カテゴリ:おでかけ( 236 )

大人のお散歩 その1

昨日は高校時代の友人とお出かけしてきました。年に1回会えれば良いほうなのですが、卒業してから35年、今でも会える友達は彼女たちだけです。昔から今まで、ず~っと友達でいてくれる本当に貴重な友達です。
集合場所は有楽町線の「江戸川橋駅」多分初めて降りたと思うのですが、駅の側を神田川が流れ、大きな道路の脇から細い路地がたくさん伸びていました。私たちは鳩山会館に行き、お庭を見ようと思っていましたが、スマホの地図を見ながらトコトコ歩いてたどり着いたのはなぜか裏口。その上、何かの会が開かれるらしく、臨時休業だったのです…。建物についてる鳩の彫刻の写真を撮り、せめて正面入り口を見て行こうと、正面入り口まで行ってみました。

d0296626_09300077.jpg

鳩山会館の裏手の端っこは「石川啄木初の上京下宿跡」という場所がありました。坂の上なので眺めが良かったようですね。特に建物は何も残っていないし、ゴミ捨て場の横なので、ちょっと石川啄木が可哀想かな…(-_-;)
d0296626_17151196.jpg
正面玄関に行ってみると、ひっそりと臨時休業の看板が…。ホームページにも出ていなかったけどな。
(家にも戻りホームページを確認すると、65周年の記念式典のため休館と、書いてありました。ホームページも見たのに、なぜ気が付かなかったんだろ~(;´Д`)?)
d0296626_09310580.jpg

バラが咲くお庭は坂の上みたいで、何も見えませんでした。残念。またいつか来てみたいです。

d0296626_09315404.jpg
残念なので、駅まで戻ると、近くにある「椿山荘」へ行ってみることにしました。椿山荘も大きなお庭があったはずなので、散歩には丁度よさそうです。それに、どこに行くのでも良いのです。お友達に会って、元気かどうか?とか最近の様子とか、とにかくおしゃべり出来るだけで嬉しいんだもの。

江戸川橋駅の近くの高速道路下の公園はとても素敵な空間になっていました。公衆トイレも綺麗だし、
d0296626_09320926.jpg

健康遊具や子どもの遊び場もありました。
d0296626_09322754.jpg
そして、神田川沿いに続く遊歩道。桜の季節は綺麗だったでしょうね。桜並木に藤棚等があり、もちろんベンチもあり、とても爽やかな道でした。神田川は水はそれほど無かったのですが、昔より綺麗になっているような気がしました。

d0296626_09323609.jpg

しばらく歩くと椿山荘の裏口(裏口に縁があるのかな?)に着きました。
散歩中の陸ガメさんにも会いました。足にガムテープ貼ったり靴下穿いたりしていましたが、アスファルトでは足が痛くなるのかしら?
d0296626_09325263.jpg

椿山荘の中は小さな森のように緑で一杯でした。池や小さな滝があり、樹齢500年のしいの木も…。ご神木として大切にされています。
d0296626_17341878.jpg

都会でも、近くにこのくらい緑がある場所なら暮らせるかな~?と思ったり。
d0296626_09331294.jpg
d0296626_09332570.jpg
d0296626_09334680.jpg
d0296626_09333487.jpg
結婚式場があるので、土曜日だったこともあり、何組かの新郎新婦を見かけました。昔ながらの白無垢姿の花嫁さん、良いですね…。

このあたりで、もう12時お昼の時間です。私たちは東京駅まで移動することにしました。
江戸川橋から東京まで、色々な行き方があったのですが有楽町線で大手町まで行くことにしました。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-05-20 21:09 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園と大多喜ハーブガーデン〜

