<   2018年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2018年イギリス旅行記 4 〜スキリントンの朝〜

3日目の朝になりました。この日は4時ごろに目が覚め、それからは眠れませんでした。夢の中まで英語です。何を言っている分からないのですが、英語の夢まで見てしまうんですね…。
朝焼けが遠くの空に見えました。

d0296626_16595001.jpg
起きて洋服に着替えたら、ラスさんのお庭に出てみました。ラスさんのお家の横には牧場があって、羊やアヒルが放されています。
「お~い!」と呼び掛けても返事はありません。
d0296626_17001784.jpg

鳥たちはたくさん屋根の上や、壁を伝うバラの茂みの中等からたくさん出て来てピチピチ鳴いていました。
d0296626_17004186.jpg
お部屋に戻って見ていると沢山飛んできては屋根に止まり、また飛んでいきます。可愛いな~。
d0296626_17014990.jpg
朝ごはんの後は少し村の中の散歩もしてみました。
ラスさんの家を出てすぐに黒い2匹の犬を連れたおばあさんに会いました。おばあさんは、『おはよう!』と、気軽に話しかけてくれました。ワンちゃんたちもとても人懐っこい可愛い子たちで、家でお留守番している美鈴や寅吉を思い出しました。

村の中はとても静か。平日なので皆仕事に行った後なのかな?
d0296626_17022242.jpg

教会の前あたりで猫ちゃんにも会いました。「おいで~。」と日本語で言っても来てくれました。
d0296626_17042133.jpg
りんごの木が植えてあるお家がたくさんあって、綺麗なりんごがなっています。葉っぱもとても綺麗です。
d0296626_17045116.jpg
犬のお散歩マナーを注意する看板も可愛いですね。
d0296626_17052260.jpg
村の中にはこんなものもありました。箱の中にはリンゴと洋ナシが入っていて、ご自由にお持ちください。とあります。ただ、洋ナシの方には寄付してくれても良いですみたいな紙が入っていいて、横に小銭の入ったケースが置かれていました。
d0296626_17055232.jpg
まだ青いリンゴはお料理用で、生で食べるには酸っぱいそうです。赤くなっても酸っぱいのかもしれません。
d0296626_17062242.jpg

とっても大きな実のなっている木がありました。クラブアップルの木です。クラブアップルはゼリーにしたりジャムにしたりするそうです。
イギリスにいるうちに食べてみれば良かったな~。
d0296626_17065257.jpg
姫りんごみたいな小さなリンゴです。
d0296626_17073417.jpg

カメラを持った男性にも会いました。カメラを持った男性は『おはよう!僕はスキリントンのウエブサイトを作っているんだよ』と教えてくれました。
何となく言ってることは分かるのに上手く返事が出来なくて残念でした。でもみんな優しくしてくれるので良かったです。

家のある部分はぐるりと散歩しても30分くらいで済んでしまいます。もう少し外側も歩いてみたかったけどまた午前中からガーデン見学に出かけるので、ラスさんの家に戻りました。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-09-30 10:53 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

2018年イギリス旅行記 3 〜ビバリーさんの庭〜

ホームステイ2日目の午後、お昼ご飯の後に今度はノッテンガムシャーにあるニューアークと言う町の個人邸のお庭を見せてもらいに行きました。「シャー」って言うのは「州」と言う意味のようです。ニューアークには古いお城の跡があったり、アンティークのマーケットが開かれたりする大きな町でした。お庭はその郊外にあるビバリーさんのお庭です。2エーカー(約2,500坪)の広さがあるそうです。お家を入れてもその40分の1にも満たない我が家の庭とは比べようもない大きな庭です。この日は風が強く庭の木々も大きく揺れていました。

d0296626_11165307.jpg

オーナーはとても元気なご婦人で4人お子さんが居ると言う点では私と同じでした。お子さんはお幾つですか?という質問にたどたどしく答えると、後はほとんど会話も出来ず残念でした。でも、一緒に行ったお友達は普通にお話しできるので、彼女はたくさんお話が聞けたようです。私は何を話しているのか分からないので、庭の様子をよく観察させてもらおう~!と気持ちを切り替えて見学させてもらいました。
お庭に面してコンサバトリーがあります。外にも中にもイスとテーブルがあり、何時でも座ってくつろぐことが出来そうです。
日本だと「ベンケイソウ」と呼びそうなセダムの大きなものがとても人気があるようで、どのガーデンに言っても大活躍していました。
庭に地植えになっているのですが、冬はどうなるのでしょうね?聞いて来ればよかったな~。

