タグ:旅 ( 154 ) タグの人気記事

旅行準備とこぎん刺し

8月は娘達と青森旅行を計画しています。下北半島は青森県の太平洋側の大きなマサカリ型の半島です。大きな半島なのに、列車は根元の辺りまでしかありません。行ってみたいけど、どう行けばいいのか?どう観光すれば良いのか?考えるのが結構難しい場所でした…。
新幹線で行くと八戸から列車で2時間くらいかかるので、どんなに早く出かけても、11時に着く感じです。お昼食べたりしていたら、恐山にしか行けそうもない。そこで、考えたのが夜行バスです。
なんと、下北までの直行便で、朝の8時半には着きます。これなら、尻屋崎と恐山の両方行けそうです!夫は留守番なので、ちょっとハードな旅程ですが、娘達は耐えられそうです。
泊りは薬研温泉、翌日は、仏ヶ浦に行ってみたいと思っています。

まだまだ考え中ですが、二女が昨日からやっていた新たな手芸。「こぎん刺し」、調べたら青森の伝統工芸(手芸?)でした。青森で本格的なこぎん刺しを見てみたいな〜!
d0296626_13065788.jpg

初めてなのになかなか上手です。
こぎん刺しは麻布に木綿の糸で刺していくのですが、これは昔、農民は木綿の着物を着ることを禁じられていたので、寒さを防ぎ布の磨耗を防ぐために考えられた技法なんだそうです。
元は藍で染めた麻布に白い木綿糸で刺していたそうです。
d0296626_07465312.jpg

昨日の夕方もずーっとチクチクしていたのですが、今朝になったら小さなお財布みたいな物が出来上がっていました。2日で作ってしまいました…。
ちよっと、荒い部分もありますが、綺麗な模様が出来ました!




[PR]
by usakichi71 | 2018-07-09 07:45 | 手作り | Trackback | Comments(0)

美味しかった「白鳥の湖」

この前、白馬に行ったときの事です。安曇野のICの近くに、「開運堂」というお菓子屋さんがあります。和菓子も洋菓子もあるのですが、和菓子は「真味糖」の生が好きで、買いたかったので、ちょっと寄りました。洋菓子は買うつもりは無かったのですが、ふと、目に入ったこの「白鳥の湖」と言うクッキーが気になり、これも一箱買ってきました。
d0296626_10213838.jpg

きれいな白鳥の絵が描かれた小箱の中には紙の袋に小分けされたクッキーが入っているのですが、クッキーと言うより、落雁みたいな、ホロホロしているクッキーで、ポルポローネと書いてありましたが、味はそれとは違いました。自分でポルポローネを作るときはアーモンドプードルと粉砂糖を入れて作るのです。形もまんまるにします。白鳥の湖はアーモンドは感じませんし、平べったく、白鳥の型押しがしてあり、とても可愛いお菓子でした。少しだけシナモンが入っていて、柔らかくて、とても美味しかったです。日持ちはあまりしませんが、コーヒーにも緑茶にも合いそうです。お気に入りが一つ増えました。



[PR]
by usakichi71 | 2018-07-03 10:08 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン〜

白馬から帰る途中、安曇野に「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」はあります。化粧品を作る会社のガーデンで、予約制なのですが、実は行く前に予約はしていませんでした。天気はあまり良くない予報だったので、真っ直ぐ帰ろうか?と思っていたのです。でも、やけにいいお天気に!
朝九時に白馬から予約電話をして、午前中の予約をしました。午前中にガーデンに入れば出るのは午後になっても良いそうです。ただし、ガーデン内にレストランは無いのでお昼は食べられません。化粧品会社のお庭と聞いて、たいしたことない庭なのでは?と考えていた私はとても浅はかだったと思うことになるのですが…。
11時半頃、お庭の駐車場に着きました。

d0296626_21333250.jpg

青い看板がオシャレ。入口で料金を払い、貸出用の日傘を借りて中へ
d0296626_21334144.jpg

入ると直ぐに澄んだ池が見えます。
d0296626_21373150.jpg

ボーダーガーデンを通り過ぎ、小さなトンネル(上が道になってます。)を抜けると、
d0296626_21374634.jpg

白樺の林。爽やかだ〜!
d0296626_21421818.jpg

バラを添わせた石のアーチをくぐると、緩やかな坂道、
d0296626_21425184.jpg

森の中のような静かできれいな小道、
d0296626_21432806.jpg

上がって行くと、先程のトンネルの上に出ます。
そして、そこを過ぎると、北アルプスの天然水が流れていて、飲むことも出来ます。もちろん飲んで見ましたが、美味しいお水でした!この水がお庭に流れていきます。
d0296626_21434543.jpg

