カテゴリ:おでかけ( 296 )

今年も元旦はお散歩

今日は2019年元旦。明けましておめでとうございます。
このところは毎年、疲れない年末年始を目指しているのですが、ついに昨日は大晦日のお楽しみの紅白も最後まで見ないで寝てしまいました。紅白の演出が年々デジタル化されて、見ていて疲れてしまうのと、まあ!こんないい歌があったのね…と感激することが少なくなってしまったのが原因かな?女の子が集団で歌い踊るアイドルたちは踊りはすごいけど、本当に歌ってるにかな~?なんて醒めた目で見てしまうし…自分の紅白を見る気持ちが冷え切っているので、感動も薄まると言うか…。男の子たちが刀を振り回して踊りながら歌うのは、CGなのか?と思ってしまい、ああっ、もう現実が何なのか分からなくなる…。とオバサン臭く落ち込む始末でした。

さて、そんなオバサン化した私は今年も元旦は夫と散歩に出かけました。目的地は特になく、お天気のいい街中をテクテク歩いてきました。
空は本当にきれいな青空で、雲一つなくて、風も無いので去年よりも暖かく感じました。

d0296626_16324501.jpg
途中、のどが渇き自動販売機でジュースを買ったのですが、同じジュースなのに値段が違うものを発見!もしかして120円で買えるの?と思ったのですが、130円でした(;´Д`)。
d0296626_16330276.jpg
夫とたわいない話をしながら地元から3駅先まで歩いて電車で帰って来ました。去年は4駅先まで歩いたから1駅分少ない。でも、いい運動になりました。

途中、たくさん雀が居るところがあって、慌てて写真を撮りました。何羽か分かりますか?可愛いな~。
d0296626_16332827.jpg
今年のおせちはいつもの年よりさらに省略版。昆布巻きも錦玉子も作りませんでした。量も少なめにしました。でもこれで十分でした。子ども達もほぼ完食してくれたし、私も疲れないで済みました。ゆず寒天がゆるくなってしまったり、エビが硬くなったり、失敗もあるけど、良しとします。平和な平成最後のお正月でした。

d0296626_16340429.jpg

雀さん、10匹が正解です。




[PR]
by usakichi71 | 2019-01-01 16:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

水戸の二男とお買い物

昨日、年末年始帰ってこれなくなった二男に会いに夫と二女と3人で水戸へ行ってきました。
帰省ラッシュで混むと思っていた高速道路は行きも帰りも渋滞がなく、本当に楽でした!

d0296626_16023781.jpg

ももちゃんは1.6キロになり、息子の散らかった部屋のなかを駆け回っていました。連れて帰っていいよ。と、息子は言いますが、今日はワクチン打ちに行くと言っていました。ちゃんと育てています。
d0296626_16032375.jpg
二男は誕生日が12月31日。大晦日です。なので、クリスマスから元旦までの一週間はいつも大忙しだったのです。クリスマスには子どもたち四人に、私たちからとサンタからのプレゼントを用意して、大晦日には二男への誕生日プレゼントとケーキ。そして年越しそば。さらに元旦にはお節とお年玉。

ところが今年は帰ってこないのです。楽だけど、何だか寂しい。

それで、昨日、プレゼントを買ってあげるために行きました。
寮の部屋でももちゃんと遊んで、洗濯物を手伝い、買い物に出掛けました。
プレゼントは暖かい上着と作業着や長靴です。それから焼肉を食べました。

二男の生活が安定するのはいつなのかな?一生懸命働いてるのにね…。

d0296626_16015762.jpg

[PR]
by usakichi71 | 2018-12-30 12:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

大和でクルミ割り人形を観ました

昨夜は長女のお友達の出演するバレエ「クルミ割り人形」を観に行ってきました。
d0296626_07310792.jpg

クルミ割り人形はとても有名だし、今さら説明不要でしょうが、クリスマスパーティーの夜が舞台です。今年はディズニーの映画も公開され、私も見てきました。クリスマスの頃になると、色々なバレエ団が上演しますね。お馴染みの音楽と子どもたちが喜ぶ演出で可愛らしく、私も大好きです。

