カテゴリ:おでかけ( 247 )

「トスカ」を観てきました

新国立劇場で「トスカ」を観てきました。
私はまだまだ初心者なので高い席は勿体無いし、いつもどおりC席を取りました。4階の真ん中あたりの席でした。
最後尾の一列手前なだけなのです。とっても高い位置なので、ちょっと怖いくらいです。
舞台からは遠く離れてしまいますが、音は普通に聴こえますし、舞台が始まると、いつも全然気にならなくなってしまいます。

ただ、いつもとちょっと違ったのは…隣の人の拍手の音が尋常でなく大きい!事でした。パンパン!ととても良く響いていました。なので初めは「何事?」と思ったほど…。それに、一番最後まで拍手してました。偉いですよね。それから、常々どういう人が言うのかな〜?と思っていた「ブラボー‼」の掛け声もかけていました。すごい…。

d0296626_15120979.jpg

さて、トスカですが、プッチーニ作曲のオペラです。あらすじですが…
舞台は1800年のローマ。教会で画家のカヴァラドッシが絵を描いていると、投獄されていた親友アンジェロッティが脱獄し、教会に身を隠しにやって来ます。再開を喜び合う二人ですが、そこへ、カヴァラドッシの恋人で人気歌手のトスカがやって来ます。アンジェロッティを隠すため、トスカにも何も打ち明けず、トスカをなだめて夜、別荘で会おうと約束し帰らせると、二人はカヴァラドッシの別荘に身を隠します。
しかし、アンジェロッティは時の権力者、警視総監スカルピアに追われる身です。追手はすぐに教会までやって来ました。
そこへトスカも戻って来ます。夜、別荘に行けなくなった事を伝えに来たのです。スカルピアはトスカにカヴァラドッシが教会に居ないのは浮気かも?とトスカに思わせるように仕向けます。トスカは尾行されているとも知らず、彼の別荘へと向かいます。
スカルピアはトスカの後をつけさせてアンジェロッティを捕まえようとしましたが、アンジェロッティは、どこかへ隠れた後でした。
スカルピアはカヴァラドッシを逮捕し、拷問にかけます。スカルピアは更に、その様子をトスカに見せて彼の拷問を止めて欲しければアンジェロッティの居場所を教えるようにと迫ります。トスカは恋人が拷問受けるのを見ていることが出来ず、アンジェロッティの居場所を教えてしまいます。スカルピアは次にカヴァラドッシをこの後処刑すると伝えます。そして、それが嫌ならトスカに自分のものになるように!と迫ってくるのです。スカルピアは物凄く悪い奴なのです。でも、頭の良い人なのです。悪い事がすぐ思い付く。彼はカヴァラドッシを助ける気持ちなんて、これっぽっちもありません。トスカを手に入れるために嘘をつくのも平気です。彼を助けると言えばトスカが手に入ります。
なので、トスカが自分のものになるならと、彼を見せかけの銃殺刑の後、解放すると約束し、部下にもそう命じます。そしてトスカに頼まれ、逃亡のための通行許可証も書いてあげるのでした。
そして、トスカに迫りくるスカルピア。約束したんだから…と思ったら、トスカがいきなりテーブルにあったナイフでスカルピアを刺してしまうのです。
トスカも負けずに悪い奴だったのか…?

そして夜明け前、牢屋にいるカヴァラドッシの元にトスカが現れ、見せかけの銃殺刑の後、二人で逃げましょうと伝えます。「上手に倒れてね!」とか言いながらカヴァラドッシを見送るトスカ。
ところが、実際にはカヴァラドッシは本当に銃殺されてしまいます…。スカルピアはカヴァラドッシを助ける気など無かったのです…。
ひどいよね。

スカルピア殺害の罪で彼女をとらえに来た追手の前で、トスカは城壁から身を投げるのでした…お終い。

オペラは悲劇が多いそうですが、みんな死んでしまうのですね。

悪人役の人は何故か人気が高いと感じましたが、何故なのかしら?力強く自分の悪い心を歌い上げていましたが、それが普通の人の隠された欲求を思い出させるから?でしょうか。

