二男と仔猫

d0296626_19023947.jpg
二男は家を出て職場の寮で一人暮らしをしていますが、今、仔猫を保護しているとラインがありました。
気持ちは優しいのだけれど、不器用な二男が、3時間おきにミルクをあげて、おしっことうんちをさせてあげている(本当はお母さん猫が肛門を舐めて排尿、排便させるのです。人間がやる場合は濡らしたティッシュ等で刺激します。)と、言うのです。
仔猫は二男の住む寮の近くで産まれた様なのですが、母猫が居なくなってしまったのです。2匹いた仔猫のうち1匹はすぐに死んでしまったそうです。
残る1匹も死んでしまうかもしれないと、獣医さんに言われたと言っていますが、頑張って育てています。

3時間おきだから大変だ!と言っているけど、人間の赤ちゃんも同じなんだよ、と言うと、そうだな、と納得してました。

「可愛いよ!」と言う二男。その事が嬉しい。

何だか仔猫を孫のように感じる…(^_^)

保護して4日目に仔猫が血便を出したと連絡があり、ヒヤヒヤしましたが、その後、太って来た、元気だよと連絡をもらいホッとしています。

今日で一週間。仕事の休み時間には寮に戻ってミルクをあげているそうです。仕事場と寮は同じ敷地内なので、3時間おきの授乳も大丈夫なのです。頑張ってほしいと思います。
ちなみに寮で猫飼っていいの?と聞いたら、大丈夫だと言っていたけど、本当かな?ちょっと心配…





[PR]
by usakichi71 | 2018-10-12 08:12 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://usakichi71.exblog.jp/tb/27157376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2018年イギリス旅行記 15... 2018年イギリス旅行記 14... >>