大和駅近くのホールで行われたので、私は仕事を早目に抜け出し、長女と駅で待ち合わせて行きました。
この公演には長女の中3の時の同級生と高校の3年間同じクラスだったお友達の二人が、クララ役とシュガープラムフェアリー(日本語訳では金平糖の精)で出演していました。二人とも応援したい私ですが、高校の時から見守っているので、半分は親戚のような気持ちで見てしまっていました…。

クララは出だしからとてもノビノビとして踊っていました。それに体の芯が本当に真っ直ぐに出来ていて、長いネグリジェのような衣装の裾が美しく円になり広がり、楽しそうでした!クララは物語の全体に何度も躍りがありますが、マイムのような振り付けが多いので緊張していると務まらないのかもしれませんね。
クルミ割り人形のプリマはシュガープラムフェアリーです。彼女は第2幕からしか出演しません。元々とても美しいのですが、女王の美しさは存分に表現出来ていました。ただ、とても緊張していたのか?彼女のいつもの伸びやかさが初め感じられず、とても固く見えました。私は素人なので心配なあまりそう感じてしまっただけかもしれませんが…。一人で踊る緊張はオリンピックの選手並みかもしれません。でも、バレエが好きで好きで、人並みならない努力を重ねてきている事を聞いているので、大丈夫だよ!と応援の視線を送り続けました!

彼女がノビノビと踊っていると感じたのは最後のお菓子の国の他の妖精たちと一緒に踊るシーンでした。この公演が彼女にとっては満足な結果だったか?分からないのですが…。私には彼女の実力が出しきれなかったのでは?と感じてしまいました。長女はそうは感じなかったと言っていたので、おばさんの思い違い?かもしれません。
それにしても、天性の優美さとバレエの才能を持った彼女の将来がとても楽しみです。




[PR]
by usakichi71 | 2018-12-27 07:47 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

春草で忘年会

今日は職場の友達との忘年会です。初めての職場で知り合い、かれこれ34年か33年来の友です。
若かりし頃は、スキーや旅行にも何度も行きましたが、子育てが始まってからはご無沙汰していました。最近は年に何度かの飲み会が定例に!
今日は世田谷の「春草」で豪華なコース料理を頼みました!お料理もとても美味しかったのですが、友達の頼んだ日本酒で福島のお酒の「冩楽」はまるでワインのような良い香り、味もとっても爽やかで日本酒じゃないみたい!

d0296626_22113495.jpg

d0296626_22174826.jpg

d0296626_22195447.jpg

d0296626_22210312.jpg

写真の料理以外も一つ一つ、色んな素材、色々な味付けでとても楽しく食べられました。
緑のお皿の上のお料理にはカニの上に洋梨のソースがかかっていました。目にも舌にも楽しいお皿が出てきました。美味しいものが少しずつなのが嬉しいお年頃の私たち…。お肉やお魚も少しずつ美味しいものを食べたいねと話しました。

デザートまで、全部美味しかった!

d0296626_22185963.jpg

器も素敵なので、目でも舌でも和食の楽しさを味わえました!

今年もあと少し、頑張ろう~!




[PR]
by usakichi71 | 2018-12-21 22:17 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

西部の娘 ~自分を知らないと言うことは…。~

昨日は本当はおじさんの特養にお見舞いに行く日だったのですが、母の老人会のカラオケの日と重なっていたので一昨日、兄が代わりに行ってくれました。お陰で昨日は暇になった私。久しぶりにMETライブビューイングでオペラを観に行ってきました。
昨日やっていたのは「西部の娘」。もちろん観たことありません。プッチーニの作品です。
プッチーニは蝶々夫人やラ・ボエーム等あまりにたくさんの名作を作ってしまったので、その中では「西部の娘」はあまり上演されていないようですね。