水場を過ぎると下り坂。ヤマアジサイとアナベルが優しい色です。
d0296626_21435246.jpg

大きなアーチには藤が繁っていました。もう少し前には綺麗に咲いていたのでしょうね。奥は座って休む場所があります。
d0296626_21474816.jpg

休む場所や立ち止まりたい場所がたくさんあります。
d0296626_21482149.jpg

クレマチスの絡む東屋。
d0296626_21494421.jpg

水路がたくさんありますが、水がとてもきれいです。
d0296626_21502269.jpg

ガーデンの中心にあるウォーターガーデン。澄み切った水が、非日常の美しさです。

d0296626_21490267.jpg

コニファーの整然とした美しさ…。
d0296626_21503008.jpg

白い花で作られたヒドゥンガーデン
d0296626_21513019.jpg

小さな噴水。綺麗だな〜。
d0296626_21535942.jpg

ガーデンの奥にあるファクトリーの中には工場と手づくり工房、展望室かあります。建物もとても絵になる…。
d0296626_21521632.jpg

展望室からは北アルプスの山が見えます!綺麗だな〜!
d0296626_21550283.jpg

庭も一望出来ます。
d0296626_21551193.jpg

ガーデンの中には飲み物と少しだけお菓子を販売するお店がありました。
d0296626_21584394.jpg

d0296626_17413214.jpg
私達も飲み物とお菓子をいただきました。
日差しは強いけど、風は爽やか。庭も美しくて、気持ちいい〜!

d0296626_21591541.jpg

きれいに植栽されている植物は自社農園で育てているそうです。すごいな〜。
d0296626_21592083.jpg

ロックガーデンから見える景色。
d0296626_22002235.jpg

ウッドランドは雑木林の中の散歩道のようです。

d0296626_22002760.jpg

出口近くにアロマガーデンが作られていました。触って楽しむガーデンです。

d0296626_22003725.jpg

そして、出口(入口)ビーナスの彫像がきれい…。
ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデンは私の想像以上の素晴らしいガーデンでした!いつか、秋にも来てみたい!
d0296626_22004615.jpg

実は秋には私はイギリスにまた行く事になっています。
前回はツアー旅行で、お庭は自由時間に行った、チェルシーフィジックガーデンと、ホテルのそばにあった、ホランドパークにあるお庭を見たのと、ケンジントン宮殿にある庭は隙間から覗いただけなので、あまり庭は見ることが出来なかったのですが、今度は個人旅行。ホームステイで3泊、ロンドンに4泊します。ホームステイ先ではホストファミリーにガーデンに案内していただけることになっています。ロンドンでは庭に関する場所やリバティに行ってみたいな〜!
私よりも若くて、仕事でもガーデンに関わっている素晴らしいお友達と一緒です。
お荷物にならないように、そして、たくさんの事を吸収して来れるように、準備頑張ります。
イギリスでもいい庭をたくさん見てきたいです!

でも、ラ・カスタの庭も、素晴らしい庭でした!




[PR]
by usakichi71 | 2018-06-30 20:04 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜白馬コルチナ・イングリッシュガーデン 2〜

日曜日、思いかけずいいお天気になりました。眩しくて、目がシパシパしてしまいます。庭に出る途中、ホテルの中で、ガーデンのデザイン画を見つけました。着工直後の写真も…本当に何も無かった場所だったのですね…。
d0296626_21060215.jpg
d0296626_21084158.jpg


前日もたくさん写真を撮りましたが、この日も色々と植栽が気になって写真をたくさん撮りました。
3年前の様子 と比べても庭が育ったことがよくわかりました。



d0296626_21273127.jpg
d0296626_21273806.jpg
d0296626_21280126.jpg
d0296626_21282590.jpg
d0296626_21290233.jpg
d0296626_21300997.jpg
d0296626_21303066.jpg
d0296626_21415309.jpg

