人気ブログランキング |

カテゴリ:おでかけ( 330 )

ちょっと歩いただけで…。

今日は以前の職場の諸先輩方が退職のお祝いをしてくださいました。その会場への道すがら、たくさんのアジサイの花を見つけました。

d0296626_22111503.jpg
世田谷線の線路ぎわにはきれいなアジサイの花。
d0296626_22122410.jpg

色んな色があるものです。

d0296626_22130503.jpg

一株でも色が色々…。

d0296626_22135627.jpg

ガクアジサイも素敵だな~!

d0296626_22145982.jpg

思わず立ち止まったこのアジサイは、同じ株なのに花の形が違います!!

d0296626_22161831.jpg

右は普通の形で左はクルリと丸まった花びら!(本当は蕚だけど…。)

d0296626_22180639.jpg

不思議だな~!

d0296626_22184955.jpg

ほんのちょっとの散歩でもたくさん花が見られて嬉しい!

そして、退職お祝い会もとても楽しかったです!




by usakichi71 | 2019-06-14 22:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

プーランク「カルメル会修道女の対話」を観て

日曜日、東銀座の東劇でMETライブビューイングのオペラを観てきました。
今回はプーランク作曲の「カルメル会修道女の対話」と言う何だか難しそうな題名で、もちろんどんなあらすじかも知らず、果たして面白いのかな?と心配でしたが、上映前に中野京子さんのトークショーがあると言うことで、それは面白そうだなと思い、行ってきました。

中野さんは「怖い絵」で有名な作家であり、ドイツ文学者さんです。30分程のトークショーでしたがヨーロッパの歴史や文学に精通している中野さんならではのお話しで面白かったです。

オペラの方はかなり地味。実話を元にした話で、フランス革命の最中、聖職者がみな職を追われ追放されたり、処刑された時代に、自ら殉教の誓願をたて、ギロチン台に消えた16名の修道女たちの話です。
日本のオペラでキリシタン迫害を題材とした「沈黙」と言うのがありますが、それよりも暗い。

主人公のブランシュは貴族の娘ですが、余りに怖がりなため修道女になりたいと思い、カルメル会の修道女となります。修道院は避難所じゃないと諭されながらも修道女となったブランシュは院長の遺体の番も一人では出来ず、皆に臆病者だと思われます。フランス革命で教会も建物を接収され、聖職者もその職を奪われていきます。行くところを失った修道女、その中のリーダーである、マリーから殉教の宣誓をしましょうと提案があり、ブランシュも賛成するのですが、死の恐怖から皆のもとを飛び出してしまいます。兄は国外に逃亡し、父も死に、ブランシュは自分の元居た屋敷で召し使いとして働いています。そこへマリーが皆のところに戻って来てといいに来るのですが、ブランシュは拒否します。
ところが、ラストで皆が次々と処刑された後、最後の一人が処刑台へ進もうとしていると、ブランシュも現れ、ついには彼女もギロチンへと向かいます。

そして、皮肉なことに、皆のところに戻れなくなった言い出しっぺのマリーだけは生き残る。そんなあらすじでした。

時の権力者から教えを棄てるように言われ、それを守ると宣誓したことで、死刑になるのですが、普通の市民の一人になるなら死刑になることは無かったはずなので、その時の状況を考えればそれは自ら死を選んでいることと変わりなく思え、キリスト教では自殺を禁じられているのに、なぜ?と感じてしまいました。
また、ブランシュは私は皆のところに行かない!と言い、そして死刑にならずともすんだにもかかわらず、自ら進み出てギロチンに向かいます。
生き残っても後悔することになると思ったのでしょうか?それとも皆と一緒に神さまの元へ行きたいと思ったのでしょうか?