ちょっと消化不良な私です…。

d0296626_15124651.jpg



 


[PR]
by usakichi71 | 2018-07-08 17:27 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

刺青奇偶 ~あなたがたとえ、どんな人でも…~

d0296626_22354571.jpg

今日は土曜日、美鈴の散歩の後、自分の歯医者に出かけました。大嫌いな歯医者ですが、9月に海外に行くのでその前に直しておこうと思い、通いだしたのです…。そんな事でも無いと歯医者にも行けないダメな私…。今日はその歯医者の予約の他には予定は無かったのですが、シネマ歌舞伎「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」を観たいと思い、歯医者の後、二子玉川まで行ってきました。定期で行ける範囲なので嬉しいです。
d0296626_22271368.jpg

刺青奇偶は坂東玉三郎演ずるお仲という女性と博打好きで江戸を追われた半太郎の夫婦の情愛を描いた人情物の歌舞伎です。

男たちに騙されて身売りされ、海に身を投げたお仲を助け、夫婦になった半太郎。半太郎が博打を止められないせいで二人はいつも貧乏ぐらしなのですが、自分を助け、何の見返りも求めなかった男気のある半太郎に惚れているお仲はそれでも半太郎への愛は変わりません。でも、貧乏暮らしのせいなのか?お仲は不治の病に倒れ、もう幾ばくも無い命です…。

自分の命がもう長くはないと悟ったお仲は残される半太郎の事が心配でなりません。そこで今にも消えそうな最後の力を振り絞り、半太郎の右腕に骰子(サイコロ)の絵を刺青するのです…。これを見て、博打はやっちゃいけないって、思い出してほしいと…。

生きてるうちに博打を止めてくれたら、もう少しましな暮らしが出来たのに、半太郎を責めもしないお仲。半太郎もお前が稼げばいいだろう!とか言って、お仲を責めたりしません。お互いにお互いがどんな人だったとしても私はあなたを愛している…。そう言っているような、舞台なんです。愛しているなんて言葉は出てこなかったと思うけど、本当に深い愛を感じました。
自分がどんな人間であっても自分を愛してくれる人…そういう人を肉親以外で見つけることが出来た人は、それだけで十分幸せになれると思います。お仲は死の直前、とても幸せな夢を見た、と語ります。そして夢っていいわね…と言うのです。

半太郎はお仲に死ぬ前に良い家財道具を揃えてあげて、良い気持ちで安心して死なせてあげたいと思って、また博打を打ちに行ってしまいます。普通に考えたら、もうどうしようもないバカ野郎なのです。でも、憎めない…。人間ってそんなバカなところもある。それでも生きていくしかない。そう、私だって、歯医者にもなかなかいけない、駄目な人間。英語だってなんだって、そうそう覚えられず、なかなかうまくいかない私。そんな私でもそのままの私を受け止めてくれる人がいたら嬉しいな…。そんな事を考えたシネマ歌舞伎でした。

そうそう、片岡仁左衛門が最後に半太郎が大勝負するやくざの親分役なのですが、とってもカッコよかったです。

映画を見終わったら二女を電話で呼び出して、二人で浴衣を買いに行きました。
二女もやっと浴衣を着たいと言うようになり、嬉しいです。二女の選んだ浴衣は青い桜の様な花柄でした。下駄も帯もセットされています。
今年はこれで夏祭りに行くって言っています。
日本の夏はやっぱり浴衣と夏祭り!子ども達にもそれが伝わって行って嬉しいです。

d0296626_22262694.jpg






[PR]
by usakichi71 | 2018-07-07 22:52 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン〜