d0296626_11170006.jpg

大きなコンテナに大きなベコニア綺麗です。

d0296626_11283588.jpg

芝生も綺麗に手入れされている。広さがあると芝生の美しさが際立ちます。

d0296626_11284073.jpg

何処までが庭で、どこからがそうでないのか?分かりませんでした。この辺りはまだまだ変えていくつもりなのかな?と思いました。
庭の中にはお池やブランコなどもあって、きっとお子さんたちが小さい頃はそういう場所でも遊んだんだろうな~。と思ったり。
d0296626_11321831.jpg
ススキも立派なガーデンのフォーカルポイントになっています。日本だとそこらに生えている感覚だけど。
d0296626_11322507.jpg
りんごの木ももちろんありました。リンゴがポトンと何個も落ちていて、綺麗なのを拾って私たちに下さいました。

d0296626_11323370.jpg

敷地の上の方にはなんとプールもあるのです!『私のバンブーがこっちにあるのよ』と言うので竹林かな?と思ったら、それはさすがになくて、ススキの大きな感じの葉っぱが茂っていました。
d0296626_12522537.jpg
庭を見終わったらビバリーさんがお茶をご馳走してくださいました。黄色いレモン味のアイシングがかかったケーキと押し麦みたいなものを固めたお菓子です。これは後から調べたら「フラップジャック(Flap jack)」というイギリスではとてもポピュラーな手作りお菓子のようです。オートミールやミューズリーをはちみつやお砂糖とバターでまとめて、オーブンで焼くだけです。レーズンを入れたりココナッツを入れたり、家庭ごとにアレンジがあるのでしょうね。とても美味しかったです。
d0296626_11284430.jpg

帰ろうとすると、コンサバトリーの中から猫ちゃんが出てきたのですが、ビバリーさんの飼い猫では無いとのこと、猫ちゃんも素敵なお庭でお散歩してたのかな?

帰りの車の中から、ニューアークの古城をパチリ。
d0296626_13273700.jpg
街並みも綺麗です。

d0296626_13285216.jpg
d0296626_13300506.jpg
曇ったかと思うと晴れ、この日も強い風が吹いていました。冷たい風ではないけれど…。
ラスさんの家に戻って夕ご飯。お部屋に戻ってしみじみと考えました。イギリスの人たちはお庭も家の中と同じように整えて生活の一部にしていく感じがして、とても羨ましく感じました。バーンズデールガーデンの庭は全部で38ゾーンに分かれていて、きっととても人気のあるテレビ番組だったのだろうと想像できました。じゃないと38個も作らないですよね。それからビバリーさんのお庭…。私も2エイカーあったらどんな庭にするかな?ただただ羨ましい気もするけれど、その広さを美しく管理する。ランドスケープを考える。きっととてつもなく大変です。でも、きっと毎朝庭を散歩して、次はああしよう、こうしようと考える毎日はイギリスの人たちの憧れの生活なのかな?

今日も英語は全然聞き取れず、会話の10%くらいしか分かりませんでした。1対1で話していると何となくわかるんだけど、人が話している会話はテレビから流れる音と同じくらいにしか分からなくて、聞いていると疲れるし、困っちゃうな…と思いながら就寝しました。

つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-09-29 14:05 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

2018年イギリス旅行記 2 〜バーンズデールガーデンへ〜

グランサムの駅に降り立つと、そこはとても静かな街。ロンドンのキングス・クロス駅からここまで、1時間ちょっとで、途中何処にも止まった記憶はないのですが、特急とか急行が止まる駅なのに、駅前にはお店等も無く静かなのです。爽やかな秋の風を感じながら駅前でまっていると、ホームステイ先のご主人のラスさんが現れました。
私のスーツケースを見て、僕の車と同じ色だね!と優しく言ってくれました。

私と一緒にイギリスへ行ったお友達は英語がペラペラ。ラスさんと全く普通に喋れます。はぁ、羨ましいな〜、と思いつつ。私にも聞き取れる言葉を探して聞き耳を立ててました。