バラ園の中にあるホテル ローズヒル。朝起きて、窓の外を見ると、お庭!もちろん、朝ごはんの前に散歩に出かけました。
d0296626_21283866.jpg
テーブルと椅子の置いてある1階フロアー。でもここでは食事はしません。
d0296626_21295271.jpg
味わいのあるバー。でも、お酒は飲まないで寝てしまいました…。
d0296626_21295856.jpg
お庭に出ると朝日を浴びて、お庭が喜んでいるようです。爽やかです。
d0296626_21300720.jpg
バラ以外の植物も綺麗なので、たくさん写真を撮りました。
d0296626_21301098.jpg
バラには朝露が光っています。綺麗だね~。
d0296626_21302537.jpg
ハーブもたくさん植えてあります。
d0296626_21301915.jpg

d0296626_21313279.jpg

朝ごはんのサラダ。トマトがバラの形です。
d0296626_21315262.jpg

キウイフルーツの棚があり、花をつけていました。キウイの花ってこんなだったのね…。

d0296626_21323334.jpg

お世話になったホテルを出発し、早めに家に帰ります。
d0296626_21334888.jpg

d0296626_21340832.jpg
でも、すぐ近くにある「大多喜ハーブガーデン」には寄っていくことにしました。
大きなビニールハウスの中で、ハーブが栽培されていて、他にもお店があり、色々楽しめます。

d0296626_21352089.jpg

d0296626_21352442.jpg

d0296626_21353118.jpg

屋台で買ったアジアンスイーツが美味しかった。他に手作りのお店やハーブティー等のお店もありました。お土産に苗も購入。

d0296626_21353680.jpg

海ほたるは満車で入れませんでした。こうして、一泊二日の千葉旅行は終わりました。急に行くことになったけど、結構充実した旅になり良かったです。千葉にも良い所がたくさんありますね。また行きたいと思います。
d0296626_22073522.jpg

おわり


[PR]
by usakichi71 | 2018-05-19 22:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園〜

d0296626_20423525.jpg

大多喜町に着いたのは4時過ぎでした。急な坂を登った上に、バラ園があります。ホテルはバラ園の奥の方に建っていました。小さなホテルですが、静かで落ち着きます。


d0296626_20442101.jpg

お部屋の中も良い感じです。
d0296626_20582404.jpg

ホテルにチェックインしてから、夕暮れせまるお庭を散歩しました。夫は運転で疲れたのか、部屋で寝てました。

青いヤグルマギクがたくさん咲いていて、バラ以外の花も楽しめました。

d0296626_20464283.jpg
d0296626_20424458.jpg


バラは草ぶえの丘バラ園よりも咲いていました。種類も私の知っているバラか多くて、一つ一つ、匂いをかぎながら廻りました。


d0296626_20421715.jpg
d0296626_20482194.jpg
d0296626_20415609.jpg

バラ園には小さなチャペルもあり、結婚式にも使えるみたいです。

バラ園の終わる時間になってもホテルに泊まるのでゆっくり見ていられます。可愛い橋や池もあります。

d0296626_20430724.jpg
葉っぱがお花の様なペインテッドセージ綺麗でした。
d0296626_20425476.jpg

楽しく歩ける庭でした。
d0296626_21023300.jpg
のんびりと散歩してから部屋に戻り、食事に別棟のレストランへ出かけました。
日が暮れていくバラ園を眺めながら食事しました。
d0296626_20495331.jpg

ホテルも、レストランも天井が温室の様になっています。


d0296626_20510914.jpg
d0296626_20550339.jpg
d0296626_21052849.jpg


とてものんびり出来るホテルでした。夕ご飯で飲んだワインはローズワイン。バラの香りがしましたよ!