生きることが厳し過ぎる時、死が美しく見える時が有るとは思うのです。でも、私には分かりません…。生きてこの世で頑張る事が無意味な訳はないと思うのです。

d0296626_19092387.jpg








by usakichi71 | 2019-06-11 18:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

蔦も木になる

先日、ついでに寄ったある大学の校舎で蔦が木のように太く頑丈になっているのを見つけました!

d0296626_08012355.jpg

すごい!
蔦が木になるとは思いませんでした…。余りに太い幹に恐ろしい!と思ってしまいました。我が家でもアイビー可愛いな~!と何気なく植えてしまい、余りに大きくなるので困惑しているのですが…。
何年も何十年もしたら蔦も木になるんですね!
垂れ下がる蔦の幹が太くてビックリ…。

d0296626_07093130.jpg

ここは実は長女の大学なのですが、歴史を感じさせる素敵な校舎です。こんな落ち着いた場所で学生生活を送れる長女が羨ましいな~と思います。でも、長女は蔦の幹なんて見てないだろうな~。


by usakichi71 | 2019-05-23 07:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

憧れの「バラぐらし」展へ

五月も半ばを過ぎましたが、今日は仕事はお休みだったので、仲良しのお友達と池袋の西武で開催中の「バラぐらし」を見に行ってきました。
ある方からご招待券を頂けたのですが、1枚で2人までご招待だったのです。昨年は「国際バラとガーデニングショウ」を見に行ったのですが、今年はそれも終わってしまい、バラの企画は無くて寂しいな~と思っていたので、思いがけずこんな催しがあると知って嬉しかったです。
西武では7階の催事場以外でもバラに関連した企画をしていました!「ミニ国バラ」のようで楽しかったです。

会場では入口を入るとバラのパーゴラ。バラと流行の草花でバラの街が作られています。

d0296626_21274724.jpg
d0296626_21312864.jpg
d0296626_21323494.jpg
d0296626_21583123.jpg
バラはどれも素敵に咲いていましたが、これはとても大きく育って株全体に花が咲き、見事なバラでした。「ロマンティック チュチュ」だったと思います。
写真の展示もありました。写真はどれもとても美しくてじっくり見ても飽きない物でしたが、影や照明の灯が写り込んでしまうので写真に撮ってみても美しく無くて、残念でした。

後半には色々な小さなテーマガーデンが出来ていて、刺繍好きなマダムのアトリエや居心地のいいバラのカフェ、ティーパーティーの会場バラ好きオジサンの隠れ家的な場所?等々面白かったです。
d0296626_21285690.jpg
d0296626_21341942.jpg
d0296626_21315199.jpg
d0296626_21353641.jpg
d0296626_21360824.jpg
d0296626_21371181.jpg
d0296626_21382281.jpg

バラを暮らしに取り入れて潤いのある暮らしをしてみませんか?って提案されているような、そんな展示でした。

会場の外ではバラのお菓子やグッズ、それから苗も売っていました。私達はアイスクリームを頂きました。バラの香りと味!それから形もバラ!その場で作ってもらえます。

d0296626_22072371.jpg

西武の9階の屋上には睡蓮の庭があり、バラのアーチもあります。モネの庭を模して造られたような屋上庭園、よく手入れがされていて、壁面緑化も素敵でした。気持ちの良い空間です。
d0296626_21415868.jpg

券をくださった方にお礼を言いたいです。平日なのでそれ程混まずに見ることが出来て良かった~。

今年は国際バラとガーデニングショウが無いのですが、実は昨年行ったことをブログにまとめられずにいました。
これから1年遅れではありますがまとめて行こうと思います。
d0296626_21541439.jpg
家に帰ると我が家のバラさんたちがお出迎え。手入れはイマイチだし虫に食べられちゃってるけど、可愛い子たち。
d0296626_21531921.jpg

d0296626_21534089.jpg
ラムズイヤーも可愛い花を付けています。
d0296626_21544480.jpg
d0296626_21551015.jpg

ゼラニュウムも可愛い花が咲いています。

これから庭には虫さんたちがたくさん出てきます。(今も居るけど…。)でも、無農薬で頑張りたいです。




by usakichi71 | 2019-05-16 22:10 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