ラスさんの家はグランサムから車で20分位離れた小さな村の中で、とても古い家を心地良くリフォームして暮らしています。
この時は私達しかホームステイする人は居なかったので、別々の部屋を使わせてくれました。
私の部屋はバラ模様のベッドカバーやカーテンの部屋でした。天井は切妻屋根で可愛い窓が付いています。
d0296626_09025935.jpg
とても優しい気分になるお部屋でした。鳥の声もがたくさん聞こえ、反対に車の音やうるさい音は聞こえません。お部屋の飾りの中に、素敵なトールペイントが置いてあり、素敵だな〜!と手に取りふと、ひっくり返すと、裏に書いてあったのは私の名前?
なんと、私と同じ読み方をする名前の方が作った物でした。いつもこの部屋に泊まるそうなのです。

d0296626_09032249.jpg

ホストファミリーのラスとパトリシアは以前日本に住んでいた事のある方達です。なので、私にも分かるように優しい英語で話してくれます。
自己紹介をして、紅茶を飲みました。なぜ、イギリスで飲むミルクティーはこんなに優しい味がするのかな?とても美味しかったです。
ラスとパトリシアのダイニングの窓辺には春はバラが咲き乱れるようですがこの時は、シュウメイギク(秋明菊)がたくさんきれいに咲いていました。ただ、イギリスにもシュウメイギクが有るとは分からなかったのでこの花は?とラスさんに聞くと
『ジャパニーズアネモネ、シュウメイギクですよ』と教えてくれました。

d0296626_09061219.jpg

この日は夕ご飯をいただくと、眠くて疲れてしまって、シャワーも浴びずに寝てしまいました。
でも、夜中の2時に目が覚めると今度は眠れず、朝になってしまいます。時差のせいなのかな?

ホームステイ2日目、朝ごはんをいただくと、ガーデン巡りに出発です。
ラスさんの車に乗り「バーンズデールガーデン」へ行きました。この庭はテレビの番組で作った庭をそのまま残して一般に公開しています。
園内には30個以上の庭がありました。


d0296626_09040524.jpg


d0296626_09041771.jpg
ガーデンの入口を入ると直ぐに目に飛び込んで来るこのオブジェ、何なんだろ?


d0296626_09080542.jpg

日本では見たことの無いリンゴと梨の木のアーチ!春の花も素敵でしょうね!

d0296626_09044874.jpg

赤く色付いた実が美味しそう〜!リンゴの産地の青森でも、こんなアーチを作ったら素敵なのでは?と思いました。
d0296626_09045309.jpg

イギリスではキッチンガーデンもたくさん見ました。ラスさんの家にも有りましたが、ガーデンにはキッチンガーデンが有るのがとても普通みたいです。
d0296626_09050884.jpg
芙蓉の様な花が咲いていますが、私が気になったのは幹や枝に付いてる黄色い苔のような物。ラスさんに聞くと『Algae』と言われました。この木以外にもたくさん見かけました。何なのかな?スペルが間違ってるかもしれません…。

d0296626_09043976.jpg

これは「アカンサス」の咲いたあと、とても硬いのですが、イギリスでは別名ベアーズ・ブリーチ(Bear's Breech)「クマのお尻」と言われてるんだって。ラスさんがくまのマネをしてお尻を掻く様子で教えてくれました!

d0296626_09093860.jpg

これは日本庭園日本人から見ると、あの橋はちょっと…だけど、日本庭園も立派なガーデンの一種として認められてるんですね。
d0296626_09094398.jpg
日本ではあまり見ない植物も色々ありました。
これはクリスマスのリースを作るための植物だそうです。枯れてるんじゃなくてしわくちゃな葉っぱと曲がった枝を持ってます。

d0296626_22061525.jpg
ビールの原料のポップもつる性植として使われています。

d0296626_22021442.jpg
唐辛子は食べるのでしょうか?分かりません。
d0296626_22020620.jpg
そしてこの花、ラスさんはバーベナと言っていましたが、とても丈夫でよく咲くらしく、いろんなところで見ました。
イギリスで流行っているのかな?
d0296626_22013202.jpg
つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-09-28 19:45 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

2018年イギリス旅行記 1 〜旅立ちは羽田から〜

ついに来たイギリス旅行へ出発する日。9月に入ってからも気温35度の日もあり、まだまだ暑い日本ですが、イギリスは15度から20度くらいのようなので、寒そうです。あれもいるかな?これもいるかな?と、入れていくと、荷物はあっという間に22キロ。飛行機がブリティッシュエアウェイズなので、荷物は一つ23キロまで、ギリギリです。帰りには二つに分けるつもりで、小さめのバックも入れて、おきました。

行きは羽田空港から、朝8時50分発の飛行機だったので、二子玉川駅発のバスで羽田空港まで行く事にしました。空港にはあっと言う間に着き、飛行機も定刻には飛び立ちました。遠くに富士山が見えました!
d0296626_20443940.jpg