白馬から帰る途中、安曇野に「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」はあります。化粧品を作る会社のガーデンで、予約制なのですが、実は行く前に予約はしていませんでした。天気はあまり良くない予報だったので、真っ直ぐ帰ろうか?と思っていたのです。でも、やけにいいお天気に!
朝九時に白馬から予約電話をして、午前中の予約をしました。午前中にガーデンに入れば出るのは午後になっても良いそうです。ただし、ガーデン内にレストランは無いのでお昼は食べられません。化粧品会社のお庭と聞いて、たいしたことない庭なのでは?と考えていた私はとても浅はかだったと思うことになるのですが…。
11時半頃、お庭の駐車場に着きました。

d0296626_21333250.jpg

青い看板がオシャレ。入口で料金を払い、貸出用の日傘を借りて中へ
d0296626_21334144.jpg

入ると直ぐに澄んだ池が見えます。
d0296626_21373150.jpg

ボーダーガーデンを通り過ぎ、小さなトンネル(上が道になってます。)を抜けると、
d0296626_21374634.jpg

白樺の林。爽やかだ〜!
d0296626_21421818.jpg

バラを添わせた石のアーチをくぐると、緩やかな坂道、
d0296626_21425184.jpg

森の中のような静かできれいな小道、
d0296626_21432806.jpg

上がって行くと、先程のトンネルの上に出ます。
そして、そこを過ぎると、北アルプスの天然水が流れていて、飲むことも出来ます。もちろん飲んで見ましたが、美味しいお水でした!この水がお庭に流れていきます。
d0296626_21434543.jpg

水場を過ぎると下り坂。ヤマアジサイとアナベルが優しい色です。
d0296626_21435246.jpg

大きなアーチには藤が繁っていました。もう少し前には綺麗に咲いていたのでしょうね。奥は座って休む場所があります。
d0296626_21474816.jpg

休む場所や立ち止まりたい場所がたくさんあります。
d0296626_21482149.jpg

クレマチスの絡む東屋。
d0296626_21494421.jpg

水路がたくさんありますが、水がとてもきれいです。
d0296626_21502269.jpg

ガーデンの中心にあるウォーターガーデン。澄み切った水が、非日常の美しさです。

d0296626_21490267.jpg

コニファーの整然とした美しさ…。
d0296626_21503008.jpg

白い花で作られたヒドゥンガーデン
d0296626_21513019.jpg

小さな噴水。綺麗だな〜。
d0296626_21535942.jpg

ガーデンの奥にあるファクトリーの中には工場と手づくり工房、展望室かあります。建物もとても絵になる…。
d0296626_21521632.jpg

展望室からは北アルプスの山が見えます!綺麗だな〜!
d0296626_21550283.jpg

庭も一望出来ます。
d0296626_21551193.jpg

ガーデンの中には飲み物と少しだけお菓子を販売するお店がありました。
d0296626_21584394.jpg

d0296626_17413214.jpg
私達も飲み物とお菓子をいただきました。
日差しは強いけど、風は爽やか。庭も美しくて、気持ちいい〜!

d0296626_21591541.jpg

きれいに植栽されている植物は自社農園で育てているそうです。すごいな〜。
d0296626_21592083.jpg

ロックガーデンから見える景色。
d0296626_22002235.jpg

ウッドランドは雑木林の中の散歩道のようです。

d0296626_22002760.jpg

出口近くにアロマガーデンが作られていました。触って楽しむガーデンです。

d0296626_22003725.jpg

そして、出口(入口)ビーナスの彫像がきれい…。
ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデンは私の想像以上の素晴らしいガーデンでした!いつか、秋にも来てみたい!
d0296626_22004615.jpg

実は秋には私はイギリスにまた行く事になっています。
前回はツアー旅行で、お庭は自由時間に行った、チェルシーフィジックガーデンと、ホテルのそばにあった、ホランドパークにあるお庭を見たのと、ケンジントン宮殿にある庭は隙間から覗いただけなので、あまり庭は見ることが出来なかったのですが、今度は個人旅行。ホームステイで3泊、ロンドンに4泊します。ホームステイ先ではホストファミリーにガーデンに案内していただけることになっています。ロンドンでは庭に関する場所やリバティに行ってみたいな〜!
私よりも若くて、仕事でもガーデンに関わっている素晴らしいお友達と一緒です。
お荷物にならないように、そして、たくさんの事を吸収して来れるように、準備頑張ります。
イギリスでもいい庭をたくさん見てきたいです!

