魔笛 ~悪いのはどっち?~

d0296626_21305841.jpg

先日、一人で二子玉川まで行き、METライブビューイングで「魔笛」を観てきました。
あらすじは知らなかったのですが、オペラのCDで曲は聴いていたし、聞いたことのある曲ばかりでした。昔、クラッシック音楽が大好きな友人が「一番好きなオペラは魔笛」と言っていたので、きっと面白い作品なんだろうな~と思っていましたが、機会がなくて観ていませんでした。

「魔笛」はモーツアルトが作曲した最後のオペラで、旅一座の公演のために書かれました。とても難しいコロラトゥーラと言う技法で歌う夜の女王のアリアがあるので、その当時も歌える人が居たのかな?と思うほどです。
隣に座っていた奥様が、「タミーノのテノールが重かったわね。」と感想を言っていましたが、私にはそこまで全然わからないけど、とても面白く楽しめました。

あらすじ
王子タミーノが大蛇に襲われたところを夜の女王の3人の侍女に救われ、鳥刺し(鳥を捕まえて売る人)パパゲーノと共にザラストロにさらわれた夜の女王の娘パミーナを救い出しに出かけます。道案内は3人の童子がつき、タミーノには魔法の笛(魔笛)パパゲーノには魔法の鈴が渡されます。
ザラストロの神殿内ではパミーナに奴隷頭が言い寄っていますが、パパゲーノが偵察に来て、奴隷頭を追い払います。王子タミーノはザラストロの元へやってきますが、ザラストロはパミーナをさらった悪人ではなく、叡智を持った高潔な人で、たくさんの神官たちに囲まれ、パミーナをさらったのも彼女の事を考えての事だと知るのでした。パパゲーノに連れられて現れたパミーナとタミーノはザラストロの神殿でめぐり逢いお互いに惹かれあいます。
ザラストロはパミーノを直ぐには自由にしてあげません。そしてタミーノとパパゲーノに試練を受けさせます。パパゲーノはそんな試練は受けたくありませんが、可愛い娘と一緒になれると言われその気になります。
試練を受けに行ったタミーノとパパゲーノを待つパミーナの元に、なぜか夜の女王が現れ(結構簡単に行けるんですね…)パミーナにザラストロから奪われた「太陽の輪」を取り返し、ザラストロを殺すように!と短剣を渡して、また恐ろしく難しいアリアを歌います。
ザラストロはそんな企みも直ぐに気が付き、パミーナから短剣受け取ると、パミーナを許します。
沈黙の試練ではパミーナはタミーノに嫌われたと思いショックを受けますが、パパゲーノは沈黙を守らず、痛い目に…。
その後、パミーナはタミーノと一緒に試練を受けることになりますが、魔法の笛(魔笛)の力もあってか?二人は試練を乗り越えます。パパゲーノも可愛いパパゲーナを得て、たくさん子どもを作ろうね!と歌います。
面白くないのは夜の女王。ザラストロを倒すため、三人の侍女たちと神殿に乗り込もうとしますが、あっけなく滅ぼされます。
タミーノはパミーナと祝福され、幕となります。

結構ハチャメチャで、悪い人は夜の女王?ザラストロ?二人は本当は夫婦?等など、疑問が吹き出てしまいました!
家に帰ってから調べると、夜の女王とザラストロはやっぱり夫婦ではなかったのですが、夜の女王は悪者のように書かれていて、そうなのかな?とちょっとかわいそうな気もするのでした。女は浅はかで、男はそうでない。みたいな描き方に感じて、反発を感じるような…。
もう一度見たら違う気持ちになるのかな?
パパゲーノは自由で気楽で気弱で楽天的です。タミーノと一緒に試練を受けたお陰で素敵な伴侶を得るのが、普通の人にとっては安らぎを感じる?などど、思いました。

とても面白かったので、また見てみたいです。

写真は二女の作った蝶のブローチ。とても綺麗です。私には出来ないビーズ手芸や組紐もとっても上手な二女。たった一日で作り上げてしまいます。私には出来ないことも上手にできるようになっていく子ども達です。私も夜の女王の様な母親にはならないように気を付けないと…。





[PR]
by usakichi71 | 2017-12-21 07:50 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://usakichi71.exblog.jp/tb/26253273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 海外からの種の持込 等々力渓谷へ >>