬の間も収穫が続くものがあります。少しずつでも自分の作った物を食べていけることがありがたいです。命を貰っている感じがして、大切に食べなきゃ!と思うのです。


# by usakichi71 | 2021-09-25 22:13 | 畑のこと | Trackback | Comments(0)

日帰り山形旅行

ちょっと前に八戸と花巻を旅して来ましたが、大人の休日俱楽部パスは4日間有効なので、1泊旅行をして帰ってきた後にも2日間有効でした。そのうちの1日は仕事に行かないといけなかったのですが、もう1日はお休み。「もう一日、どこか行きたいな~!」なんて欲張ってしまって、どこに行こうかとずっと考えていました。

それで出した結論は、「日帰り山形旅行」。行ってみたかった置賜の「賜の湯」へ行ってみることにしました。賜の湯は米沢から一駅の置賜(おいたま)駅から歩いて8分とあったので、それなら楽に往復できそうだなと、思ったのです。
温泉だけでも楽しかったのですが、さらに隣の駅の高畠にはワイナリーがあるので、そこにも行ってみることにしました。

まずはいつも通勤と同じくらいの電車に乗り東京駅まで行き、往復の新幹線の指定席を取りました。帰りの時間も決めてしまえば安心です。出発は9時24分発つばさ131号。新幹線はまたもや空いていて、お隣は勿論いないのでとても寛いでいられました。そして新幹線の中でまい泉のカツサンドとコーヒーで軽く腹ごしらえをしておきました。米沢で新幹線を降りて置賜へ。着いてみると置賜駅は無人駅。
日帰り山形旅行_d0296626_21575870.jpg

日帰り山形旅行_d0296626_21572733.jpg
駅前にも何もなくてびっくりしてしまいました。途中福島のあたりでは雨が降っていて、傘が無かった私は置賜に着いたら傘を買わなきゃと、思っていたのです。でも、幸いなことに山形は良いお天気でした!

日帰り山形旅行_d0296626_21584592.jpg

コンビニも何も無い駅前をテクテクと秋の涼しい風の中を歩いて賜の湯を目指します。10分ぐらい歩いて、12時ぐらいに賜の湯に着きました。

日帰り山形旅行_d0296626_21592165.jpg

賜の湯は源泉かけ流しの温泉があるだけじゃなくて、なぜか?砂風呂があるのです。初めての砂風呂は砂が重くてビックリ!でも汗はそれほど出ませんでした。約30分間ぐらい砂に埋まっているのですが、砂風呂にほかにお客さんはいなかったので初めの15分くらいは流れている童謡を聞きながら砂の重みにじっと耐えていました。係のおじさんもお姉さんもとても優しく、冷やしたタオルを持ってきてくれたり、最後は冷たいお水を持ってきてくれます。砂もサラサラのきれいな砂でした。

砂風呂の後は普通の温泉に入りました。源泉かけ流しで露天風呂もあります。温泉の前はトウモロコシ畑(牛さんの肥料用)青空の下の露天風呂はすごく開放的で気持ちよかったです!

日帰り山形旅行_d0296626_22001101.jpg

お客さんは車で来ている人ばかりでしたが、私が電車できたと伝えると道は分かった?と心配してくれて、本当に優しいのです。おばさんになると若いころのように優しくしてもらえないことが多いけど、山形の人は優しいな~といつも思ってしまいます。

日帰り山形旅行_d0296626_22005568.jpg

13時20分ごろ賜の湯を後に、置賜駅に戻りました。今度は一つ隣の高畠駅に行くのです。13時45分発の電車で高畠駅はすぐ隣です。高畠駅は温泉のある珍しい駅ですが、新幹線も停まるので帰りは高畠で乗ることにすると15時32分の新幹線つばさ146号で18時前に東京に戻れるのです。

日帰り山形旅行_d0296626_22014283.jpg

ワイナリーは駅から歩いて15分位です。駅には3時間500円のレンタサイクルもありますが、私は歩いて行ってきました。

高畠ワインはスパーリングワインを飲んだことはありました。
ワイナリーは川のそばでした。
平日なのでお客さんはあまりいませんでした。でも外にも座る場所がたくさんあるし、気持ちのいい場所でした。

日帰り山形旅行_d0296626_22042797.jpg

ワイナリーで何か食べるものがあるかな?と思って温泉では食事はとりませんでしたが、ワイナリーの軽食はコロナのせいで中止になっていて、食べられるのはソフトクリームとワインの試飲と袋入りのスナック菓子だけになっていました。コロナじゃないときにはピザが食べられたのに…残念。
でもソフトクリームはとても美味しかったし、ワインの試飲とおつまみもいただいて良い気分~!(#^^#)
日帰り山形旅行_d0296626_22022400.jpg

日帰り山形旅行_d0296626_22030626.jpg

高畠は高畠石という石が採れる場所で、ブドウつくりにもそれが役に立っているそうです。

お土産をいくつか仕入れて、また歩いて駅まで戻り、駅でブドウを買いました。

滞在時間を考えたらまた四時間ほどの短い旅でした。でも青空と気持ちいい風と温泉とワイン!最高じゃないですか~!

