日本農業実践学園収穫祭

勤労感謝の日は毎年、二男の通う日本農業実践学園の収穫祭。私と夫と二女は学園近くの宿に泊まり、朝の8時45分頃、学園に着きました。収穫祭の始まりは9時。ちょっと早過ぎたかな?と思ったのですが、学園に近づくと、次々と車が学園に入って行きます。駐車場はほぼ満車の状態だし、さらに、中に入って行くと、野菜売り場はもう長蛇の列です。いつもは静かな学園が、人でいっぱい!
息子も元気に野菜売り場で働いていました。
d0296626_653944.jpg

息子は去年は堆肥売り場だったので、堆肥を買って帰りましたが、今年は野菜売り場。「ママの欲しい野菜があるなら取っておくから、教えて。」と言われましたが、長ネギも長芋も量がすごく多いのです。とても一家庭では消費出来ない感じなのですが、買いに来た人たちは山のように野菜を買って車に載せていました。
d0296626_654650.jpg

私も何個か野菜を息子に頼み、自分はパンやケーキの列に並びました。
大好きな栗パイは売り切れでしたが、栗ぱんは手に入りました。学園の栗ぱんの中身は本当に栗と砂糖だけだと思います。ちゃんと栗の味がするので私は大好きなのです。
d0296626_6533992.jpg

他にもパンジーの苗も70円だし、つきたてのお餅や焼き鳥、牛肉串焼き、焼きピーマン、お肉や燻製などなど、お買い得の品々がいっぱいでした。
d0296626_6551116.jpg


でも昨日はお買い物だけでは無くて、二男の進路について大切な個人面談もあったのです。収穫祭が終わった後、先生と息子と私の三人で面談しました。息子の成績は特に問題無く、それどころか、よくやってくれて居ると言われ、一安心。更にもう卒業後の就職先の相談もしないといけない時期だったのですが、来年度、息子に非常勤職員として学校で働いて欲しいと言う話がありました。
正規職員で無いのが残念ですが、誰かが退職して空きが出ないと正規職員の採用も無いので、何年かは非常勤職員になるのは仕方無いようです。でも、社会保険、雇用保険付で、寮に住めて光熱水費は要らないし、食事付き。お給料はそんなに高くなくても、総合的に見ると悪い条件でもないし、これからも農業の修行を積まない事には本当の農家になるのはまだまだ難しいと思うので、ここでまた、何年か修行のつもりで勉強することができるかな?と思い、この学校に就職することを、親としても了承しました。

なので、今年は二男の卒業、就職と二女の卒業、入学の二大イベントの一つは無事に終わってしまいました。

二男の指導役の先生は若いお兄さんの様な先生と、年配のがっしりとしてたくましい先生のお二人。
二人とも二男を良く評価してくれて、親としてはこんなにうれしい事はありませんでした。

いつも自己評価が低くて、「本気出してないから…。」なんて負け惜しみばかり言っていた二男。
でも、学校では頼りにされて、新潟まで自転車で行ったり、自分の力を出すことに本気になってきた。これからが息子の正念場、もっと大きくなれるよう、頑張るんだよ~!

収穫祭の一番の収穫は、息子の自信ある姿を見れたことかな?

ありがとうございます!すべての人に物に感謝したくなりました。
[PR]
by usakichi71 | 2015-11-24 06:56 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://usakichi71.exblog.jp/tb/22551397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山形旅行記 ~浮世絵にウキウキ~ 内原温泉荘 >>