d0296626_17334082.jpg

アメリカの西部、鉱山の荒くれ者たちが集まる酒場が舞台です。主人公のミニーは独り身で、ニックと二人で酒場を経営する逞しい女性です。鉱山の労働者たちは仕事が終ると酒場に集まり酒を飲み賭け事をして、喧嘩を繰り返し、暴れまわります。そんな中ですが、みんなミニーが大好きで、ミニーと聖書の勉強会をやったり、ミニーにお金を預けたり…。みんなミニーには頭が上がらないのです。荒くれものたちも、鉱山の暮らしが耐えられなくなった仲間がいると、お金を集めて故郷へ送り出してあげる優しさがあります。酒場に集まるの鉱山の労働者だけでなく、ランス保安官もミニーに惚れている一人です。でも彼には別居している妻がいることをミニーは知っていて、相手にしません。
そんなある日、ディック・ジョンソンという男が店に立ち寄ります。ジョンソンはミニーが昔、会ったことのある男で、名前も知らなかったけど、もう一度会いたいと思っていた人だったのです。恋に落ちたミニーは自分は無知でジョンソンにふさわしくない女だと卑下します。この町の中では女神のように讃えられ、引く手あまたの自分でも、外の世界から見たらただの無知な独身女であると…。ミニーはそう思うのです。そんなミニーと優しくワルツを踊るジョンソン…。実はジョンソンは盗賊団首領でミニーの店のお金も盗もうと思っていたのに、盗めませんでした。

山奥の中にあるミニーの家にジョンソンが招かれます。二人で語らい、口づけを交わします。お互いに惹かれあう二人ですが、ランスやニックがやってきます。ジョンソンをとっさに隠したミニーですが、ジョンソンは本当は盗賊団の首領で愛人がいると聞き、ランス達が帰った後に、ジョンソンを追い出してしまいます。

しかし、外に出て森でランスに銃で撃たれて傷を負ったジョンソンをミニーはまた家にかくまってしまいます。ランスはミニーの家でジョンソンを見つけますが、ミニーとポーカーで勝負し、ミニーのいかさまに気が付かずに負けてしまいます。ミニーが負ければジョンソンもミニーもランスのもの、ミニーが勝てば、ジョンソンはミニーのもの。ランスは仕方なく帰っていきます。

でもジョンソンを追っていたのはランスだけではありません。何日か後、ついにジョンソンは捕らえられ縛り首の準備がされます…。
死ぬのは構わないでも、一つだけお願いがある。自分が死んだことは言わないでくれ、そうすればミニーはここで自分を待って暮らしていくだろう…。
そう皆に懇願するジョンソン。

早く縛り首にしろ!とランスが命じる中、ミニーが駆けつけます。そして、恥も外聞も何もかも投げ捨てて、この人を助けて!と集まっていた男たちに頼み回ります。愛する人のためならいかさまもする、どんな人にも頼み事をする、財産も何もかも捨てる!

鉱山の男たちは皆、ミニーには恩義を感じているのです…。彼女に惚れていた鉱山の男たちは皆、ジョンソンを許してしまいます。この日のために今までの人生があったんじゃ無いか?と思ってしまうような展開です…。

そして、そんな風に大勢の人に影響を与え、絶大な力を持っていると、ミニー自身は気が付いていたのかな?

彼女は知らなかった、だから何よりも強い武器になったのでしょう。

去っていくミニーとジョンソンに向かって銃を構えるランス…。でも、撃つことは出来ません。

オペラにしては珍しいハッピーエンド!良かったです。音楽的にもとても素晴らしいとの解説がありましたが、その点は良くわからない私でした…。

プッチーニのオペラはこれで、ラ・ボエームトゥーランドット蝶々夫人トスカと5作を観たことになるのかな?
どれも素敵なお話と歌がありますね…。でも、必ず悲劇が含まれています。
西部の娘はとても珍しく誰も死にません!アメリカで初演だったからでしょうか?







[PR]
by usakichi71 | 2018-12-10 22:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二女とお出かけ

長女も長男も大きくなって、二男も家をでているので、私が細かく面倒を見ないといけない子どもは二女一人です。
二女は末っ子のせいか?甘やかしてしまったのか?電車やバスにも一人で乗った事が少なくて、高校受験で地元の町からちょっと離れた場所まで通学するのがちょっと心配なぐらいなのです。

これじゃいけない!と、土日は電車に乗って、一人でも電車に乗れるように練習です。

まずは高校の近くまで…。
d0296626_19383156.jpg

日曜日は渋谷まで。

ついでに渋谷で展覧会を見てきました。

d0296626_19335318.jpg

二女は美術の勉強にもなったね!
それに、やっぱり本物を間近に見ることが出来るのはとてつもなく贅沢ですね。印刷されたものは本物とは違います。

d0296626_19350194.jpg
渋谷でもクリスマスツリーがあったり、可愛いグッズが売っていたりしたのですが、二女は渋谷は怖いし嫌いと言っていました。
私に似て、田舎が好きな二女なのです。

