タグ:ガーデン ( 35 ) タグの人気記事

大人のお散歩 その1

昨日は高校時代の友人とお出かけしてきました。年に1回会えれば良いほうなのですが、卒業してから35年、今でも会える友達は彼女たちだけです。昔から今まで、ず~っと友達でいてくれる本当に貴重な友達です。
集合場所は有楽町線の「江戸川橋駅」多分初めて降りたと思うのですが、駅の側を神田川が流れ、大きな道路の脇から細い路地がたくさん伸びていました。私たちは鳩山会館に行き、お庭を見ようと思っていましたが、スマホの地図を見ながらトコトコ歩いてたどり着いたのはなぜか裏口。その上、何かの会が開かれるらしく、臨時休業だったのです…。建物についてる鳩の彫刻の写真を撮り、せめて正面入り口を見て行こうと、正面入り口まで行ってみました。

d0296626_09300077.jpg

鳩山会館の裏手の端っこは「石川啄木初の上京下宿跡」という場所がありました。坂の上なので眺めが良かったようですね。特に建物は何も残っていないし、ゴミ捨て場の横なので、ちょっと石川啄木が可哀想かな…(-_-;)
d0296626_17151196.jpg
正面玄関に行ってみると、ひっそりと臨時休業の看板が…。ホームページにも出ていなかったけどな。
(家にも戻りホームページを確認すると、65周年の記念式典のため休館と、書いてありました。ホームページも見たのに、なぜ気が付かなかったんだろ~(;´Д`)?)
d0296626_09310580.jpg

バラが咲くお庭は坂の上みたいで、何も見えませんでした。残念。またいつか来てみたいです。

d0296626_09315404.jpg
残念なので、駅まで戻ると、近くにある「椿山荘」へ行ってみることにしました。椿山荘も大きなお庭があったはずなので、散歩には丁度よさそうです。それに、どこに行くのでも良いのです。お友達に会って、元気かどうか?とか最近の様子とか、とにかくおしゃべり出来るだけで嬉しいんだもの。

江戸川橋駅の近くの高速道路下の公園はとても素敵な空間になっていました。公衆トイレも綺麗だし、
d0296626_09320926.jpg

健康遊具や子どもの遊び場もありました。
d0296626_09322754.jpg
そして、神田川沿いに続く遊歩道。桜の季節は綺麗だったでしょうね。桜並木に藤棚等があり、もちろんベンチもあり、とても爽やかな道でした。神田川は水はそれほど無かったのですが、昔より綺麗になっているような気がしました。

d0296626_09323609.jpg

しばらく歩くと椿山荘の裏口(裏口に縁があるのかな?)に着きました。
散歩中の陸ガメさんにも会いました。足にガムテープ貼ったり靴下穿いたりしていましたが、アスファルトでは足が痛くなるのかしら?
d0296626_09325263.jpg

椿山荘の中は小さな森のように緑で一杯でした。池や小さな滝があり、樹齢500年のしいの木も…。ご神木として大切にされています。
d0296626_17341878.jpg

都会でも、近くにこのくらい緑がある場所なら暮らせるかな~?と思ったり。
d0296626_09331294.jpg
d0296626_09332570.jpg
d0296626_09334680.jpg
d0296626_09333487.jpg
結婚式場があるので、土曜日だったこともあり、何組かの新郎新婦を見かけました。昔ながらの白無垢姿の花嫁さん、良いですね…。

このあたりで、もう12時お昼の時間です。私たちは東京駅まで移動することにしました。
江戸川橋から東京まで、色々な行き方があったのですが有楽町線で大手町まで行くことにしました。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-05-20 21:09 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園と大多喜ハーブガーデン〜

