青森旅行2018 〜北のまほろば歴史館とりんご箱〜

ワ・ラッセを出た私達はワ・ラッセ横の広場でちょっと休憩。帆立を食べたり、リンゴの揚げ春巻きを食べたりしました。
d0296626_22295056.jpg
雨が降らなければ今日は駅でレンタサイクルで市内めぐりをするつもりでしたが、まだ雨が降りそうな天気なので、ねぶたん号の二日間券を買いバスに乗りました。翌日はこれで美術館にも行くつもりです。
d0296626_22300590.jpg

北のまほろば歴史館は海のすぐ側、港には大型客船が泊まっていました!バス停で会ったおばあさんは、船の旅は毎日ご馳走食べ放題だから太るよ。と言っていました。羨ましいな~!
歴史館に入ると、方言を書いた絵が飾ってありました。長女は方言を聞いてみたいと言っていたのですが、この旅の間、ほとんど方言を聞きませんでした。方言を言ってください、と頼むことも出来なくて、どこかで聞けないかな?と思っていたのですが…。
d0296626_22302014.jpg

d0296626_06570400.jpg


歴史館の中は大きな体育館のよう、天井が高く、たくさんの船が展示されていました。
d0296626_06571152.jpg

d0296626_07001915.jpg
ここではクイズをしながら見て回りました。

古いねぶたの写真もありました。竹で骨組みして作っていたのかな〜?

d0296626_07002998.jpg

こぎん刺しの着物。細かい刺しです。
防寒や布を丈夫にするための刺し子、大変な仕事だったろうな〜。でも、冬の間、農作業も出来ないし、家の中でチクチクしてたのかな?用の美ですね。
d0296626_07004095.jpg

見終わると、お茶のサービスもありました。

展望室もあるので、青森市内を一望できます。天気が悪いせいか?海はそんなにきれいではありませんでした。これだと横浜の海とあんまり変わらないな~。遠くに夏泊半島が見えます。
d0296626_07011026.jpg

帰りもねぶたん号で青森駅に戻りました。次はりんご箱と言うお店でお昼を食べながら津軽三味線を聞こうと思っていたのですが…長女はとても眠そうで、もうホテルに戻りたいと言い始めました。


d0296626_07021912.jpg

夜はねぶたもあるし、いつもたっぷり昼寝をしている長女ですから、仕方ないか?と思い、長女にはホテルに戻ってもらい、二女と二人でアウガと言うビルの地下に行ってみました。アウガは地下以外は市の色んな施設が入っています。元々は商業ビルだったそうです。駅前の一等地です。市の施設だけでは勿体無い気がしてしまいました。りんご箱はここの地下にあるのです。

地下はお店がたくさん!りんご箱もお客さんでいっぱいでした。二女と私はステージの近くに座り、丼ものを頼んで、食べながら津軽三味線を楽しみました。
d0296626_20212207.jpg
ご飯のあとはブラブラとお店を見てまわりました。
青森駅前にはリンゴの木が街路樹として植えられていました。少し色づいたりんごの実が付いています!秋には可愛いでしょうね!
d0296626_20200251.jpg
d0296626_20200882.jpg

友達が教えてくれたこぎん刺しの専門店も行って見る事に!

「夜店通り」という通りですが、ねぶた期間中だからか?日曜日だからか?閉まっているお店が多かったのですが、お目当てのお店「1chi」は開いていました。色とりどりの糸や布はお店で染めているものもあるそうです。二女が家に帰ってからも楽しめるように沢山糸と布を買いました。
d0296626_20201671.jpg
d0296626_20202853.jpg
そうそう、店先にあじさいが飾ってあるのを見て思い出したけど、青森は夏でもあじさいやバラがきれいに咲いていました。涼しいから、良いですね〜。
d0296626_20203400.jpg
お店を出たらホテルに戻ります。路線バスに乗って行きました。
雨も止んでいるし、浴衣を着てねぶた祭り見物です。




[PR]
by usakichi71 | 2018-08-14 20:34 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://usakichi71.exblog.jp/tb/27053828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 青森旅行2018 〜長女の跳人体験〜 青森旅行2018 〜郷土館とワ... >>