でも、ラ・カスタの庭も、素晴らしい庭でした!




[PR]
by usakichi71 | 2018-06-30 20:04 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜白馬コルチナ・イングリッシュガーデン 2〜

日曜日、思いかけずいいお天気になりました。眩しくて、目がシパシパしてしまいます。庭に出る途中、ホテルの中で、ガーデンのデザイン画を見つけました。着工直後の写真も…本当に何も無かった場所だったのですね…。
d0296626_21060215.jpg
d0296626_21084158.jpg


前日もたくさん写真を撮りましたが、この日も色々と植栽が気になって写真をたくさん撮りました。
3年前の様子 と比べても庭が育ったことがよくわかりました。



d0296626_21273127.jpg
d0296626_21273806.jpg
d0296626_21280126.jpg
d0296626_21282590.jpg
d0296626_21290233.jpg
d0296626_21300997.jpg
d0296626_21303066.jpg
d0296626_21415309.jpg

バラや季節の宿根草の花も勿論きれいなのですが、それらは庭の一つの要素で、庭の本当の良さはこうして、テクテクと散歩して楽しめる事。季節を感じ、植物の成長を感じ、目と耳と肌で庭のパワーを感じることなのかな?
それはきっと、我が家のような小さな庭でも同じなんだろうけど、今の我が家は歩くたびに色々と気になり、安心して見回れない…。ポールさんはこの庭に一年草は一つも植えていません。それでも見応えのある綺麗な庭です。一年草が無い事で、華やかさは減るかもしれませんが、葉の色、葉の形等も吟味すれば、充分素敵な庭になるのですね。

庭は生き物、だから完成といっても年々変化してしまいます。私も自分の小さな庭を、もっと考えて手入れしなきゃ!と思いました。

この日はもう帰らなくてはなりませんが、もう一つ庭に寄ることにしました。

でも、その前に、二女と卓球。庭ばかりじゃつまらないものね!
d0296626_21361866.jpg


[PR]
by usakichi71 | 2018-06-29 20:36 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜白馬コルチナ・イングリッシュガーデン 1〜

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンは、ホテルグリーンプラザ白馬の目の前にあります。冬にはたくさん雪が降るので、ホテルの前にはもともとスキー場があります。ガーデンはそのスキー場の一角、山の斜面に作られています。庭づくりのコンセプトも「山の地形を生かして可能な限り多くの現存樹木を残し、景観に合うようにナチュラルガーデンを創り上げる…」とありました。
渋滞やランチで時間が掛かったので、ホテルに着いたのは4時過ぎでした。雨も降っていましたが、夫と二人で少しだけ見に行きました。
バラは家の方は盛りを過ぎていますが、白馬はこれからのようです。
庭は15個のテーマで作られていて、散歩をしながら眺めて行きました。
ウォールドガーデンは小さな壁に囲まれた庭です。小さいと言っても、我が家の庭の一番広い所よりずっと広いですが…。


d0296626_17192143.jpg
バラをはじめたくさんの花が咲いているのですが、このガーデンには樹木の他は宿根草・多年草・球根しか見当たりません。
たくさんの種類の宿根草がバランスを保ちながら育っていました。

d0296626_17253895.jpg

ローズガーデンには蕾のたくさんあるバラが綺麗に咲いていました。
d0296626_17263187.jpg

グラスガーデンはたくさんのグラスが塊りごとに植えられています。色が綺麗です。


d0296626_17255507.jpg

ボーダーガーデン。色んな花がそれぞれ自分の咲くべき時に咲くのでしょうね。背が高くなるものは支柱が付けられ、あまり広がりすぎないように根元を結わえた物もありました。綺麗に見せるためにはガーデナーの仕事が欠かせませんね。
d0296626_17254891.jpg