バラ園の中にあるホテル ローズヒル。朝起きて、窓の外を見ると、お庭!もちろん、朝ごはんの前に散歩に出かけました。
d0296626_21283866.jpg
テーブルと椅子の置いてある1階フロアー。でもここでは食事はしません。
d0296626_21295271.jpg
味わいのあるバー。でも、お酒は飲まないで寝てしまいました…。
d0296626_21295856.jpg
お庭に出ると朝日を浴びて、お庭が喜んでいるようです。爽やかです。
d0296626_21300720.jpg
バラ以外の植物も綺麗なので、たくさん写真を撮りました。
d0296626_21301098.jpg
バラには朝露が光っています。綺麗だね~。
d0296626_21302537.jpg
ハーブもたくさん植えてあります。
d0296626_21301915.jpg

d0296626_21313279.jpg

朝ごはんのサラダ。トマトがバラの形です。
d0296626_21315262.jpg

キウイフルーツの棚があり、花をつけていました。キウイの花ってこんなだったのね…。

d0296626_21323334.jpg

お世話になったホテルを出発し、早めに家に帰ります。
d0296626_21334888.jpg

d0296626_21340832.jpg
でも、すぐ近くにある「大多喜ハーブガーデン」には寄っていくことにしました。
大きなビニールハウスの中で、ハーブが栽培されていて、他にもお店があり、色々楽しめます。

d0296626_21352089.jpg

d0296626_21352442.jpg

d0296626_21353118.jpg

屋台で買ったアジアンスイーツが美味しかった。他に手作りのお店やハーブティー等のお店もありました。お土産に苗も購入。

d0296626_21353680.jpg

海ほたるは満車で入れませんでした。こうして、一泊二日の千葉旅行は終わりました。急に行くことになったけど、結構充実した旅になり良かったです。千葉にも良い所がたくさんありますね。また行きたいと思います。
d0296626_22073522.jpg

おわり


[PR]
by usakichi71 | 2018-05-19 22:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園〜

d0296626_20423525.jpg

大多喜町に着いたのは4時過ぎでした。急な坂を登った上に、バラ園があります。ホテルはバラ園の奥の方に建っていました。小さなホテルですが、静かで落ち着きます。


d0296626_20442101.jpg

お部屋の中も良い感じです。
d0296626_20582404.jpg

ホテルにチェックインしてから、夕暮れせまるお庭を散歩しました。夫は運転で疲れたのか、部屋で寝てました。

青いヤグルマギクがたくさん咲いていて、バラ以外の花も楽しめました。

d0296626_20464283.jpg
d0296626_20424458.jpg


バラは草ぶえの丘バラ園よりも咲いていました。種類も私の知っているバラか多くて、一つ一つ、匂いをかぎながら廻りました。


d0296626_20421715.jpg
d0296626_20482194.jpg
d0296626_20415609.jpg

バラ園には小さなチャペルもあり、結婚式にも使えるみたいです。

バラ園の終わる時間になってもホテルに泊まるのでゆっくり見ていられます。可愛い橋や池もあります。

d0296626_20430724.jpg
葉っぱがお花の様なペインテッドセージ綺麗でした。
d0296626_20425476.jpg

楽しく歩ける庭でした。
d0296626_21023300.jpg
のんびりと散歩してから部屋に戻り、食事に別棟のレストランへ出かけました。
日が暮れていくバラ園を眺めながら食事しました。
d0296626_20495331.jpg

ホテルも、レストランも天井が温室の様になっています。


d0296626_20510914.jpg
d0296626_20550339.jpg
d0296626_21052849.jpg


とてものんびり出来るホテルでした。夕ご飯で飲んだワインはローズワイン。バラの香りがしましたよ!


でも、バラか咲いていない時はどうしてるのかな〜?と心配になりました…。春と秋はバラか綺麗でしょうが、冬は…。他の植物で人を呼ぶか、建物内でイベントをするのかな?せっかく植えたバラがいつまでも残るように、丘の上バラ園に頑張ってもらいたいです。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-05-18 07:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~DIC川村記念美術館の庭~ 

ゴールデンウィーク、バラ園旅行の続きです。草ぶえの丘から美術館へは10キロも無いので、直ぐに着きました。連休中だからか、とても人が多く、臨時駐車場に案内されるほどでした。
私達が着いたのは11時半だったので、先に美術館のレストランで食事してから見に行こうか?と、レストランに寄ってみると、なんと、20件ぐらいの先約が…!諦めようかとも思いましたが、先にお庭を見学していたら順番が来るかも…と、思い、順番待ちの紙に名前を記入して、美術館の周りの庭を見学に行きました。