バラや季節の宿根草の花も勿論きれいなのですが、それらは庭の一つの要素で、庭の本当の良さはこうして、テクテクと散歩して楽しめる事。季節を感じ、植物の成長を感じ、目と耳と肌で庭のパワーを感じることなのかな?
それはきっと、我が家のような小さな庭でも同じなんだろうけど、今の我が家は歩くたびに色々と気になり、安心して見回れない…。ポールさんはこの庭に一年草は一つも植えていません。それでも見応えのある綺麗な庭です。一年草が無い事で、華やかさは減るかもしれませんが、葉の色、葉の形等も吟味すれば、充分素敵な庭になるのですね。

庭は生き物、だから完成といっても年々変化してしまいます。私も自分の小さな庭を、もっと考えて手入れしなきゃ!と思いました。

この日はもう帰らなくてはなりませんが、もう一つ庭に寄ることにしました。

でも、その前に、二女と卓球。庭ばかりじゃつまらないものね!
d0296626_21361866.jpg


[PR]
by usakichi71 | 2018-06-29 20:36 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜白馬コルチナ・イングリッシュガーデン 1〜

白馬コルチナ・イングリッシュガーデンは、ホテルグリーンプラザ白馬の目の前にあります。冬にはたくさん雪が降るので、ホテルの前にはもともとスキー場があります。ガーデンはそのスキー場の一角、山の斜面に作られています。庭づくりのコンセプトも「山の地形を生かして可能な限り多くの現存樹木を残し、景観に合うようにナチュラルガーデンを創り上げる…」とありました。
渋滞やランチで時間が掛かったので、ホテルに着いたのは4時過ぎでした。雨も降っていましたが、夫と二人で少しだけ見に行きました。
バラは家の方は盛りを過ぎていますが、白馬はこれからのようです。
庭は15個のテーマで作られていて、散歩をしながら眺めて行きました。
ウォールドガーデンは小さな壁に囲まれた庭です。小さいと言っても、我が家の庭の一番広い所よりずっと広いですが…。


d0296626_17192143.jpg
バラをはじめたくさんの花が咲いているのですが、このガーデンには樹木の他は宿根草・多年草・球根しか見当たりません。
たくさんの種類の宿根草がバランスを保ちながら育っていました。

d0296626_17253895.jpg

ローズガーデンには蕾のたくさんあるバラが綺麗に咲いていました。
d0296626_17263187.jpg

グラスガーデンはたくさんのグラスが塊りごとに植えられています。色が綺麗です。


d0296626_17255507.jpg

ボーダーガーデン。色んな花がそれぞれ自分の咲くべき時に咲くのでしょうね。背が高くなるものは支柱が付けられ、あまり広がりすぎないように根元を結わえた物もありました。綺麗に見せるためにはガーデナーの仕事が欠かせませんね。
d0296626_17254891.jpg

斜面を登っていくと、どんどん自然風な庭になっていきます。ホスタやイヌコリヤナギが3年前に訪れた時よりも、とても大きくなっていました。リバーウォークは小川沿いの道。
d0296626_17260808.jpg

木の下のウッドランドウォークガーデンも植栽が大きくなっています。
d0296626_17262190.jpg
ホスタも花を咲かそうと、蕾をたくさん付けていました。
d0296626_17293257.jpg
3年前には無かったシークレットガーデンが出来ていました。庭の一番奥に作られた広い芝生の庭です。

d0296626_17291345.jpg

あっという間に5時になってしまったので、続きは翌日にして、部屋へ戻りました。
d0296626_17293851.jpg



[PR]
by usakichi71 | 2018-06-27 07:54 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

6月の白馬へ 〜まずは隠れ家レストラン〜

5月に国際バラとガーデニングショウを見に行き、マーク・チャップマンさんのショウガーデンを見ました。
それはそれでとても素敵でしたが、3年前に家族で信州旅行に行ったときに見た、白馬のマークさんのデザインしたガーデンは、今どうなって居るかな?と、気になり、夫へつい、「行ってみたいな〜。」とつぶやいてしまいました。前回は真夏だったので、本当に暑くて、私以外誰も一緒に見てくれなかったのですが、今回はなぜか?夫も行きたいと言うことになり、二女と私と夫の3人で行くことにしました。

6月は関東ではバラは盛りを過ぎていますが、信州はこれから、でも、梅雨だし、どうなるかな?と心配でしたが、行ってきました。
連休に千葉に行ったばかりだし、お財布も心配…。