でも、バラか咲いていない時はどうしてるのかな〜?と心配になりました…。春と秋はバラか綺麗でしょうが、冬は…。他の植物で人を呼ぶか、建物内でイベントをするのかな?せっかく植えたバラがいつまでも残るように、丘の上バラ園に頑張ってもらいたいです。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-05-18 07:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~DIC川村記念美術館の庭~ 

ゴールデンウィーク、バラ園旅行の続きです。草ぶえの丘から美術館へは10キロも無いので、直ぐに着きました。連休中だからか、とても人が多く、臨時駐車場に案内されるほどでした。
私達が着いたのは11時半だったので、先に美術館のレストランで食事してから見に行こうか?と、レストランに寄ってみると、なんと、20件ぐらいの先約が…!諦めようかとも思いましたが、先にお庭を見学していたら順番が来るかも…と、思い、順番待ちの紙に名前を記入して、美術館の周りの庭を見学に行きました。

美術館の前には大きな池があり広い芝生が気持ちの良い風景を作っています。
d0296626_20174179.jpg

d0296626_20174948.jpg

池の周りは散策路になってます。敷地は30ヘクタールという広大なものです。
d0296626_20175995.jpg

白鳥が巣を作って居ました。卵を温めているのかな?白鳥の他にも鳥がたくさんいるようで、鳴き声が聞こえました。

d0296626_20180500.jpg

大きな広場もありました。お店も出て、家族連れがたくさん。気持ちの良い天気ですものね。


d0296626_20190509.jpg

もう一つ池があり、睡蓮や花菖蒲が咲いていました。
d0296626_20194173.jpg


芍薬の花も咲いていました。
d0296626_20181738.jpg


木漏れ日が気持ちのいい散歩道です。

d0296626_20183382.jpg

散策路を一周して、レストランに戻ると、丁度順番が回ってきました。パスタランチは1,600円。とってもリーズナブルです。

d0296626_21253100.jpg

お昼のメニューは他にメインをお肉かお魚か選べます(値段は違います)。前菜と食後のデザートは同じです。夫はお肉。私はパスタにしました。
d0296626_21261032.jpg


d0296626_21263995.jpg

お庭を見渡せる素敵なレストランでした。

d0296626_21271361.jpg
食事の後は美術館を見学して、大多喜町にあるローズヒルへ向かいました。

つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-05-16 07:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~佐倉草ぶえの丘バラ園~ 

パソコンが壊れていましたが、初期化することでまた使えるようになりました。データを保持したまま初期化したのですが、インターネットのお気に入りが無くなってしまったり、色んなダウンロードしたプログラムは消えてしまいました。でも、新しいパソコンを買うことを考えたら、ラッキーです。これでやっと、千葉の事が書けます。

出かける前に我が家のバラ「イントゥリーグ」(手前の赤紫のバラ)の香りを嗅いでから行きました。イントゥリーグはとてもいい香りなんです。
d0296626_16460999.jpg
ゴールデンウィークの後半、千葉へ行ってきました。行こうと決めたのは3日の午後。行ったのは4、5日なので、無計画に突然決めてしまいましました。でも、決め手は千葉の大多喜町にある「ローズヒル」と言うホテルの予約が取れたこと。バラ園の中にあるホテルです。バラの季節にバラ園に泊まれるなんて、そうそう無いことです。なので、ゴールデンウィークでちょっと値段は張りましたが、夫と二人で行ってきました。千葉には他にも京成バラ園等がありますが、京成バラ園には日帰りで何度か行ったことがあるので、今回は佐倉市にある、「佐倉草ぶえの丘バラ園」も見に行くことにして、4日の朝早く家を出ました。


d0296626_16502671.jpg
草ぶえの丘は千葉県の上の方で、我が家からは首都高速で東京ディズニーランド方面に行くことになります。渋滞が心配でしたが、無事通過。8時ごろには佐倉市に到着しました。途中のコンビニでコーヒーを飲み、それでも開園の前に駐車場に到着しました。
このバラ園は市の施設ですが、バラ園の前身は「アルバ」と言う別の民間のバラ園です。そこからこの場所に移設され、今はボランティアの皆さんが手入れなどの運営をしているそうです。日本のバラ界の偉人「鈴木省三」さんともゆかりが深く(アルバのバラは鈴木さんから譲り受けた物だったので)、資料館には鈴木省三さんが集めて研究したバラの資料があるそうです。でも私達が行った時は閉まっていて、見ることが出来ませんでした。(あとから、希望すれば見せてもらえたかもしれないと知りました。)
このバラ園は原種とオールドローズの収集・保存が目的なので、今、流行っているようなバラはありません。でも、バラの本来の姿や、美しさを知るためにはとても良いバラ園だと思います。
原種のバラ。とても可愛いです。
d0296626_16513628.jpg