新百合ヶ丘「しょうが」でランチ

今日は友達とランチしに新百合ヶ丘まで行きました。35年前一緒に就職した同期です。
しょうが料理のお店「しょうが」でランチしました。とても人気で開店前から行列ができてます。

d0296626_16205566.jpg

評判も頷ける美味しさ!
小鉢のお惣菜を選べるので楽しい!サラダとお茶はセルフサービスで頂けます。
お腹いっぱいになりました。

お店のあるマプレは子どもたちの絵の教室で絵の野外展をやらせてもらった商店街です。懐かしいな~。

二人で新百合ヶ丘の駅の方へも散歩していくと、ビルの壁に壁面緑化が出来ていました。とても成長が良くて綺麗です!

d0296626_16253169.jpg

綺麗だし、素敵です。手入れも大変かもしれませんが…。

d0296626_16261779.jpg

更に二人でお茶を飲んでいたら、黒雲が湧いてきてしまいました。天気が不安定なんですよね。雷も鳴り急に寒くなりました!新百合ヶ丘駅前では小さなテントがたくさん出ていて、手作り作品等を売るお店が出ていたんですが、そこでネックレスを1つ買いました。そして慌てて駅に戻り電車に乗ると、もう窓に雨粒が見えました。
でも、運良く、全く濡れなかったし、家に着くときにはほぼ止んでいました。

連休は明日と明後日で終わりです。
明日もいい日になってほしいな~。








by usakichi71 | 2019-05-04 10:53 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

連休後半

連休も後半に入りました。
今日は古河市の二男のところへ小旅行です。焼肉屋さんでお昼を食べて、二男のアパートへ行きました。
仔猫のももちゃんは元気でしたが相変わらず小さくて、全然大きくなりません。

息子は私が行くと何故かとても眠くなったようで眠ってしまい、私はせっせと掃除や洗濯をしていました。その間、ももちゃんは私をじっと観察しています。ももちゃんのご飯もお皿を綺麗にしてから出してあげると、ペロリと食べてしまいました。寅吉より食べるのは速い!

ももちゃんは窓辺で雀さんを見てます。

洗濯も一段落して、起きてきた息子と一緒に買ってきたカットスイカを食べようと思ったら、いつの間にか息子一人で食べ終わっていました!あれあれ?母は働かされるだけか~!

母の日も近いけど、誰か何かしてくれるかしら?

何もなくても元気なら良いや。

と、思う夕暮れでした。往復で五時間。ちょっと疲れた…。

d0296626_18515734.jpg




by usakichi71 | 2019-05-03 18:53 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

楽しかった鴨川シーワールド ~鴨川旅行その2~ sanpo

令和二日目、昭和感満載の宿を出ると、鴨川シーワールドに向かいました。天気は曇り時々晴れ?位の感じで暑くも寒くもなく、良かったのです。鴨川シーワールドには昔、私の母を含めて七人?で家族旅行で訪れたことはあるのですが、その時の記憶と今回で、どのくらい変わっているのかな~?と思いながら行ってみたところ…。何だか前より混んでいました。前に行ったときは冬で、風が強くて寒かったので、そんなに混んでいた記憶はないのですが、今回は9時の時点で家族連れで大にぎわい!(開園は七時半でした。)9時から始まるシャチのショーを見ようと、行ってみると、立つ場所すらない!背が低い私はなにも見えないほど…。大人気!
仕方無いので、9時半からのイルカショーを見に行きました。ここも既に満席近かったのですが、端の方に座って観ることが出来ました。イルカさんたち、可愛くてキビキビ働いてました!

d0296626_07280943.jpg

見終わると同時にそれでは次の10時半のシャチのショーの席を確保しょう!とシャチの方へ行ってみると、な、な、何と、もう既に満席。こうなると、10時半のショーが終わる10時45分にはシャチのところへ行ってないと、席は取れない?と、言うことになります…。途方にくれながらも、それまで他のものを見よう~と園内を散策。と言うか、トイレも混んでてそれだけでも並ぶ~!さすがゴールデンウィークですね。
室内の展示館の中では白イルカ、ベルーガのショーもやってました。ここも立って見ましたが、ベルーガはすごく頭が良いんですね!可愛い声で人間の喋りを真似したり、本当に素敵でした。

d0296626_07290265.jpg

普通の展示も里山の風景の再現や、南の国の海の再現など、見ごたえがありましたよ。

d0296626_07295544.jpg

クラゲも綺麗です!