相変わらず狭いエコノミークラスに見を沈め、映画鑑賞をして楽しみました。私は身長156センチ。それでも狭く感じるんだから、大きな人には拷問ですね。
見た映画は「嘘を愛する女」と「恋するベーカリー」。それから「風と共に去りぬ」これだけで飛行時間の半分は終わった!
「風と共に去りぬ」を初めて見たのは小学生の時でした。レットバトラーがカッコいい!なのに、アシュレイを好きなスカーレットはいつ見ても理解できません…。でも、認知症になってしまったお父さんも見捨てず、どんなにお荷物だと思ってもアシュレイの妻の面倒も見て、タラまで連れて帰るスカーレットは偉いな〜と思います。

後は機内食と仮眠。
d0296626_20451044.jpg
d0296626_20451994.jpg

12時間以上飛んで、ヒースロー空港につくと、その日の午後1時過ぎです。8時間の時差があるので、日本ならもう寝る時間。でも、ここからが大変なのです。

今回の旅はツアーでは無いので自分たちでグランサムと言う駅まで行かないといけないのです。

まずは入国審査。到着ゲートから入国審査をする場所まで、移動します。途中地下鉄みたいな物に乗りますが、みんなの後をついて行けば大丈夫。入国審査は「イギリス人とEUの人たち」と「その他」で分かれます。
d0296626_20472037.jpg
入国審査が終わるとヒースローエクスプレスに乗ります。日本にいる間に手に入れておいた「ブリットレイルパス」を有効化しなければならないのですが、ヒースロー空港の駅員さんは「パディントンでやってもらいなさい。」てな感じで改札を通してくれました。オイスターカードもヒースロー空港でかいました。現金で買おうとしたらお金が何度も出て来てしまいます。3度目のチャレンジでお金は50ポンド紙幣は使えないって気が付きました…。
d0296626_20480056.jpg
そしてやって来たパディントン駅。駅舎が風情があって素敵です。映画「パディントン」でクマのパディントンが居た場所です。ここでブリットレイルパスにハンコを押してもらってパスの有効化をしました。地下鉄パディントン駅も雰囲気があります。
d0296626_20544948.jpg

パディントンからオイスターカードを使い地下鉄でキングス・クロス駅を目指します。コロコロとスーツケースを押して地下鉄に乗り込むと、たった一駅でその電車は終点!行き先を見ないで乗ってしまったんです。(地下鉄でも地上)

d0296626_20535119.jpg
地下鉄を降りると、その駅にはエスカレーターもエレベーターも有りません…重たい22キロのスーツケースを持ち上げながら反対側のホームまで行かねばなりませんでした。
次に乗る時には行き先も確認しました。そして着いたキングス・クロス駅。
d0296626_20541897.jpg
地上に出るとイギリスらしい風景が広がっていました。キングス・クロス駅も大きな駅です。ここからグランサムへ行くのですが、何行きの電車に乗れば良いのかは知りませんでした。友達は電光掲示板を見に行ってくれたのですが、私はそもそも目も悪くてよく見えないし(メガネしてるけど)英語を読んでも分からない…。そこで、改札口に立ってる駅員のオジサンに英語で聞いてみました。「エクスキューズミー I want to go to Grantham」すると、オジサンは「ペラペラ」と英語の返事。速すぎて分かりません…「What Number?」とたどたどしく聞くと?今度はユックリ『あの、八番の青い電車だよ。あと6分で発車するよ。乗りたいの?』と英語で聞いてくれました。(英語を再現できないので、英語で会話したところは『 』で表します。)パスを見せると改札を手動で開けてくれます。
喉が乾いてジュースを買いたかったけど、電車の中で買うことにして電車に乗り込みました。慌てていたので写真も撮れませんでした。

電車に乗れたら一安心、ホームステイ先にメールで電車に乗った事を伝えました。これで駅まで車で迎えに来てもらえます。

あと、電車の中でジュースを買いました。50ポンド紙幣しかなくて、悪いな〜、と思ったけど、普通に笑顔でお釣りをくれました。
海外はカード社会だから現金よりカードが良いと言われたんですが、私は現金派。カードだといくら使ったか分からなくなるし現金なら分散して持っていけるのでもしもスリにあっても何とかなるかな?と思ったのです。

つづく





[PR]
by usakichi71 | 2018-09-26 07:50 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