斜面を登っていくと、どんどん自然風な庭になっていきます。ホスタやイヌコリヤナギが3年前に訪れた時よりも、とても大きくなっていました。リバーウォークは小川沿いの道。
d0296626_17260808.jpg

木の下のウッドランドウォークガーデンも植栽が大きくなっています。
d0296626_17262190.jpg
ホスタも花を咲かそうと、蕾をたくさん付けていました。
d0296626_17293257.jpg
3年前には無かったシークレットガーデンが出来ていました。庭の一番奥に作られた広い芝生の庭です。

d0296626_17291345.jpg

あっという間に5時になってしまったので、続きは翌日にして、部屋へ戻りました。
d0296626_17293851.jpg



[PR]
by usakichi71 | 2018-06-27 07:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜まずは隠れ家レストラン〜

5月に国際バラとガーデニングショウを見に行き、マーク・チャップマンさんのショウガーデンを見ました。
それはそれでとても素敵でしたが、3年前に家族で信州旅行に行ったときに見た、白馬のマークさんのデザインしたガーデンは、今どうなって居るかな?と、気になり、夫へつい、「行ってみたいな〜。」とつぶやいてしまいました。前回は真夏だったので、本当に暑くて、私以外誰も一緒に見てくれなかったのですが、今回はなぜか?夫も行きたいと言うことになり、二女と私と夫の3人で行くことにしました。

6月は関東ではバラは盛りを過ぎていますが、信州はこれから、でも、梅雨だし、どうなるかな?と心配でしたが、行ってきました。
連休に千葉に行ったばかりだし、お財布も心配…。

宿はマークさんのガーデンの有る、ホテルグリーンプラザ白馬(温泉も有り、格安プランが有ります!)をとりました。

出発の土曜日は曇り空。予報も雨になりそうな…。

仕方無いので初日はガーデンはあまり期待せず、ランチに期待をかけました。
私の昔の上司に教えてもらった、安曇野にあるレストランです。予約が出来ないので、開店の11時半より前に着くようにしなければなりません。途中、事故渋滞もありましたが、なんとか10分前に到着。車の外で写真を撮っていたら、少し年配の男性に声をかけられました。「何で、この店を知ったんですか?」「職場で教えて下さる方がいたんですよ。今回2回目です。」「そうですか、私は地元です。開店の時から来ています。昨日も来たんですが入れなくて…。でも、どんなに常連でも、ランチは予約出来ないんです。」とお話ししてくれました。
大きな道からは少し入った森の中のような場所なので本当に隠れ家みたいです。

私達は2回とも開店前に到着して入れたのでラッキーでした。
残念な点は一つだけ…。なぜか、店の前で撮った何枚かと、店内で撮った何枚かの写真のデータが壊れてしまいました。カメラで撮ったものなのですか、何故なのかな?
でも、スマホでも撮ってあったので、良かった!自分の分も人の分も写真に写してしまいました~。

d0296626_08013391.jpg

d0296626_21222730.jpg
d0296626_18575208.jpg
d0296626_19171290.jpg

d0296626_19173313.jpg

d0296626_21073163.jpg
d0296626_21085524.jpg
どの料理も目にも楽しく、美しく、そして美味しい!好き嫌いの多い二女はメニュー選びが大変なのですが、お店に伝えると、対応してくれるので助かります。二女の嫌いなものは、チーズ、チョコレート、生クリーム、トマト。バターも少し苦手。
私も子どもの頃はたくさん苦手なものが有ったので、仕方無いかな…。
でも、お店の人がとても気をつかって色々聞いてくれるので悪いと思ったのか?「好き嫌い無くした方が良いかな〜。」と言っていました。私も自分で好き嫌い無くそう!と思ってから何でも食べられるようになったので、娘にもそうなって欲しいものです。

ゆっくりと2時間ほどのランチタイムを楽しみました。

食事を終えて、外に出ると雨。宿へと車を走らせました。





[PR]
by usakichi71 | 2018-06-24 20:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