これも大人の休日倶楽部パスのおかげです。

帰りの新幹線もガラガラで空席が目立ちました。

何でこんな世の中になってしまったんだろう?

でも、通勤の満員電車は未だに続いているので、私にとっては通勤が一番のリスクです。こうして地方を旅している時は密な場面がほぼ無いのです。地方に行って、物を買ったり食事をしたり、お金を巡らせる役には立っている気がします。
それでも大っぴらには旅行に行きました!とは言いにくい世の中です。

ワクチンを接種していない人は旅行の度に陰性の証明をしなきゃいけなくなるのでしようか?経済的にも負担だなと思います。ワクチンはただで打てるのに、打たない選択をした人にはまるでペナルティのように経済的な負担をかけるのはひどい話だと思うのは私だけなのかな?


# by usakichi71 | 2021-09-25 22:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

秋の三連休

秋の三連休_d0296626_08155379.jpg
三連休は美鈴の大きな落とし物から始まり、最後も美鈴の夜鳴きに終わりました。
土曜日のうんち事件のあと、月曜日の朝もまたオムツの中でうんちを漏らしていた美鈴。あんまり歩けなくなってますが、今でも朝夕は外に連れて行ってるので、その時にうんちをするのが今まででしたが、これからはオムツにしてしまうのが普通になってしまうのかな?

月曜日は朝、またお尻だけシャワーを浴びさせて、ご飯を食べさせると、美鈴は夕方までずーっと寝てしまいました。

私は友達と友達の息子さんと3人で畑に芋掘りに行ったり、ブロックで遊んだりしていたので美鈴が静で安心していたのですが、夕方になってもなかなか起きられず、8時頃起こしてご飯を食べさせました。その後もウトウトしていたのに、なぜか?真夜中はキャウン!アォーン!と鳴き続けるのです。

獣医さんにいただいた薬を飲ませても、夜鳴きは続きました。

足の感じがどうもおかしくて、オムツをはめるために立たせようとしても後ろ足が全く立たなくなってしまう事が増えてきました。寝たきりになってしまったらどうやって介護したらいいのかな…。

今はリモートの授業が多い長女と二女と、私の3人で何とか出来るだろうか?と想像してみます。





# by usakichi71 | 2021-09-21 07:57 | 美鈴と寅吉のこと | Trackback | Comments(0)

一仕事終えた美鈴

今朝、6時半頃長女が私を起こしに来ました。
いつもは5時半に起きるのですが、今日は、午前中は何の用事もないし、雨なので畑にも行けないし…とゆつくり寝ていたのです。

2階が大変な事になってるけど、自分はこれからアルバイトの準備で朝風呂あびたり、お化粧したり忙しいから何もできないよ。と長女は言って、お風呂場に消えました。

何事かなー?と行ってみると、2階にはたくさんの美鈴の落とし物がアチラコチラと散らばっています…。昨日の夕方、美鈴がすごくおならをしていたと二女が言っていたのです。でも散歩に行ってもうんちはしないんだよね…とも…。


踏んづけて潰れたものもあり、それが乾いてこびり付いていて…どんだけ~!と見渡すと部屋の隅で寝ている美鈴がいました。美鈴はよく寝ていたのですが、オムツは外れていなくて、見るとその中にも大量のうんちがありました。
どうやら夜中に大量のうんちをしてしまい、それが一部は外に落っこちたようでした。量的にはいつもの3回分ぐらいありました。おなかが苦しかったかも…。とにかくオムツも外して床のうんちを綺麗に拭き、美鈴もお風呂場に連れていきシャワーでお尻を洗いました。もうお風呂は無理かな?と思っていたけど(もう立っているのが大変なんです。)お風呂場では転げながらも頑張ってくれたので何とかシャワー完了。綺麗になりました。