美術館の前には大きな池があり広い芝生が気持ちの良い風景を作っています。
d0296626_20174179.jpg

d0296626_20174948.jpg

池の周りは散策路になってます。敷地は30ヘクタールという広大なものです。
d0296626_20175995.jpg

白鳥が巣を作って居ました。卵を温めているのかな?白鳥の他にも鳥がたくさんいるようで、鳴き声が聞こえました。

d0296626_20180500.jpg

大きな広場もありました。お店も出て、家族連れがたくさん。気持ちの良い天気ですものね。


d0296626_20190509.jpg

もう一つ池があり、睡蓮や花菖蒲が咲いていました。
d0296626_20194173.jpg


芍薬の花も咲いていました。
d0296626_20181738.jpg


木漏れ日が気持ちのいい散歩道です。

d0296626_20183382.jpg

散策路を一周して、レストランに戻ると、丁度順番が回ってきました。パスタランチは1,600円。とってもリーズナブルです。

d0296626_21253100.jpg

お昼のメニューは他にメインをお肉かお魚か選べます(値段は違います)。前菜と食後のデザートは同じです。夫はお肉。私はパスタにしました。
d0296626_21261032.jpg


d0296626_21263995.jpg

お庭を見渡せる素敵なレストランでした。

d0296626_21271361.jpg
食事の後は美術館を見学して、大多喜町にあるローズヒルへ向かいました。

つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-05-16 07:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~佐倉草ぶえの丘バラ園~ 

パソコンが壊れていましたが、初期化することでまた使えるようになりました。データを保持したまま初期化したのですが、インターネットのお気に入りが無くなってしまったり、色んなダウンロードしたプログラムは消えてしまいました。でも、新しいパソコンを買うことを考えたら、ラッキーです。これでやっと、千葉の事が書けます。

出かける前に我が家のバラ「イントゥリーグ」(手前の赤紫のバラ)の香りを嗅いでから行きました。イントゥリーグはとてもいい香りなんです。
d0296626_16460999.jpg
ゴールデンウィークの後半、千葉へ行ってきました。行こうと決めたのは3日の午後。行ったのは4、5日なので、無計画に突然決めてしまいましました。でも、決め手は千葉の大多喜町にある「ローズヒル」と言うホテルの予約が取れたこと。バラ園の中にあるホテルです。バラの季節にバラ園に泊まれるなんて、そうそう無いことです。なので、ゴールデンウィークでちょっと値段は張りましたが、夫と二人で行ってきました。千葉には他にも京成バラ園等がありますが、京成バラ園には日帰りで何度か行ったことがあるので、今回は佐倉市にある、「佐倉草ぶえの丘バラ園」も見に行くことにして、4日の朝早く家を出ました。


d0296626_16502671.jpg
草ぶえの丘は千葉県の上の方で、我が家からは首都高速で東京ディズニーランド方面に行くことになります。渋滞が心配でしたが、無事通過。8時ごろには佐倉市に到着しました。途中のコンビニでコーヒーを飲み、それでも開園の前に駐車場に到着しました。
このバラ園は市の施設ですが、バラ園の前身は「アルバ」と言う別の民間のバラ園です。そこからこの場所に移設され、今はボランティアの皆さんが手入れなどの運営をしているそうです。日本のバラ界の偉人「鈴木省三」さんともゆかりが深く(アルバのバラは鈴木さんから譲り受けた物だったので)、資料館には鈴木省三さんが集めて研究したバラの資料があるそうです。でも私達が行った時は閉まっていて、見ることが出来ませんでした。(あとから、希望すれば見せてもらえたかもしれないと知りました。)
このバラ園は原種とオールドローズの収集・保存が目的なので、今、流行っているようなバラはありません。でも、バラの本来の姿や、美しさを知るためにはとても良いバラ園だと思います。
原種のバラ。とても可愛いです。
d0296626_16513628.jpg

佐倉草ぶえの丘のバラは原種のバラや希少なバラが多いので、私も知らない名前ばかりでした。ただ、鈴木省三さんの作出したバラはたくさんありました。
バラはまだ蕾が多く、見頃はもう少し先のような感じでした。鈴木省三夫妻のレリーフが飾られています。
d0296626_16511069.jpg
日本のバラコーナー。
d0296626_16515940.jpg
日本原産のバラコーナーには「ハマナシ」や「サンショウバラ」がありました。
葉っぱがサンショウみたいだな〜?と見ていたら、そんな名前でした。
d0296626_16522047.jpg