d0296626_07353965.jpg

珊瑚礁の海!沖縄を思い出す~!

d0296626_07364109.jpg

d0296626_09240321.jpg

楽しく観賞したあとは、そろそろ時間!シャチのショーの会場へ急ぎました!出てくる人たちと大混雑してましたが、私たちは濡れたくないのでここは濡れると注意のある席じゃないところへ座ろうと、上から三段目の席を確保しました。

でも、ショーが始まるのは12時。席を確保してから一時間以上あるのです。つまらないな~と思いましたが、偶然にも同じ日に鴨川シーワールドに来園するお友達にラインしてみると、直ぐそばに座っていることが判明!楽しくお喋りや記念撮影しているうちに時間となりました!
シャチたちは待ち時間は自由に遊んで居るのですが、四頭でステージに乗っかったり、遊んでいました。その姿を見ているのも楽しかったです。
d0296626_07384069.jpg

シャチもイルカやベルーガ同様、とても頭が良いので、たくさんの指示を理解してやってくれます。
d0296626_07400935.jpg


d0296626_07452575.jpg


d0296626_07420017.jpg

頭に人を乗せたり、タイミングを合わせてジャンプさせたり!とてもダイナミックなショーです!
でも、人間の方も命がけですね!!

d0296626_07425075.jpg
そして、会場の人にもシャチからのプレゼント!じゃないけど、たくさんの水が!!
席の前の方は必ずびしょびしょになってしまうのですが、私たちの席は大丈夫なんだけど、時には引っ掛かる事もあるギリギリライン…。隣の人たちはポンチョを着てました!でも、まぁ、少しなら良いかもとそのままで居たところ、何とか水浴びはしないで済みました(^-^)/
友達は前から3列目、どのくらい凄かったのかな~?シャチさんが前のヒレや尾を上手にパタパタして水を飛ばしてくれるのですが、面白いですよ~!

d0296626_07472314.jpg
イルカやシャチの他にもたくさんの海の生き物を見ることが出来て、水槽の上も下も観察出来て、本当に楽しい所です。
この日はバイキングランチ付きの券を買ったので、お昼は隣のホテルの地下でバイキングランチを食べました。お昼を食べて外に出ると凄い黒雲!雨になりそうです。娘はお土産屋さんで自分のお土産を買いたいと言うのでお店にはいると、ここでも行列が…。レジに長蛇の列が出来ていました。夫が並んで娘と私が品定め!そうこうしているうちに、雨がザッーと降り、私達が店から出る頃には小雨になってくれました。
d0296626_07481128.jpg

さて、帰ろうか?となって、私が三人で撮った記念写真が一枚もない!と騒ぎ出し、ちょっと娘とケンカになりましたが、入口まで戻り無事シャチさんの像の前で記念撮影をすることが出来ました。
娘は記念撮影なんて、意味がわからない!そんなの無くてもいい!と言うんですよね。
その気持ちも分かるんだけど、私は写真が欲しいな…。と思ってしまうんです。

帰りには海ほたるにもまた寄りました。行きはトイレだけでしたが今度はゆっくり、屋上にも出てイルカさんの像とか見ました。昔、ここで子どもたちの写真撮ったな~!

d0296626_07541794.jpg

だんだんと暮れてくる空を見ながら美味しいスイーツ食べました(また肥りました…。)。

d0296626_07550693.jpg

羽田に向かう飛行機やうっすらと富士山も見えて綺麗でした。

d0296626_07554520.jpg


これで、鴨川旅行は終わりです。結局、シーワールドにしか行けなかったけど、疲れなくて良かったかも!熟年夫婦には無理は禁物ですから(´▽`)。

by usakichi71 | 2019-05-03 10:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