宿はマークさんのガーデンの有る、ホテルグリーンプラザ白馬(温泉も有り、格安プランが有ります!)をとりました。

出発の土曜日は曇り空。予報も雨になりそうな…。

仕方無いので初日はガーデンはあまり期待せず、ランチに期待をかけました。
私の昔の上司に教えてもらった、安曇野にあるレストランです。予約が出来ないので、開店の11時半より前に着くようにしなければなりません。途中、事故渋滞もありましたが、なんとか10分前に到着。車の外で写真を撮っていたら、少し年配の男性に声をかけられました。「何で、この店を知ったんですか?」「職場で教えて下さる方がいたんですよ。今回2回目です。」「そうですか、私は地元です。開店の時から来ています。昨日も来たんですが入れなくて…。でも、どんなに常連でも、ランチは予約出来ないんです。」とお話ししてくれました。
大きな道からは少し入った森の中のような場所なので本当に隠れ家みたいです。

私達は2回とも開店前に到着して入れたのでラッキーでした。
残念な点は一つだけ…。なぜか、店の前で撮った何枚かと、店内で撮った何枚かの写真のデータが壊れてしまいました。カメラで撮ったものなのですか、何故なのかな?
でも、スマホでも撮ってあったので、良かった!自分の分も人の分も写真に写してしまいました~。

d0296626_08013391.jpg

d0296626_21222730.jpg
d0296626_18575208.jpg
d0296626_19171290.jpg

d0296626_19173313.jpg

d0296626_21073163.jpg
d0296626_21085524.jpg
どの料理も目にも楽しく、美しく、そして美味しい!好き嫌いの多い二女はメニュー選びが大変なのですが、お店に伝えると、対応してくれるので助かります。二女の嫌いなものは、チーズ、チョコレート、生クリーム、トマト。バターも少し苦手。
私も子どもの頃はたくさん苦手なものが有ったので、仕方無いかな…。
でも、お店の人がとても気をつかって色々聞いてくれるので悪いと思ったのか?「好き嫌い無くした方が良いかな〜。」と言っていました。私も自分で好き嫌い無くそう!と思ってから何でも食べられるようになったので、娘にもそうなって欲しいものです。

ゆっくりと2時間ほどのランチタイムを楽しみました。

食事を終えて、外に出ると雨。宿へと車を走らせました。





[PR]
by usakichi71 | 2018-06-24 20:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園と大多喜ハーブガーデン〜

バラ園の中にあるホテル ローズヒル。朝起きて、窓の外を見ると、お庭!もちろん、朝ごはんの前に散歩に出かけました。
d0296626_21283866.jpg
テーブルと椅子の置いてある1階フロアー。でもここでは食事はしません。
d0296626_21295271.jpg
味わいのあるバー。でも、お酒は飲まないで寝てしまいました…。
d0296626_21295856.jpg
お庭に出ると朝日を浴びて、お庭が喜んでいるようです。爽やかです。
d0296626_21300720.jpg
バラ以外の植物も綺麗なので、たくさん写真を撮りました。
d0296626_21301098.jpg
バラには朝露が光っています。綺麗だね~。
d0296626_21302537.jpg
ハーブもたくさん植えてあります。
d0296626_21301915.jpg

d0296626_21313279.jpg

朝ごはんのサラダ。トマトがバラの形です。
d0296626_21315262.jpg

キウイフルーツの棚があり、花をつけていました。キウイの花ってこんなだったのね…。

d0296626_21323334.jpg

お世話になったホテルを出発し、早めに家に帰ります。
d0296626_21334888.jpg

d0296626_21340832.jpg
でも、すぐ近くにある「大多喜ハーブガーデン」には寄っていくことにしました。
大きなビニールハウスの中で、ハーブが栽培されていて、他にもお店があり、色々楽しめます。

d0296626_21352089.jpg

d0296626_21352442.jpg

d0296626_21353118.jpg

屋台で買ったアジアンスイーツが美味しかった。他に手作りのお店やハーブティー等のお店もありました。お土産に苗も購入。

d0296626_21353680.jpg

海ほたるは満車で入れませんでした。こうして、一泊二日の千葉旅行は終わりました。急に行くことになったけど、結構充実した旅になり良かったです。千葉にも良い所がたくさんありますね。また行きたいと思います。
d0296626_22073522.jpg