他にも中国のバラコーナーやアジアの原種コーナー、ルドゥテコーナー(ナポレオンの妃ジョセフィーヌの庇護を受けてマルメゾン宮殿のバラを描いたルドゥテの図譜にあるバラのコーナー)等々、見ごたえのあるバラ園でした。ただ残念ですが、まだ蕾が多く、花はもう少し後がピークのようです。

d0296626_16523602.jpg

広い園内に1,050種2,500本のバラが植わっています。ローズフェスティバルは5月19日から6月10日の予定でした。

d0296626_16525775.jpg
スゴイ棘のバラもあります。痛そうだな~。手入れが大変そうですが、手入れはボランティアで行っているそうです。偉いな~。
d0296626_16561224.jpg
草ぶえの丘にはこどもの遊ぶ場所がたくさんあり、多くの親子連れで賑わっていました。こいのぼりも泳いでます。

バラ園は開園と同時に入ったので、まだ時間がありました。丘の上バラ園のある大多喜町へ移動する前に、DIC川村記念美術館へ行くことにしました。

つづく






[PR]
by usakichi71 | 2018-05-12 15:40 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

海外からの種の持込

d0296626_20381500.jpg

お友達から種を貰い、自分もイギリスに行って、園芸雑誌を買ったとき、本の付録で花の種が付いていたので、スーツケースに入れて持ち帰り、もちろん、何の検査も受けなかったのですが、これって、本当は問題無いのかな?と思い、調べてみました。
すると、種を海外から持ち込むのには、本当は「植物防疫所」の検査が必要だったようです。

海外から土を持ち込めない事はバラを輸入する時、土を落とさないとダメだと、何かの本で見たので知っていました。でも、種は個人が庭に植えて楽しむ程度なら問題無いと思っていたのです。

知っていて隠していた訳でないので、電話で聞いてみました。今後も出来たら旅行先から種をお土産に買ってきたいしね。
海外の種は、貰った種もそうですが、日本の種と違ってパッケージが綺麗で夢があります。育て方の説明は日本製の種の方が上のように思えるけど、夢があるのも大切ですよね!

農林水産省の機関の植物防疫所というところに電話をしてみました。それによると、本当は空港に着いたら、入管を過ぎたあたりに、植物を日本に持ち込む場合に検査を受ける場所があるみたいです。
知らずに持ち込んでしまいました。と伝えると、どんな種をですか?と聞かれ、「ジキタリスとかコスモスとかの、普通な花壇に植える花の種です。」と伝えると、次回からは気を付けて下さいね。と言う感じに言われました。検査は種に病原菌が付いていないかどうかの検査をするらしいのですが、詳しくはわかりません。

今度は空港で検査受けてみよう〜!

d0296626_07533431.jpg
やっと、ここまで育ったイギリス土産の種から育てたジキタリス。花が咲くまで丸一年かかります。






[PR]
by usakichi71 | 2017-12-22 07:33 | ガーデニングの勉強 | Trackback | Comments(0)

イングリッシュガーデンのあるお店 〜山梨旅行記その2〜

お昼を食べたのは結婚式やコンサートを行うホールを併設した「KINGSWELL」の中のレストラン。登美の丘にチラシが置いてあったので、偶然見つけたのですが、イングリッシュガーデンがあると書いてあるので、これは是非とも見なくては!と思い、行ってみました

行ってみると、お食事のお客様はお庭の見学無料とあります。先に食事をして、ゆっくり見ることにしました。

ランチはサラダとスープ、お肉かお魚を選ぶコースでした。「甲斐サーモン」の載ったサラダ。甲斐サーモン?鮭が来るの?と不思議に思い調べると、鮭ではなくて大きなニジ鱒でした。柔らかくて美味しい!
d0296626_13024878.jpg

室内は静かです。
d0296626_13040095.jpg
食後、お庭を見せて下さいと伝えると、ウサギとポニーも居ますと、言われ、行ってみると、ウサギさんは冷暖房完備の離れの様な小さな建物の中で、一匹ずつ飼われていました。たくさん居ましたが、ナデナデするだけで、抱っこは出来ません。
昔、ウサギを飼ったことがあるので、またウサギと暮らしたくなりました。

d0296626_13042377.jpg

さて、お庭ですが、とても本格的なガーデンです。構造がしっかりと作られているので、イングリッシュガーデンもどきでは無いことは確かです。
生垣で仕切られた中に、幾つかのガーデンが作られています。
d0296626_13043723.jpg