佐倉草ぶえの丘のバラは原種のバラや希少なバラが多いので、私も知らない名前ばかりでした。ただ、鈴木省三さんの作出したバラはたくさんありました。
バラはまだ蕾が多く、見頃はもう少し先のような感じでした。鈴木省三夫妻のレリーフが飾られています。
d0296626_16511069.jpg
日本のバラコーナー。
d0296626_16515940.jpg
日本原産のバラコーナーには「ハマナシ」や「サンショウバラ」がありました。
葉っぱがサンショウみたいだな〜?と見ていたら、そんな名前でした。
d0296626_16522047.jpg

他にも中国のバラコーナーやアジアの原種コーナー、ルドゥテコーナー(ナポレオンの妃ジョセフィーヌの庇護を受けてマルメゾン宮殿のバラを描いたルドゥテの図譜にあるバラのコーナー)等々、見ごたえのあるバラ園でした。ただ残念ですが、まだ蕾が多く、花はもう少し後がピークのようです。

d0296626_16523602.jpg

広い園内に1,050種2,500本のバラが植わっています。ローズフェスティバルは5月19日から6月10日の予定でした。

d0296626_16525775.jpg
スゴイ棘のバラもあります。痛そうだな~。手入れが大変そうですが、手入れはボランティアで行っているそうです。偉いな~。
d0296626_16561224.jpg
草ぶえの丘にはこどもの遊ぶ場所がたくさんあり、多くの親子連れで賑わっていました。こいのぼりも泳いでます。

バラ園は開園と同時に入ったので、まだ時間がありました。丘の上バラ園のある大多喜町へ移動する前に、DIC川村記念美術館へ行くことにしました。

つづく






[PR]
by usakichi71 | 2018-05-12 15:40 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二泊三日の断食体験その4 〜断食で痩せるのは難しい〜

二泊三日の断食体験はあっという間に最終日。この日は朝のお祈りと瞑想、それから体操(ツボ押し?みたいなの。)2時間に参加して、朝ごはんのスムージーを飲んだらおしまいです。朝からまだ頭痛は続いていました。
お祈りは唯一、神社らしいところですが、強制では無いので、参加者は半分くらいでした。瞑想しょうとしても、全然無心になれない私…。
体操の前にお薬を貰って飲んだので、頭痛は良くなりました。
経絡という、気の通り道をほぐして、健康になる体操です。とにかく念入りにほぐします。家でも毎日出来たら良いのにな〜。でも家に帰ると10分でも難しくなってしまう…。通勤や昼休みにやるのが良いかな?とか考えてしまいました。

同じく初めての参加だったYさんと、帰り道に小田原に寄りお土産を買いました。小田原に寄ったのは初めてでしたが、練物や梅干、干物、とたくさんの名物のお店があり、それもお買い得な物も多くて、また来たくなりました!教えてもらったYさんに感謝です!英語の勉強の仕方も教えてもらえたし、新しい出会いが嬉しかったです。

こうして、二泊三日の断食体験は終わりました。家に帰り体重を測ると、1.4キロくらいは減っていましたが、3日経った現在、もう、元に戻りつつあるような…。それに、断食による頭痛にはびっくりしました。
断食は痩せるためじやなくて、体質改善とか、食べ過ぎのリセット!と思った方が良いな、と思いました。とにかく、食べ過ぎは身体に良くないって言う事は再認識。野菜中心の食事を考えようと思います。

断食だけじやなくて、登山やウオーキングのオプションが楽しい根府川の断食道場。また、行きたいな〜!と思いました。

d0296626_11061016.jpg


今日からまた連休。嬉しいな〜!