五月になりました ~鴨川旅行その1~

5月最初の日。そして、新しい年号に切り替わった1日目。何かと記憶に残ってしまいそうですが、私は夫と二女と三人で千葉に遊びに行きました。去年の5月も千葉に来ていましたが、千葉は近くてのんびりしていて、箱根や伊豆の方が近いけど、色々と施設がありすぎるのに比べて千葉は施設も少なくて、そこが良いような気がします。
d0296626_22315081.jpg
でも、この日は何も無さすぎて、娘にはつまらない日になってしまいました。
朝、9時に家を出ましたが、アクアラインでは早速、故障車が出て一時間近い渋滞。そしてトイレが近い夫のために15分くらいかけてトイレだけに寄るための海ほたるへ。そしてお昼は、行く店行く店、混みすぎてたり、やってなかったり…。やっとたどり着いた釜飯屋さんはとても美味しかったのですが、食べ終わるともう2時でした。
d0296626_22313409.jpg
そのあと、酷く狭い曲がり道だらけを耐えてたどり着いたお寺、清澄寺は参拝者が多すぎて駐車場がいっぱい…。後で考えると、皆さん御朱印帳に記念の日付を書いて欲しかったのですね。私達はそんな気持ちで行ったわけではなかったので、せっかく行ったけど、もう、仕方ないね…。と宿へ直行してしまいました。(下の写真のような道を通ってやっと行ったのにな~。)

d0296626_22323955.jpg
「今日はお昼食べただけだよ~!」との娘の訴えにはごめんね!!としか言えません(>_<)。

泊まった宿は夫が直前に適当に選んでくれたのですが、平成から令和の時代になったと言うのに、何だか昭和な宿で、令和なのに昭和だね、と笑ってしまいました。窓の外は雨。景色も暗い。私達の令和の始まりはアクシデント続きでした。

d0296626_21330537.jpg

夫が選んでくれたので、文句は言えませんが…。




by usakichi71 | 2019-05-02 22:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

親湯温泉と可哀想な蚕

泊まった親湯温泉は大正時代創業の古い旅館ですが、昨年リニューアルしたそうで、とても綺麗なホテルでした。私達の泊った部屋も元々は古くて、リフォームしたのはもちろん分かるのですが、素敵にリメイクしてあり、良い感じでした。温泉も優しいお湯で、とても気持ち良いお風呂でした。畳敷きの浴室は初めてでしたが、柔らかくて良いですね。

d0296626_17244176.jpg

それから、この宿には3万冊の蔵書があり宿泊客は自由に本を読むことが出来ます。クラシカルな本棚にたくさんの本があり、私も3冊ほど読ませていただきました。絵本や軽い読み物もあり、眺めるだけでも楽しいです。お部屋も和室にベッドがしつらえてあり楽でした。食事はレストランの個室で、とてもたくさんの大きさの違う個室が揃っているのでその中で二人で静かに食べられました。今度は娘たちも連れてきてあげたいね、と夫と話しました。
蓼科の中でも奥の方なので最初はどんな宿か?恐る恐る行きましたが、結果的にはいい宿に泊まれたな~と思います。
太宰治も新婚旅行に蓼科を訪れて、親湯温泉に泊まったそうです。そんなことを紹介する展示などもあり、面白かったですよ。
標高が高いので、宿の周りの木々はまだ新緑もまだの木も多く、桜の花もまだ蕾でした。


さて、翌日土曜日。この日はもう帰る日ですが、何も考えていなかったので、ホテルで色々な観光施設のパンフレットを見て行くところを決めました。
まず最初は「岡谷蚕糸博物館」に行くことにしました。蚕糸とはシルクの事ですが、岡谷は大きな製糸工場がある一大製糸業地でした。「ああ野麦峠」に見られるような女工さんが大勢暮らした町だったのです。博物館にはそういった絹製糸業の歴史や機械の展示のほか、実際に糸を紡ぐ様子も見学をすることが出来るのです。それから生きている蚕も見ることが出来るとの事で、夫は小さい頃蚕を育てていたことがあるので、懐かしく思うかな?なんて思って行くことにしたのです。それに寒かったので室内の見学のほうが良いと思い決めたのです。
d0296626_17264594.jpg