お庭の一部には小川があり、池になった部分には鯉が何匹も泳いでいました。小川のまわりはナチュラルな散歩道。
d0296626_13045536.jpg

小川の水音に癒やされますね。
d0296626_13050747.jpg

庭の中心には沈床式フォーマルガーデンが、シメントリーに作られていて、バラもたくさん植えられていました。
結婚式場にもなるようなので、ここで写真撮ったりするんでしょうね!
d0296626_13052006.jpg

噴水もありました。
d0296626_13053935.jpg

長いアイアンアーチ。バラの頃は素敵でしょうね。
d0296626_13055093.jpg

アーチを抜けて少し行くと、ポニーとヤギさんが居ます。元気なポニーは餌をよこせ〜!と柵を蹴ってました!ポニーさんたちも結婚式に出たりするのかな?ヤギは?不思議。

d0296626_13061053.jpg

計画していた訳ではないのに、お庭を見る事が出来てラッキーでした。

まだ宿に行くには早いので、山梨県立美術館にも寄りました。




[PR]
by usakichi71 | 2017-08-14 20:00 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

清里ガーデン巡り 〜八ヶ岳倶楽部〜

八ヶ岳倶楽部も2年前に一度訪れて居たのですが、ここはあまり変化していないように見えました。
d0296626_22100063.jpg

八ヶ岳倶楽部の庭は自然そのままを歩きやすく整備しただけみたいな庭です。だから、変化していないように見えることも大変なことで、どんなふうに維持しているのかな?と思いました。
d0296626_22104625.jpg

でも、前に来た時には気が付かなかった屋根の上の様子に気がついたり、前は飲めなかったフルーツティーを飲めたり、すっごく遠くから、柳生博さんの姿を拝見したりしました。
d0296626_22110678.jpg
八ヶ岳倶楽部はギャラリーになっていて、素敵な作品が展示されています。宝くじが当たったら買いたい物がたくさんありました。


d0296626_22114746.jpg
名物のフルーツティーは果実の甘味でお茶がとっても美味しくなります。たくさんフルーツが入っているので、これも食べたくなりますが、甘味がお茶に抜けているので食べるものでは無いらしく、お皿は出てきませんでした。お家で作ったらこれも食べちゃいそうだな…と、食いしん坊の私は思ってしまいました。
d0296626_22120575.jpg


八ヶ岳倶楽部を出たら後は帰るだけだったのですが、本当に不思議な事に、私達が車に乗って走り出すと、パラパラと雨が降ってきました。
朝、家を出た時は雨でしたが、お庭を見ている間は、曇時々晴れで、傘は必要なかったのです。ラッキーだったな〜!
これも、お友達の「引き寄せ日記」のおかげかな?
この日記のことはまた、詳しく書きたいと思います。




[PR]
by usakichi71 | 2017-06-30 18:38 | ガーデニングの勉強 | Trackback | Comments(0)

清里ガーデン巡り 〜萌木の村〜

ポリアンナの庭を出て、車で萌木の村へ向かいました。萌木の村へ行くのは2回目、前回は二年前の夏です。萌木の村では夏にフィールドバレエと言う屋外で上演するバレエがあり、前回はその準備で広場に舞台が作られていました。
今回はまだそれは無く、庭の整備が二年前より進んでいるし、植物も大きくなっていました。

d0296626_18381278.jpg

萌木の村のお庭はポール・スミザーさんのデザインです。先月、ポールさんの講演会に行ったので、ポールさんの作った庭を見たくて行ったのです。
でも、ポリアンナの庭を見た直後のせいか?萌木の村の庭は、森の中に庭を作ったと言うより、木も何も無かった場所に庭を作ったと言う感じがしました。そう感じたのは石垣がまだ積んだばかりな感じの場所があったり、広い広場があったり、まだ植物が大きくなっていなくて地面がよく見えている場所があったせいなんですが…。