[PR]
by usakichi71 | 2018-05-03 10:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二泊三日の断食体験その3 〜大雄山最乗寺へ〜

2日目のオプションはまた、軽登山とウオーキングを選ぶ形だったので、私は勿論、歩く方を選びました。でも、目的地の大雄山のお寺は最後に階段があるらしく、それはちょっと大変そうだったのですが、登山よりは楽なはず…と思い決めました。留守番していても、やることも無いし、温泉にも行きたいし!

d0296626_21490948.jpg

大雄山までは途中、久野林道を6キロほど歩く予定でしたが、連休の渋滞に少し巻き込まれたので、少し短く4キロ位を歩きました。なぜか頭が益々痛くなります。
林道の途中でまたオニギリのお昼を食べました。
オニギリは玄米と小豆を炊いてから三日間寝かせた物で作るそうで、柔らかくて美味しかったです。食べたら頭が痛いのも治るかな?と思ったけど、治りませんでした。
d0296626_21500959.jpg
林道から大雄山へ車で移動して、大雄山最乗寺の境内に入ります。最乗寺は曹洞宗のお寺で、天狗がたくさん祀ってありました。
d0296626_21511394.jpg
天狗の履く高下駄やヤツデのモチーフがあちこちにありました。天狗は後から調べると、道了尊という、修験道の行者の姿を表しているようです。道了尊は一人で500人力の力を発揮し、最乗寺を一年で完成させるよう、協力したそうです。最乗寺を作った了庵慧明禅師が亡くなると、道了尊は天狗になったという伝説が残っていて、それで最乗寺にはたくさんの天狗の像や高下駄があったのです。
そして、古いお寺だけあって、巨木と美しい自然が残っています。
d0296626_08463615.jpg

小田原から大雄山線と言う電車で来れるんだよ。と仲良くなったYさんが教えてくれました。天狗の小道を通ってくると気持ちがいいし、十八丁目茶屋のとろろがおいしいよと教えてくれました。
本当にきれいなお寺で、シャガが満開でした。あじさいの花も多く、梅雨時も良さそうです。
d0296626_21493927.jpg
そして、階段…。真っ直ぐになが〜い…。久遠寺の男坂ほど急ではありませんが…。頭が痛いので、本当にユックリ登りました。
d0296626_21522479.jpg

登り切った先には奥の院があり、お堂の中に入って参拝できます。

大雄山の後は温泉です。この日は箱根湯本の日帰り入浴施設「箱根の湯」へ連れて行ってくれました。
ここも綺麗で良い温泉でした。

でも、頭が痛いのは直りませんでした…。
寝不足?脱水症状?低血糖?分かりませんが、ご飯が少ないのは耐えられるのに、頭の痛みが辛くて、夕方の2時間の体操は途中で退出してしまいました。夕ご飯はお皿一杯のサラダとお豆腐においしいタレのかかった物でした。

つづく


[PR]
by usakichi71 | 2018-05-03 08:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二泊三日の断食体験その2 〜富士山を見に行きました〜

二日目は朝、三時半に起床して、赤富士を見に行きました。根府川から車で箱根まで行き、日の出で赤く染まる富士山を見ると言うオプションです。真っ暗な中を出発して、日の出の前に「富士見ケ丘公園」に着きました。分厚い銀マットと寝袋を借りて、公園(と言ってもただの広場)に行き、マットを敷き日の出を待ちます。雲の向こうにきれいな富士山が見えました。
d0296626_20274957.jpg
朝焼けの光が当たり富士山が赤く染まるのを赤富士と言うのですが、残念ながらこの日は赤くは染まりませんでした。
朝日は赤かったんですけどね…。


d0296626_20334186.jpg
風が強く、寒かったので、寝袋の中に入って、寝転がって富士山を見ていました。
私達はそのまま、2時間程寝袋の中で眠りました。外で眠るのは疲労回復に良いんですよ、と説明がありました。