土曜日に見た鴨さんたち。一列で寄ってくる。餌を貰えると思ったのかな?

d0296626_19354714.jpg

土日はそんな訳で両方とも出掛けたのであっという間に終わってしまいました。
時間って、毎日キッカリ24時間しかないし、貯めておくことも、はや回しすることも出来ません。この日は速く、この日はゆっくり、とか出来ないのに、土日はいつも素早く終わってしまう気がします。










[PR]
by usakichi71 | 2018-12-03 18:57 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

収穫祭と、ももちゃん

今日は水戸の二男の職場の収穫祭に行ってきました。連休だから混む!と言う夫の指令で朝の5時には出かけましたが、外はまだ真っ暗。お月様が見えました。

途中、サービスエリアで朝御飯にお蕎麦を食べて、七時半には到着していましたが、ももちゃんにも会いたかったので、着くと直ぐに二男の部屋へ。
二女は初めて会うももちゃんがとても小さいのに驚いていました。私は2回目なので、初めて会ったときより大きくなっているので、安心しましたが、今の体重は約1キロ。寅吉の半分にもなっていません。でも、もう充分元気になっていて、育つだろうか?という心配はしなくても済みそうです。
d0296626_19485359.jpg

元気に部屋の中を走り回るももちゃん。写真を撮ろうとしてもブレブレ…。初めは大人しく見えたけど、慣れてくるとウゥー!と低く唸ったり、生意気になった?一面も…。キジトラは茶トラよりも身体能力が高いらしいと、どこで仕入れたのか知りませんが、そんな事を言っていました。息子はももちゃんが可愛いけれど、夜中に起こされたり、餌やトイレの世話があったり、疲れてきたのか?連れていって良いよ、なんて言うこともありました。
いつか、もしかしたら本当にそうなってしまうかもしれませんが、もう少し、頑張ってと、言ってきました。生き物を育てる責任や、愛情をもっと感じてくれたらな~、と思います。
d0296626_19572328.jpg
収穫祭では野菜にお肉、パンやお菓子、それからお花も買って来ました。明日、庭に植えようと思います。ビオラは市販の半値近い安さでした。
d0296626_19562588.jpg

いいお天気に恵まれて、例年通り、フラダンスの発表もありました。フラダンス、好きだな~。いつか習ってみたいな~。
と、思いながら見ていました。



[PR]
by usakichi71 | 2018-11-23 20:15 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ガーデンカフェ・グリーンローズでリース作り

今日は友達に誘ってもらい、埼玉県の毛呂山にあるガーデンカフェ・グリーンローズにクリスマスのリースを作りに行ってきました。
グリーンローズには約4年くらい前に、同じ友達と来たことがあります。その時は秋の初めで、コスモスがたくさん咲いていたな~。

今日はリース作り開始の10時に間に合わせるために、いつもより早起きして行きました!気温は低くて、もう手袋が要るかな~?と思うくらい寒かった!
d0296626_20532165.jpg
職場の同僚に何だか元気がないと心配されちゃったから、元気をチャージしないと~!!

横浜線で八王子まで行き八高線に乗り換えると、ものすごい混みようでしたが、隣の北八王子まで…。そこからは朝でもガラ空きでした。
電車のなかでは本を読みました。最近、本も読んでない…。これからは、もっとユックリ生きるんだ!と、最近の決意を思い出しながら行きました。
d0296626_20540604.jpg
駅で友達と待ち合わせ、グリーンローズへ。到着すると、グリーンローズはまだ花がいっぱい咲いていました。この日は庭の公開は終わった後の日だったので、もう晩秋の景色で庭の花も終わっているんだろう…。と思っていたら!大間違いでした!
d0296626_20541066.jpg

d0296626_21012093.jpg
d0296626_20543859.jpg
d0296626_20554621.jpg

カフェはテラスと店内がひとつづきの空間で、とても居心地のいい場所です。優しい先生とオーナーの斎藤さんに説明を受けながらのんびりとした、でも、充実した時間でした。生の植物を円形のオアシスにアレンジして作るリースです。初めての経験でしたが、とても楽しく出来ました。
d0296626_20560826.jpg
d0296626_20561641.jpg
d0296626_20574272.jpg