d0296626_18395430.jpg

萌木の村の中には、可愛い小物のお店や食べ物屋さんが並んでいます。それも、2年前にとは少し変わっていました。

d0296626_18413269.jpg

バラはまだ蕾も多く、これからです。ポールさんの植えるバラは無農薬でも大丈夫な強いバラ。

d0296626_18423332.jpg

植物は葉っぱで見せる物が中心です。ホスタも種類がたくさん!
d0296626_18390098.jpg

アルケミラモリスの葉っぱには水玉がコロコロと玉になり載っていました。

d0296626_18372447.jpg

村の奥には植物のお店もあったので、お土産に3株、買ってきました。
「ディディスカス(ブルーレースフラワー)」「うずら葉タンポポ」「ストロベリーミント」(本当にイチゴの香りがする!)の3株です。ディディスカス以外は宿根草だから、長持ちするといいな…。ディディスカスも種で増やせるそうです。

まだまだ変化中の萌木の村です。本当は夏の夜に公演するフィールドバレエを見に行きたい。いつか行けるかしら?















[PR]
by usakichi71 | 2017-06-29 07:44 | ガーデニングの勉強 | Trackback | Comments(0)

清里ガーデン巡り 〜ポリアンナの庭〜

日曜日、お友達と山梨県の清里へガーデン巡りの日帰り旅行に行ってきました。
天気予報は曇時々雨。家を出るときにも普通に雨。これは、雨女パワーが蘇ってきてしまったようだわ…。と諦めて、長い傘を持って出掛けました。
まず、八王子からスーパーあずさ1号に乗り、一人目のお友達と合流。朝ごはんのサンドウィッチを食べながらおしゃべりしているうちに、小淵沢に到着。駅で、前日から小淵沢に来ていた二人目のお友達と合流。

d0296626_21051431.jpg

そして、ほんの少し待つ間に三人目のお友達が東京から車でやって来て合流。みんなバラバラにやって来てもちょうどいい感じで合流出来てとてもいい感じです。雨も止んでいて、涼しいし、庭巡りには最適な天気でした。
さて、今回の庭巡りでは、素敵な偶然が重なり、小淵沢にある、ペンション「ポリアンナ」のお庭を午前中に見せていただけることになりました。4人で車に乗ってポリアンナまで行くと、雨上がりの爽やかなお庭が待っていました!

d0296626_21083232.jpg
ポリアンナは創業30年を越す、老舗ペンションです。お友達がオーナーのご親戚にあたるので、特別に朝からお庭を見せていただけましたが、通常は宿泊者以外は11時から15時のレストラン営業時間に庭をみせていただけます。

d0296626_21085220.jpg

急なお願いにも関わらず、美味しいお茶と自家製ケーキまで!ありがとうございました!


d0296626_21091017.jpg
お庭は広い敷地の中、手作りでとても手間をかけて作られています。散歩をしながら、ここからはこんな花が見えたらイイね、とか、ここにはこれが育ちそうだな、とか、考えながら、苗を育て、株分けし、時をかけて育てて来たんだろう…と、思いました。たくさんの種類の植物が使われていて、植物好きじゃ無い人が見たら、ただ緑にしか見えないでしょうが、植物好きな人ならば、その風景はただ自然に出来たものでは無いことはすぐに分かると思います。

d0296626_21141391.jpg

森の中で庭を作ることは、大きくなる樹木と植物との戦いです。自然を壊さずに、その環境に合う植物を選び、植えても、ほんの少し、木漏れ日が減るだけで、元気な植物がAからBと変わってしまいます。多様な植物をいつ見ても美しいように組み合わせ、手入れするのは、とっても大変なんだと思います。でも、好きだから、ついつい庭も広げてしまうし、手入れはエンドレスになってしまうんですよね…。と、オーナーさんと話したわけではないので、これは私の想像です。
d0296626_21145124.jpg
d0296626_21153185.jpg

d0296626_21155968.jpg

また、ゆっくりと訪ねてみたい庭でした。
d0296626_21165258.jpg


d0296626_21175850.jpg
d0296626_21190070.jpg
ペンションの中も見せていただけました。
d0296626_21274324.jpg

d0296626_21310881.jpg
d0296626_21320809.jpg


d0296626_21282912.jpg

d0296626_21192928.jpg




ポリアンナさんのホームページ






[PR]
by usakichi71 | 2017-06-26 21:37 | ガーデニングの勉強 | Trackback | Comments(0)