d0296626_17063127.jpg

工場では繭をお湯につけて細い糸を手繰り寄せ紡いでいきます。独特な臭いが立ち込めとても爽やかな臭いとは言えませんが、美しいシルクを作るためにこんな苦労をして糸を紡いでいたんだな…。と思いました。年配の3人の方が実演していてくれましたが、この方たちの後継者っているのかな?と心配になりました。
機械化が進み今はもちろん機械でも糸は作れるのですが…。
d0296626_17071548.jpg
機械で作る様子も見ることが出来ました。大きな機械でいっぺんに大量の糸を作れます。でも繭の糸と糸を結びつけたりするのは人力で行っているのですね。

蚕は繭になった後乾燥されてそれから糸を取るのでもう死んでいるのですが、ものすごくたくさんの繭から絹糸が作られています。何だか本当に申し訳ないな…と思いながら工場を後にしました。
d0296626_17082413.jpg

それから生きている蚕の展示を見に行きました。ところがこの日は生まれたばかりの小さな蚕しかいなくて、桑の葉をモリモリ食べる様子は見ることが出来ませんでした。そこで、蚕の一生の絵を見ていると…。蚕は蛾の一種だと思うのですが、羽根が凄く小さいのです。
d0296626_17085397.jpg

何か小さな羽根だね~?と夫に言うと、夫から衝撃的なことを教えられました。なんと蚕は大人になっても飛ぶことも出来ないのです。羽根は本当に飾りのような物で、生まれて繭になったらほとんどの仲間はそのまま死んで、やっと大人になれても人間の元で卵を産むために生きるだけ…。本当に、人間にシルクをくれるためだけに生きているようなものなのです(;´Д`)…。私はそのことを良く知らなかったのですごく衝撃を受けてしまいました。

d0296626_17100387.jpg
豚や牛や鶏だってそうでしょ?と言われたらそれまでですが、蚕さんの数えきれないほどの命でシルク製品が出来ているんだな…と思うと、絹製品は大切にしないといけないな…。と深く思いました。

お土産にはシルクのパウダーを入れた石鹸を買いました。とても少しで良く泡立ちしっとりするのです。
それから絹糸で編んだ洗顔用パフみたいなものが売ってあったのですが、ちょっと高かったので、売っていた糸を買ってきて二女にお願いしたら、もう出来上がりました。
販売されていた物はこれで、
d0296626_17133409.jpg

二女が作ってくれたのはこれ。中にスポンジ入れました。
d0296626_17165616.jpg

上手ですよね?ちゃんとベルトも付いてます。
d0296626_17172731.jpg

これで洗顔しょうと思います!



by usakichi71 | 2019-04-28 17:28 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

一日早く連休始まりました 

今年は例年にない長いお休みができ、カレンダー通りで週休二日の会社ではなんと10日間もの連休になるという、本当に夢のような長いお休みです。私は非常勤になり更に1日多く休めるので11日連休です。なので、金曜日からお休みをいただき、夫と蓼科に行ってきました。
いつも一緒の二女は高校があるので長女とお留守番です。

連休中も夫は出勤があり、なかなか予定が立たなかったのですが、3月にはやっと予定もわかり、どこか行きたいねと言うことで、3月末ごろに慌てて予約をしたのですが、今回は親湯温泉という所に宿を取りました。蓼科には何度も行っていて、子どもの小さなころは白樺湖の湖畔で遊んだり、ビーナスラインをずっと走って霧ケ峰や美ヶ原にも行ったりしましたが、今回は夫婦2人だけなので私と夫の行きたいところにだけ行くことにしました。行ったことがあるのは6月頃から夏にかけてだったので春に行くのは初めてかもしれません。

家を出ると曇り空。私は本当に雨女か?と思うくらい旅行の際に雨になることが多いのですが(夫と一緒だと特に)今回も雨です。何だか寒いね~。と言いあいながら車で出かけたのです。でも、中央道の笹子トンネルを抜けるとガラリと天気が変わり、とても暑い!急に25℃位になってしまいました。