d0296626_20335006.jpg

8時近くになり、お日様の光が暖かくなって来て、みんな起き出すと記念写真を撮り始めました。
いつの間にか、私達以外の人も来ていて、外国人の男の人がスマホで自撮りしょうとしているのが見えました。え〜っと、「写真撮りましょうか?」って、何て言えば良いんだっけ?英語の勉強し始めているのに、咄嗟に出て来ないよ〜!仕方なく、ジェスチャー&日本語で、「撮りましょうか?」と伝え、無事撮影できました。そうしたら、相手の外国人さんが、「僕もあなたの撮りましょうか?」と英語で言って来てくれました。言っていることは分かるのに、何で言えないんだろう…。「サンキュー」と言って撮ってもらい、別れ際に「Have a nice day!」と言うので精一杯でした。外国人さんは半袖だったので、寒くないですか?とか、聞きたかったのに、言葉が出ない…。とても残念でした。

d0296626_20372932.jpg

その後、私達は箱根神社にお参りして、道場へ戻りました。箱根神社はもう、何回も来ているし、子どもたちとの思い出も色々。懐かしいな〜。九頭龍神社は社殿が新しくなっていました。参拝者が増えたせいでしょうか?良い事だと思います。
d0296626_20373858.jpg


d0296626_20382254.jpg
この後、道場に戻ると、リンゴとなにか?のスムージーみたいな朝ごはんが出ました。この頃から何だか頭が痛い…という感じが強くなって来ました。何でかな?

そして、またオプションのお出かけです。

つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-05-01 22:02 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二泊三日の断食体験その1 ~真鶴半島お散歩~

連休の前半は自分のために使わせてもらおうと、二泊三日で断食をしに行ってきました。肥り過ぎを解消して、のんびり自分の時間を過ごしたい…、と思ったのです。

インターネットで検索し、出てきた近場の断食道場は、神社が経営する道場でした。家族は「宗教に勧誘されるかも…。」とか、「何か勧められても断らないとダメだよ~。」等々心配していたのですが、特にそれは心配ありませんでした。朝のお祈りの時間は参加自由でしたし、リピーターの人が多いのが安心感を感じさせてくれます。半分以上の人がリピーターさんでした。
それに参加者の年齢層は平均30代かな?私は年配の方です。

初日は一人、電車で目的地へ。2時間もかからず到着しました。道場がある東海道線「根府川駅」は熱海の一駅手前。家からの電車賃も約1,200円です。こんなに近くだったんだ~。迎えの車に乗って道場へ。山の中の合宿所という感じです。
着くとすぐにみんなオプションに出発します。オプションはその時の参加者の人数によっても違うようなのですが、この日は軽登山か真鶴半島のトレッキングだったので、私は真鶴半島に行くことにしました。
d0296626_19514509.jpg
d0296626_19532844.jpg
スタート地点は貴船神社。そこまでは道場の車で送ってもらいます。珍しい親子狛犬さん。可愛いので撮ってしまいました。
長い階段を登ってお参りをしてから、海沿いの道を歩きました。
d0296626_20014263.jpg
海の水はとても綺麗で、お天気も良く、とても気持ちよく歩くことが出来ました。海沿いから坂道を登り真鶴半島の森の中へ。真鶴の森はクスノキ、クロマツ、スダジイの3種の木が主で、枯葉には養分が少なく、常緑樹なので森の中にはあまり日が差さないので森の中には動物の餌になるような植物が育ちません。なので、動物が住んでいないんだそうです。(鳥はたくさんいそうです。観察小屋もありました。)それに火山噴火の溶岩で半島が出来ているので土の中も岩ばかりなんだそうです。
d0296626_20300562.jpg
そんな説明をしてもらいながら、森の中を歩きました。樹齢300年以上の巨木がたくさん…。木漏れ日がとても綺麗です…。
d0296626_20302156.jpg
キノコやシダ、苔など、日陰の仲間たちがたくさん。植物観察をしながら歩くのはとても楽しいです。
d0296626_20303379.jpg
森を抜けたら海沿いの遊歩道を歩き、松の木の木蔭でお昼ご飯を頂きました。お昼は小豆の入った玄米と梅干のおにぎり一個とドライプルーン2個。それからショウガの入ったお湯。波の音を聞きながら食べるおにぎりは格別の味でした。
d0296626_20312095.jpg