お風呂場を出たら洗面台の前でまたお漏らし…。

今日は雨だけど、洗い物大量です(^_^;)。

一仕事終えた美鈴_d0296626_08002194.jpg

一仕事終えて寛ぐ美鈴。

私も朝から一仕事でした。今日は、土曜日で良かった。

よく、ドラマなどで犬を拾ってきた子どもにお母さんが「ちゃんと自分で面倒見れるなら飼ってもいいよ。」なんて言いますが、その時に犬の介護まで考えてる子どももお母さんも居ないような気がするな…。なんて、ふと思ったのです。私もこういう状況は想像しなかったもの。
でも、これから先は想像できます。

私は最近外で犬を見ると、つい、このワンちゃんが老犬になったら…って考えてしまうんですよね。

これはちょっと、残念な癖ですね。何だか素直にかわいいって思えないから。

一仕事終えた美鈴_d0296626_08120849.jpg

美鈴は15歳5ヶ月になりました。
まだまだ頑張ってくれそうです。
そして、とっても可愛いです。


# by usakichi71 | 2021-09-18 09:00 | 美鈴と寅吉のこと | Trackback | Comments(0)

民話の里 遠野をドライブ

花巻温泉に泊まった翌日、レンタカーで遠野に行ってみることにした私達は「伝承園」と「カッパ淵」を目指し、レンタカーを走らせました。何しろ午後2時には新花巻に戻らないといけなかったので、またもや4時間程度しか時間が無いのです。なので遠野もたくさんは見ている時間がありませんでした。
花巻温泉から約1時間10分ぐらいで、遠野の伝承園に着きました。

伝承園には曲り家等の古民家と食事処もあるので、ここでお昼も食べていくことにしました。

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_16200859.jpg

遠野と言えば柳田國男、民話?みたいなイメージを持っていたのですが、柳田國男さんより大事な人が居たんだと、ここに来て知ることになりました。その人は「佐々木喜善」さん。柳田國男さんに民話を話して聞かせた人なのです。彼は祖父から聞いた話をとてもよく覚えていてそれを柳田國男さんが聞き取って本にまとめたのだそうです。佐々木喜善さんも小説家で民話収集家だったのになんで自分で書かなかったのかな?と不思議ですが、彼が語らなければ、そして柳田國男さんが本にまとめなければ、こういう民話は自然に消滅してしまったもしれませんね。
伝承園にはその事が佐々木喜善記念館になって残っていました。
民話の里  遠野をドライブ_d0296626_16191165.jpg

園内の大きな古民家の奥にはオシラサマが千体も飾られている蔵がありました。
民話の里  遠野をドライブ_d0296626_16245664.jpg

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_16253766.jpg

オシラサマの民話は馬と愛し合ってしまう娘の話です。その事を知ってしまった父親に愛する馬を殺されてしまいます。父親が馬の首を切り落とすと、娘はその首に乗り、そのまま天に登って行きオシラサマになったと言うことです。

オシラサマに願い事を書いた布を被せてありました。私達は何も書かずに出てきました。初めて知った不思議な民話でした。

昔の家の中は昼間でも真っ暗な場所もあります。何か出てきそうだな~と、少し怖い位でした。
民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20074627.jpg

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20125677.jpg

伝承園を一通り見たらカッパ淵に行くことにしました。伝承園から歩いて5分ぐらいの所にお寺があり、その裏手がカッパ淵です。

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20095834.jpg

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20102381.jpg

キュウリを餌にカッパを釣るため、釣り竿が一本だけ置いてありました。

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20133878.jpg

夜になったらカッパが出て来るのかな?

カッパ淵からまた伝承園に戻りお昼ごはんを食べました。

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20160061.jpg

ひっつみはすいとんのような御汁で、野菜がたくさん入っていました。ケイランという小豆ともち粉の茹でたものが付いた定食を食べました。素朴な味で美味しかったです。

お昼を食べたら直ぐに花巻にUターンです。途中、綺麗な鉄道橋もありましたが車から眺めるだけで我慢しました。この橋はJR釜石線のメガネ橋です。近くの道の駅からよく見えるそうです。宮沢賢治の銀河鉄道の夜のモチーフになったと言われていて、夜ライトアップされる時もあるそうです。

民話の里  遠野をドライブ_d0296626_20244143.jpg

ガソリンを入れて車を返したらもう後は新幹線で帰るだけです。一泊二日の慌ただしい旅でした。やっぱりもう少しユックリと見て回りたかったな〜。
民話の里  遠野をドライブ_d0296626_16223372.jpg


# by usakichi71 | 2021-09-16 20:26 | おでかけ | Trackback | Comments(0)