リースが出来たらお菓子とお茶を頂いて解散です。
d0296626_20575548.jpg
d0296626_20580444.jpg
d0296626_20580060.jpg
お庭ももう少し見てからグリーンローズを後にしました。

友達と毛呂駅に戻り、四年前と同じラーメン屋さんでラーメンを食べました。柚子の皮が入っています。この辺りは柚子が特産品なんです。

イギリス旅行の写真を見せたり、とても楽しい時間でした。
d0296626_20555412.jpg
友達は旦那様とイギリスをレンタカーで観光したことがあるそうです。すごい勇気!私は怖くて出来そうもありませんが、また、イギリス行ってお庭を見てきたいものです。

家に帰るともう暗い。リースを玄関に掛けて自己満足。クリスマスまではこの綺麗さは持たないかも知れませんが、自分で作った物を飾る嬉しさは格別ですね!

誘ってくれたIさんありがとうございます(^-^)。









[PR]
by usakichi71 | 2018-11-21 20:14 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

ハロウィンの横浜イングリッシュガーデン

昨日の二女の合唱コンクールの帰り、夫と私は二人で横浜イングリッシュガーデンに行ってきました。横浜イングリッシュガーデンは平沼橋の住宅展示場の中にあります。我が家を建てる時、この住宅展示場に何度も打ち合わせに来たので夫と私には思い出の地。それから横浜イングリッシュガーデンが昔「横浜バラクライングリッシュガーデン」だった頃、ここにコンテナガーデンのセミナーを受けに通っていた事もありますあります。
d0296626_19520566.jpg
その頃の庭は奥の方は広い芝生だけのシンプルなものでした。そしてここは植物園じゃなくて庭だからという考えで植物の名札も付いていませんでした。よく考えれば、そっちの方が本場のイングリッシュガーデンに近い形だったと思うのですが、今は奥もとてもたくさんの植物やバラが植えられて、何時間居ても飽きないようになっています。そして植物の名札も付いています。バラも香りや形を見て好きなバラを探すこともできるのです。それはとても嬉しい事です。

時期が時期だけあって、園内はハロウィンの飾りが一杯。
d0296626_19522660.jpg

d0296626_19523313.jpg

d0296626_19530189.jpg

d0296626_19552123.jpg
芝生の上が墓場~。園内ではバラも見ごろなので撮影をする人がたくさんいました。ワンちゃんを連れて来てハロウィンの撮影している人がたくさんいました。平日なのに大賑わい!空も秋の爽やかな空。とてもリフレッシュ出来ました!
d0296626_19552897.jpg
d0296626_19554442.jpg
d0296626_19560873.jpg
d0296626_19530812.jpg
桜の花も咲いていて、これは10月桜?普通の桜?
バラも本当にたくさん咲いていましたよ。園内の中央を通る大きなバラのアーケードは一季咲きのバラなので咲いていませんでしたが、秋でもこんなに咲くんだ〜!と感動しました。(夕方で西日になってしまったので、あまり載せていません、綺麗でした〜!)

イギリスに行ってきたばかりなのでガーデンについてもつい比較してしまいますが、ガーデン内を歩いていて気になったのは、何だか狭いという事。とてもたくさんの植物が植えられているため小道が狭い、という事と、植物が大きくなっているため先が見えない場所が多すぎて圧迫感がある。という事が、イギリスと違うように感じてしまいました。イギリスのガーデンはもっと園路が広いし、植えてある植物も少ない気がします。植物が大好きな私には嬉しい事なのですが、減らしたり整理したりも絶対必要な事ですね。イギリスより暑いから植物の成長も早いし、蚊や虫も多くて大変だけど…。

d0296626_19561796.jpg
庭を見た後は、ばらジャム入りのバラアイスを食べて帰ってきました。バラジャム美味しかったです。


[PR]
by usakichi71 | 2018-10-31 19:56 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