明日は帰国

17日からのイギリス旅行も明日で終わりです。家に帰ったらカメラに納めた1000枚以上の写真を整理しながら、旅の想い出を振り返りたいと思います。今日は現地ツアーでリーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバー海峡、グリニッジからのテームズ川下りを楽しんできました。とても嬉しかったこともあり、早く書きたいのですが、順番に書いていきます。
d0296626_06480290.jpg
今日のお土産はカンタベリー大聖堂とリーズ城で買ったものです。ケントクリスプはポテトチップスですが、袋の写真の白い煙突のついた建物は昔、ホップを乾かすために作られた建物で、オーストハウスと言う、ケント地方の特有の建物なんだそうです。
今日のガイドさんはとても上手にお話してくれて、良かったです。
d0296626_06500679.jpg
後からチップスの袋見たらその写真だったので、ビックリしました。

ティータオルはこれで何枚集めてしまったかな?
でも、とても綺麗です。小鳥の紙ナプキンも、何に使う訳でも無いのに、買ってしまいました。
バラの石鹸もとても良い香りです。

日本に着くのは25日。いつも空港に迎えに来てくれる夫が仕事なので、頑張って家まで帰らなきゃ〜!


[PR]
by usakichi71 | 2018-09-23 22:42 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

更にお土産写真が続きます

今日のロンドンは雨でした。私は午前中キュー・ガーデン、午後は庭園博物館と、スカイガーデンと言う、ガーデン尽くしの一日を過ごしました。

d0296626_05544217.jpg

ラベンダーのカップと雀の付いた鉛筆。見ていると癒やされます。

d0296626_05565567.jpg

雀シリーズが続いてる…。

今日は一万歩以上歩きました。疲れた〜。
ロンドンもあと2日。明日は現地ツアーで、リーズ城やドーバー海峡を見てきます。

[PR]
by usakichi71 | 2018-09-22 22:00 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

お土産写真が続きます

今日はとてもアクシデント満載のハイグローブ旅行のお土産
d0296626_07080344.jpg

と、ビクトリア&アルバート博物館のお土産。
d0296626_07085985.jpg

d0296626_07093531.jpg

な、何に使うの?と言われそうな、紙類はじっくり考えて、イギリスを思い出しながら楽しめるかな?と思って買いました。折り畳み傘は雀の絵が付いていたので買いました。ホームステイ先では毎朝、雀を見てたから、その想い出です。

誰に何をあげたらいいか、これから考えます。

まだ二男へのお土産や母や兄にも買ってないので、明日はそのための時間も必要です。

明日はキューガーデンとスカイガーデン、それから庭園博物館に行くつもりです。



[PR]
by usakichi71 | 2018-09-21 21:06 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

二女へのお土産

d0296626_15302513.jpg

早くも4日目の朝になりました。写真をカメラで撮っているので、帰宅後、ブログで書くのを楽しみにしています。
イギリスはとても強い風が吹いていました。普通は3月に吹くらしい、アメリカ大陸からの暖かな風なのですが、とても強い風です。日本だと「春一番」みたいなものかな?、それが9月に吹いてしまっていたのです。そんな中、お庭巡りを楽しみました。
これは二女へのお土産。動物好きな二女なら喜びそう!


[PR]
by usakichi71 | 2018-09-20 15:28 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ついに来たイギリス

今、イギリスを旅行中です。戻ったら旅行記を書きます。昨日着いたのですが、疲れすぎて、何も書けなかった…。旅行中はきっと、ほとんど書けないかな?

d0296626_01595068.jpg

これはお土産。自分用にハサミを買ってしまいました。小さなナイフとノコギリも付いている優れ物です。
d0296626_02065297.jpg

今はホームステイをしています。素敵なお家で優しいホストファミリーで満足なのですが、唯一困ってるのは、自分の英語力の無さ…。朝から晩まで英語なので、本当に英語の勉強に、なりますが…。

d0296626_02071820.jpg


窓から見える景色も素敵です。鳥がたくさん居ます。


[PR]
by usakichi71 | 2018-09-19 01:56 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

長男とお昼

長男は8月で27歳になりました。忙しくてお祝いも出来なかったので、今日は二人でお昼を食べに近くの中華屋さんへ。
d0296626_17500697.jpg

d0296626_17502831.jpg

d0296626_17505868.jpg

すっかり大人になってしまった息子。嬉しいけど、不思議です。あんなに小さくて可愛かったのに、全く面影がない!

小さい頃の息子にもう一度会ってみたいな…。

さて、明日はいよいよイギリス旅行に出発です。
友達が窓際の席予約してくれたから、飛行機から外を眺めるのが楽しみ。(子ども地味た趣味かもしれませんが…)

d0296626_17562552.jpg

寅吉くんも、いい子で待っていてね。




[PR]
by usakichi71 | 2018-09-16 17:47 | つぶやき | Trackback | Comments(2)