おわり


[PR]
by usakichi71 | 2018-05-19 22:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園に行ってきました 〜丘の上バラ園〜

d0296626_20423525.jpg

大多喜町に着いたのは4時過ぎでした。急な坂を登った上に、バラ園があります。ホテルはバラ園の奥の方に建っていました。小さなホテルですが、静かで落ち着きます。


d0296626_20442101.jpg

お部屋の中も良い感じです。
d0296626_20582404.jpg

ホテルにチェックインしてから、夕暮れせまるお庭を散歩しました。夫は運転で疲れたのか、部屋で寝てました。

青いヤグルマギクがたくさん咲いていて、バラ以外の花も楽しめました。

d0296626_20464283.jpg
d0296626_20424458.jpg


バラは草ぶえの丘バラ園よりも咲いていました。種類も私の知っているバラか多くて、一つ一つ、匂いをかぎながら廻りました。


d0296626_20421715.jpg
d0296626_20482194.jpg
d0296626_20415609.jpg

バラ園には小さなチャペルもあり、結婚式にも使えるみたいです。

バラ園の終わる時間になってもホテルに泊まるのでゆっくり見ていられます。可愛い橋や池もあります。

d0296626_20430724.jpg
葉っぱがお花の様なペインテッドセージ綺麗でした。
d0296626_20425476.jpg

楽しく歩ける庭でした。
d0296626_21023300.jpg
のんびりと散歩してから部屋に戻り、食事に別棟のレストランへ出かけました。
日が暮れていくバラ園を眺めながら食事しました。
d0296626_20495331.jpg

ホテルも、レストランも天井が温室の様になっています。


d0296626_20510914.jpg
d0296626_20550339.jpg
d0296626_21052849.jpg


とてものんびり出来るホテルでした。夕ご飯で飲んだワインはローズワイン。バラの香りがしましたよ!


でも、バラか咲いていない時はどうしてるのかな〜?と心配になりました…。春と秋はバラか綺麗でしょうが、冬は…。他の植物で人を呼ぶか、建物内でイベントをするのかな?せっかく植えたバラがいつまでも残るように、丘の上バラ園に頑張ってもらいたいです。

つづく




[PR]
by usakichi71 | 2018-05-18 07:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~DIC川村記念美術館の庭~ 

ゴールデンウィーク、バラ園旅行の続きです。草ぶえの丘から美術館へは10キロも無いので、直ぐに着きました。連休中だからか、とても人が多く、臨時駐車場に案内されるほどでした。
私達が着いたのは11時半だったので、先に美術館のレストランで食事してから見に行こうか?と、レストランに寄ってみると、なんと、20件ぐらいの先約が…!諦めようかとも思いましたが、先にお庭を見学していたら順番が来るかも…と、思い、順番待ちの紙に名前を記入して、美術館の周りの庭を見学に行きました。

美術館の前には大きな池があり広い芝生が気持ちの良い風景を作っています。
d0296626_20174179.jpg

d0296626_20174948.jpg

池の周りは散策路になってます。敷地は30ヘクタールという広大なものです。
d0296626_20175995.jpg

白鳥が巣を作って居ました。卵を温めているのかな?白鳥の他にも鳥がたくさんいるようで、鳴き声が聞こえました。

d0296626_20180500.jpg

大きな広場もありました。お店も出て、家族連れがたくさん。気持ちの良い天気ですものね。


d0296626_20190509.jpg

もう一つ池があり、睡蓮や花菖蒲が咲いていました。
d0296626_20194173.jpg


芍薬の花も咲いていました。
d0296626_20181738.jpg


木漏れ日が気持ちのいい散歩道です。

d0296626_20183382.jpg

散策路を一周して、レストランに戻ると、丁度順番が回ってきました。パスタランチは1,600円。とってもリーズナブルです。

d0296626_21253100.jpg

お昼のメニューは他にメインをお肉かお魚か選べます(値段は違います)。前菜と食後のデザートは同じです。夫はお肉。私はパスタにしました。
d0296626_21261032.jpg


d0296626_21263995.jpg

お庭を見渡せる素敵なレストランでした。

d0296626_21271361.jpg
食事の後は美術館を見学して、大多喜町にあるローズヒルへ向かいました。

つづく



[PR]
by usakichi71 | 2018-05-16 07:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