サンドリヨン 〜シンデレラは病気です〜

d0296626_08050197.jpg

METライブビューイングの最新作は「サンドリヨン」マスネ作曲のオペラです。サンドリヨンはフランス語でシンデレラの事なので、あらすじも分かるし、楽しそう!と思って観に行きました。東銀座の東劇ですが、火曜日の午後と言うのに人気が高く、半分は席が埋まっていました。(いつもこんなに混んでないような…。)観客はもちろん60代以上の方がほとんど?私でさえ若く見えてしまう…。男女比は半々くらいでしょうか?
平日は皆休めませんよね。私は休んでしまいましたが…。心の栄養補給と思って、行って来ました。

意地悪な継母の連れ子の二人のお姉さんはイメージ通りでしたが、継母役のステファニー・ブライスは、びっくりするほど大きくて、役にピッタリ。そして、お父さん役のロラン・ナウリも気弱で優しげな感じが役にピッタリでした。

サンドリヨン役の ジョイス・ディドナートはあとから調べたらもう、50も間近。でも、純真で健気なサンドリヨンを熱演していました。

舞台の演出や衣装はロラン・ペリーさんと言う方で、どちらもとても素敵でした。舞台は絵本の世界さながらに活字で出来ているのですが、日本人には何と書いてあるかは分からないのでおしゃれにしか見えない。(読める文字だと気になったかな?)

オペラのシンデレラは初めて見たのですが、私の知っているシンデレラと違う点がいくつかありました。

意地悪な継母に虐げられているサンドリヨンが妖精の力を借りて美しく変身し舞踏会に行き、ガラスの靴を落としてくる所までは同じですが、その後、サンドリヨンは周りにいた人がその美しい姫を非難していて、王子もそう思っていると言う、継母の言葉を信じて、最初で最後の恋に破れたショックから自殺するしか無いと、森(街?)へ彷徨って行きます。
また、王子もサンドリヨンが見つからない事で落胆し、森(街?)を彷徨っています。
妖精は二人が互いの姿は見えないけれど言葉が聞こえるようにして、愛を確かめ合わせると、二人を再会させてあげるのですが、サンドリヨンは勿論みすぼらしい姿です。でも王子の愛は変わりません。そして、その後二人は深い眠りについてしまいます。

サンドリヨンの目が覚めると、何ヶ月も経っていて、父親から、寝ている間、うわ言を言ったり笑ったり泣いたりしていて、正気では無かったと言われます。サンドリヨンは全ては夢だったのか…?と思ってしまいます。
全く、現代ならば、何かショックな事があって精神に異常をきたしたのか?と、病院へ連れて行かれてしまいそうなサンドリヨンだったのです。

そして、その後、おふれが出て国中の娘が王子と面会をする事になり、サンドリヨンも王子との再会となるのですが、その時には妖精も出て来て、サンドリヨンも素敵なドレス姿で現れます。サンドリヨンが王子の探していた娘と分かった継母の素早い代わり身にドッと笑いが!

ハッピーエンドです。

でも、シンデレラが心の病気と誤解する、という設定は意外だったな〜!
それにお父さんが実は野心家で、家柄の良い継母と再婚してしまったなんてのも、あらっ?そうなの?という感じでした。

妖精役のキャスリーン・キムはとてもチャーミングな妖精になりきり、超高音コロラトゥーラソプラノでウットリさせてくれました。

そんな訳で、満足度高い!オペラでした。












[PR]
by usakichi71 | 2018-06-05 20:01 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

「花と緑で健康づくり講演会」に行って来ました

d0296626_08193893.jpg
200人の募集で満席になった講演会。区役所の企画でこれはすごい成功した取り組みと言えると思います。
土曜日、私の住む青葉区の講演会に行って来ました。講師は園芸家の国吉純さんと、吉谷桂子さん。国吉さんは知りませんでしたが、吉谷桂子さんは以前にもお話を聞いたこともあり、たくさんの写真をまじえた楽しく分かりやすい役に立つお話を聞かせてくれる方なので、お友達と三人で行って来ました!行く前に美味しいランチとおしゃべりも忘れずに!
d0296626_08142429.jpg