海沿いの道には可愛い花が群生して咲いていました。家に帰ってから調べると、この紫の綺麗な花は「浜大根(はまだいこん)」。風に揺れてしまうので、手で押さえてシャッターを切りました。
d0296626_20313359.jpg

可愛い白いツユクサ「常盤露草(トキワツユクサ)」のようです。本当に可憐で綺麗でした。
d0296626_20313851.jpg

お昼を食べて歩いて、「三ツ石」まで行き出発地点まで戻りました。トンビとカラスが飛んでいました。
子ども達が小さい頃、ここで遊ばせたな~と思い出し、懐かしさで一杯でした。
d0296626_20320844.jpg

トレッキングが終わると汗を流しに近くの温泉に車で連れて行ってくれます。私たちは湯河原温泉のニューウェルシティ湯河原「いずみの湯」へ連れて行ってもらいました。綺麗な温泉で良い温泉でした。私と同じく初めて参加の方と、断食に来たはずなのに何だか充実してるね、と喜び合ってしまいました。

でも、この後、道場に戻るとみっちり2時間の経絡体操に悪戦苦闘…。体の硬さには自信があります。五十肩の後遺症で肩が上がらないしね…。そのあとお皿一杯のクリーンサラダと暖かい豆乳の夕食を頂きました。少ないけど、やっぱり断食道場だし、仕方ないか…。

つづく。


[PR]
by usakichi71 | 2018-04-30 21:33 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二男に会いに内原へ

昨日は二男に会いに、一人で内原まで行きました。
風邪引いたばかりなので5月にするよ、と言うと、ガッカリする二男。「やっぱり行くよ。」っていってしまいました…。
内原は常磐線の水戸の手前なのですが、近そうで遠い。今日も朝10時前に家を出て、途中で常磐線の特急に乗り換えても3時間、というところだったのですが、乗り換えて特急券を買おうとしたら、発券機に長蛇の列、乗り換えには7分ぐらいしか無く、ぎりぎりのところで買う事ができず、券なしで乗れるのか分からなくて、乗る事がが出来ませんでした…。後で別の駅の駅員さんに聞いたら、少し割高になるけど、列車内でも特急券は買えました。
でも、今日は乗り遅れてしまったので、あとから来た各駅停車に乗ったのですが、1時間も余計にかかってしまい、行くだけで4時間です。車も首都高が渋滞すると、同じくらいかかります。とにかく、近いようで遠いな…。

途中、30分も待つ駅があったので、立ち食い蕎麦を食べました。でも、不思議だな…特急に乗り遅れて、30分も待ったのに、着く時間は1時間しか変わらないなんて…。特急に乗っても乗らなくても、たいしてお得な感じがしません。

仕方ないので、持ってきた本を読んだり、居眠りしたり…してました。

帰りの電車も特急に乗っても乗らなくても3時間以上かかるので、諦めて各駅で帰ってきました。

息子が世話しているブルーベリー。花がたくさん咲いていました。

d0296626_23025919.jpg

畑には小さな黒猫がいて、息子が仕事に来ると、いつも出て来て甘えるのだと言っていました。

d0296626_23035672.jpg

私が呼んでも知らんぷりの猫ちゃんでした。

息子の部屋で穴の開いたズボンの修理や紐通しをしてあげて、書類整理を手伝いました。カーテンの金具を直してあげて、ゴミを捨て…。でも前来た時よりきれいでした。二男とは久しぶりに長く話しましたが、昔より話しやすくなっていました。少しは大人になったのかな?









[PR]
by usakichi71 | 2018-04-22 12:42 | おでかけ | Trackback | Comments(0)