千葉のバラ園へ行ってきました ~佐倉草ぶえの丘バラ園~ 

パソコンが壊れていましたが、初期化することでまた使えるようになりました。データを保持したまま初期化したのですが、インターネットのお気に入りが無くなってしまったり、色んなダウンロードしたプログラムは消えてしまいました。でも、新しいパソコンを買うことを考えたら、ラッキーです。これでやっと、千葉の事が書けます。

出かける前に我が家のバラ「イントゥリーグ」(手前の赤紫のバラ)の香りを嗅いでから行きました。イントゥリーグはとてもいい香りなんです。
d0296626_16460999.jpg
ゴールデンウィークの後半、千葉へ行ってきました。行こうと決めたのは3日の午後。行ったのは4、5日なので、無計画に突然決めてしまいましました。でも、決め手は千葉の大多喜町にある「ローズヒル」と言うホテルの予約が取れたこと。バラ園の中にあるホテルです。バラの季節にバラ園に泊まれるなんて、そうそう無いことです。なので、ゴールデンウィークでちょっと値段は張りましたが、夫と二人で行ってきました。千葉には他にも京成バラ園等がありますが、京成バラ園には日帰りで何度か行ったことがあるので、今回は佐倉市にある、「佐倉草ぶえの丘バラ園」も見に行くことにして、4日の朝早く家を出ました。


d0296626_16502671.jpg
草ぶえの丘は千葉県の上の方で、我が家からは首都高速で東京ディズニーランド方面に行くことになります。渋滞が心配でしたが、無事通過。8時ごろには佐倉市に到着しました。途中のコンビニでコーヒーを飲み、それでも開園の前に駐車場に到着しました。
このバラ園は市の施設ですが、バラ園の前身は「アルバ」と言う別の民間のバラ園です。そこからこの場所に移設され、今はボランティアの皆さんが手入れなどの運営をしているそうです。日本のバラ界の偉人「鈴木省三」さんともゆかりが深く(アルバのバラは鈴木さんから譲り受けた物だったので)、資料館には鈴木省三さんが集めて研究したバラの資料があるそうです。でも私達が行った時は閉まっていて、見ることが出来ませんでした。(あとから、希望すれば見せてもらえたかもしれないと知りました。)
このバラ園は原種とオールドローズの収集・保存が目的なので、今、流行っているようなバラはありません。でも、バラの本来の姿や、美しさを知るためにはとても良いバラ園だと思います。
原種のバラ。とても可愛いです。
d0296626_16513628.jpg

佐倉草ぶえの丘のバラは原種のバラや希少なバラが多いので、私も知らない名前ばかりでした。ただ、鈴木省三さんの作出したバラはたくさんありました。
バラはまだ蕾が多く、見頃はもう少し先のような感じでした。鈴木省三夫妻のレリーフが飾られています。
d0296626_16511069.jpg
日本のバラコーナー。
d0296626_16515940.jpg
日本原産のバラコーナーには「ハマナシ」や「サンショウバラ」がありました。
葉っぱがサンショウみたいだな〜?と見ていたら、そんな名前でした。
d0296626_16522047.jpg

他にも中国のバラコーナーやアジアの原種コーナー、ルドゥテコーナー(ナポレオンの妃ジョセフィーヌの庇護を受けてマルメゾン宮殿のバラを描いたルドゥテの図譜にあるバラのコーナー)等々、見ごたえのあるバラ園でした。ただ残念ですが、まだ蕾が多く、花はもう少し後がピークのようです。

d0296626_16523602.jpg

広い園内に1,050種2,500本のバラが植わっています。ローズフェスティバルは5月19日から6月10日の予定でした。

d0296626_16525775.jpg
スゴイ棘のバラもあります。痛そうだな~。手入れが大変そうですが、手入れはボランティアで行っているそうです。偉いな~。
d0296626_16561224.jpg
草ぶえの丘にはこどもの遊ぶ場所がたくさんあり、多くの親子連れで賑わっていました。こいのぼりも泳いでます。

バラ園は開園と同時に入ったので、まだ時間がありました。丘の上バラ園のある大多喜町へ移動する前に、DIC川村記念美術館へ行くことにしました。

つづく






[PR]
by usakichi71 | 2018-05-12 15:40 | おでかけ | Trackback | Comments(0)