国吉さんの話はガーデニングの持つ効能について。
ガーデニングには花を育てる楽しさだけでなく、そこから広がる興味で、人を意欲的にする効果や人と人を繋げる効果もあると、言うような話でした。

吉谷さんの話は実際のガーデニングに役立つ知識や、考え方という感じでしたが、とにかくお話が面白く、写真がきれいなので、引き込まれます。あっという間の一時間でした。

d0296626_08005624.jpg


国吉さんの言うように園芸の効果について、考えた事は無かったけれど、確かに、人と人を繋げたり、私の意欲を引き出すのはいつも園芸がキーワードになっています。
ブログも旅行も、庭、園芸、花が組み込まれ、それがあるから色々とやる気が出るのです。

植物が好きな事で、ずいぶん人生が豊かになったな〜。と思います。その事で私ができる事は今は少ないけれど、将来は自分以外の人達にも役に立つような植物に関連した仕事がしたいと思います。
それは何なのか?まだ分からないんですけどね。

d0296626_13145652.jpg

庭ではナスタチュームとラベンダーがきれいに咲いています。ラベンダーはいつも根付かない我が家ですが、今回はどうかな?



[PR]
by usakichi71 | 2018-06-04 07:37 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

猫カフェ体験

今日は二女のお買い物に付き合うことになり町田へ。町田にはユザワヤという大きな手芸用品店があるので、部活用の材料を買いに行きました。そして、無事に布など買えたのですが、そのついでに、二女と二人で町田をブラブラ。ラブラブデートです。
二女は生まれたときから4人兄弟で私と二人っきりで居られる時も少ないので、こうしたデートをとても喜んでくれます。
今日は歩いていたら猫カフェを発見!
初めての猫カフェ体験をしました。
d0296626_13144342.jpg
家にも寅吉君がいるのに、二女は猫大好きなので(私も)行ってみました。猫ちゃんたちはやはりと言うか、寝ていたいようで、自分から寄ってきてくれる方はいませんでした。お店には10匹以上の猫ちゃんが居ましたが、抱っこできたのは5匹もいませんでした。
無理に追いかけたりしたくないし、猫ちゃんにストレス与えたくないもんね…。
トラ君よりずっと体重も軽くて、毛もふわふわでした。抱っこした写真の猫ちゃんは目が悪いらしく、片目しか開かないようでした。
でも、みんなおとなしくて、噛みつく子はいませんでしたよ。
d0296626_13151739.jpg
猫カフェだけどお茶は自動販売機があって、とても安い値段で買えるようになっていました。でも、お茶は飲まずに出てきてしまいました。

二女とお昼に海鮮丼を食べて、洋服やサンダルを買って帰宅しました。
d0296626_13154668.jpg

家に帰るとトラ君が寝ていて、やっぱりトラ君が一番かわいい!と言っていた二女でした。昨日も今日もお出かけしてしまい、家の事をあんまりしていない…。困ったもんです…。






[PR]
by usakichi71 | 2018-06-03 13:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜おまけ〜

丘の上バラ園にはたくさんの木彫りのクマさんが置いてありました。
多分、同じ人の作品でしょうね!可愛かったです。
丘の上バラ園に行ったら探してみて下さい。

d0296626_21314340.jpg

d0296626_21320768.jpg

d0296626_21331166.jpg

d0296626_21331611.jpg

おわり

5月の初めから旅行に行ったり、お出かけが続いたせいか?仕事のせいか?わかりませんが疲れが溜まったらしく、今日は突然「口唇ヘルペス」を再発してしまいました…。上唇に水膨れが出来て痛~い…(;´Д`)。(ノд-。)クスン。月曜日に国際バラとガーデニングショウにも行ったので。そのことも書きたいけど、追い追い書いていきます。今日はもう寝よう~。



[PR]
by usakichi71 | 2018-05-23 20:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)