覚林坊の庭と猫

先週の土日、私は夫と二女と3人で山梨へ行っていました。夏休みは青森旅行とイギリス旅行で終わってしまったので、夫とは夏休みはどこにも行きませんでした。それで、夫としても何処かに行きたかったのと、私がぎっくり腰以来、足が痛いとボヤいているので、そのせいもあったのかも知れませんが、私がイギリスから帰ってくる前には、ホテルの予約がされていました。なので、またイギリスから帰ったばかりなのですが、山梨の下部温泉「下部ホテル」へ行ってきました。
行く前に近くの「富士川クラフトパーク」に寄り、バラ園と切り絵美術館の鑑賞をしました。
自分が雨女だと思いたくないのに、この日も曇り空。バラ園でバラの良い香りをたくさん吸って、嬉しかったのですが、夫は「何処行ってもバラだね〜」と、嬉しいのか嬉しくないのか?分からない反応です。
d0296626_21440827.jpg

切り絵美術館は小さな規模ですが、国内外の素晴らしい切り絵作品が集められていました。
手芸が好きな二女はお土産の切り絵セットを買い、ホテルで早速切り絵を楽しんでいました。でも、娘はもっと難しい物がやりたかったみたいです。
d0296626_21441763.jpg

夜はゲームコーナーで親子でもぐら叩き。そして、私は2回、温泉に浸かりました(これが一番大切だった!)
d0296626_21443083.jpg

翌日は身延山久遠寺へ。ロープウェイで山の上まで行くと凄い霧雨だったのに、降りてきてしばらくすると、凄い快晴に…。山の上にもう一度登ってみた〜い!と思いましたが、時間も無いので諦めました。
d0296626_21453925.jpg
d0296626_20584308.jpg

そろそろお昼になったので、何処で食べようか?と思いましたが、ロープウェイの駅にあったチラシで「覚林坊」という、宿坊で「おてらんち」という、ランチを作っているそうなので、そこへ行ってみました。
通された部屋からは綺麗なお庭が見えました。
d0296626_21460693.jpg

「おてらんち」は完璧な精進料理では無いのですが、湯葉と野菜で作られたおいしいランチです。
とっても大きな「あけぼの大豆」がこのあたりの名産品で、その納豆は豆の味がしっかりした美味しい一品でした。
d0296626_21461313.jpg

d0296626_21015601.jpg
ランチを頂いていると、外を猫が通り過ぎて行きました。お店の人に聞くと、猫は2匹いるそうです。
d0296626_21462911.jpg

デザートの豆乳ソフトクリーム。4種の果物ジャム?が出てきます。好きな味を付け加えていただきます。この日は桃とスモモとキウイとイチジク。スモモが気に入りました!
d0296626_21462322.jpg

お茶は目薬の木のお茶がサービスされますが、さっぱりした美味しいお茶でした。覚林坊の境内には「日朝堂」という眼病平癒の祈願をするお堂もあります。

もう一匹の猫ちゃんが出て来て、お池の鯉にちょっかい出してました!

d0296626_21472383.jpg


d0296626_21473267.jpg
d0296626_21464556.jpg
落ち着いたお庭だったのですが、すっかり猫ちゃんに気を取られ、あまり良く見なかったのです…。お目目の青い可愛い猫ちゃん!
d0296626_21011020.jpg
家に帰って覚林坊を調べてみると、あのお庭は「夢窓国師作庭」とありました。「夢窓国師?」知らない私は更に調べてみると、夢想国師は鎌倉時代末から室町時代初期に生きた臨済宗の禅僧「夢窓疎石」の事で、世界文化遺産に登録されている京都の西芳寺(苔寺)の庭、世界遺産の天龍寺の庭も設計している方だったのです。鎌倉の瑞泉寺の庭も夢窓疎石の設計です。瑞泉寺の庭は長い間放置されていた物を昭和45年に古い図面と発掘で復元したのだそうです。この覚林坊の庭も復元したものなのかもしれませんね。
西芳寺は往復はがきで申し込みをして置かないと見ることが出来ないそうですが、日本最古の枯山水の庭。一度は見てみたいものです。

覚林坊の庭も、もっと良く見て来れば良かったです…。











[PR]
by usakichi71 | 2018-10-22 19:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)