最初の目的地は石和温泉駅の側の「モンデ酒造」昭和27年創業のワインメーカーです。夫は何度かここを訪れたことがあるので私も行ってみる事にしました。
d0296626_21440003.jpg

大きな駐車場があり見学コースが出来ています。製造ラインでは缶入りワインが製造されていて、面白かったですが撮影禁止でした。
d0296626_21414679.jpg

見学の後には試飲コーナーがあり、お土産を買って行けるのですが、夫は運転しているのでもちろん飲めず、私は色々飲んでしまいました。モンデ酒造はアルミ缶入りのワインなども販売していて、ワインを気軽に身近に生活に取り入れるように提案しています。最近はコンビニでも売っていますね。ビンよりも軽くて良いですよね。20歳になった長女と飲もうと思い小さな瓶入りワインをたくさん買いました。二女にはジュースです。
d0296626_21480789.jpg
駐車場に咲いていたつつじがとても甘い香りで咲いていました。

さてこの次は蓼科にあるバラクライングリッシュガーデンです。どんな花が咲いているかな~?と期待しながら向かいます。

再び高速道路に入り諏訪南まで走りました。モンデ酒造のあたりでも、横浜よりも春がまだ浅い気がしましたが、諏訪に着くと春はまだ本当に浅くて、桜や桃、レンギョウなどがたくさん咲いています。
道端にはタンポポが花盛りです。まだこれからなんですね。蓼科の緯度は二男の居る古賀とほとんど変わらないのですが、標高が1000メートル以上高いと思うのでそれで春が遅いのですね。
d0296626_07505313.jpg

石和では暑い程だった天気は再び曇り空に…。そのうえ蓼科のあたりには物凄い黒雲が…(´Д`)。やっぱり雨女なのかな?でも私は出かける回数も多いのでどうしたって曇りや雨も多くなるのよ!と開き直りバラクラへ着くと、雨は降っておらず、時折晴れ間ものぞいていました。

d0296626_07533432.jpg

園内は入口近辺にはもちろん花盛りのチューリップなどのコンテナを並べてありましたが、地植えの球根類はまだ成長途中。蕾もまだ小さかったのでチューリップの見ごろもまだあと1〜2週間後となりそうです。
そのせいか人影もまばらで、ユックリと園内を散歩出来ました。

d0296626_07555677.jpg
ヒヤシンスやスイセンはたくさん咲いていましたが、色を固めて咲かせるのが美しいですね。
d0296626_07581833.jpg
このガーデンを作ったケイ山田さんの大好きな「フリチラリア・メレアグリス」もたくさん咲いていました。
d0296626_07570624.jpg

珍しい斑入りの葉っぱのチューリップ。我が家でも1株だけありました。でもまだ開花までは時間がかかりそうですね。
d0296626_07563517.jpg
曇り空の下のしっとりと静かな庭でした。

d0296626_07592076.jpg

池には水芭蕉も咲いています。池に写る空が綺麗。
d0296626_07573470.jpg

庭の事を夫と話しながらトコトコ散歩しているとポツポツと小雨が降ってきました。ちょうどもう、庭の端まで来ていたのでカフェでお茶を飲むことにして建物の中に入りました。それからほどなく、とても大きな雨音!と思って外を見ると雹が降ってきたのです‼
雨もものすごい勢いで降ってきたので建物に入っていて良かったです。

カフェではお茶とアフタヌーンティーのセットを一人分だけ頼んで二人で食べました。
d0296626_08282277.jpg

帰るころには雨もやみ、ガーデングッズのお店でお揃いの帽子とエプロンを夫からプレゼントしてもらいました。
以前ここで購入したエプロンが壊れてきたので丁度良かったです。
d0296626_08284208.jpg

これでますます庭仕事が楽しくなります!
このあと、この日の宿、親湯温泉へ向かいました。




by usakichi71 | 2019-04-28 08:32 | おでかけ | Trackback | Comments(0)